ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

辻村深月さんこれがデビュー作品なの!?面白すぎてなぜか「女神転生」を思い出した!!『冷たい校舎の時は止まる』

f:id:longestwoodenbridge:20171006210736j:plain

今回ご紹介する本は雪のシーンにぴったりの本です。

それは辻村深月さんの『冷たい校舎の時は止まる』です。
(第31回メフィスト賞受賞作)

ざっくり言うとホラーな学園ものです。


以下あらすじになります。


雪が降る真っ白な世界、なぜか学校に閉じ込められてしまう主人公を始めとする男女8名。


閉じ込められてしまった原因を探っていくと、学園祭で自殺した一人のことを思い出す。

しかし、なぜかその名前も顔も浮かんでこない。


不安と苛立ちが8名の中で錯綜し、それぞれが心の中に抱える様々な思いが次第に明らかになっていく。

そんな中、突然、時計が止まってしまい、一人の仲間が消えてしまう。


その後、時計がまた動き、また止まる度に仲間がまた一人ずつ消えていく。

時を止めていると思われ、物語の展開の鍵を握る謎の「ホスト」とは、一体何者なのだろうか。

本当に自殺したのは誰だったのだろうか。


最後に時計が動き始めたとき待っているのは一体誰なのか。

誰が誰に対してこの物語を終わらせるために立ち上がり、無事に終わらせることはできるのだろうか。


以上です。

(あまりネタバレにならないように心がけたんですがなかなか難しいですね。)


僕は最後までドキドキわくわくが止まらず2日で読み終わってしまいました。


辻村さんの小説は初めてだったんですが、デビュー作品とは思えずパンチがある内容だなと読んだ当時は思いました。


悪い点はボリュームがあります。
上下巻で「各600ページ」合計「約1200ページ」になります。



ところで、辻村さんは今はもうすっかり有名な作家さんになられていて「ツナグ」も映画化されましたね。

松坂桃李さんが主役をされていましたね。


この作品以外のほかの作品ももちろん面白いのでオススメです。


ネットで調べると辻村作品は読む順番が大切だとありますが、そんなことはありません。


まず、デビュー作の「この冷たい校舎の時は止まる」を読んでみて下さい。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。