ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

幽霊が人助けをしたっていいよね!?私はこの本に助けてもらいました!!『高野和明:幽霊人命救助隊』

f:id:longestwoodenbridge:20171009135348j:plain

今回は僕にとってとても心に残っている本をご紹介したいと思います。


それは高野和明さんの「幽霊人命救助隊]です。

すごいタイトルですよね。


あらためてこうやって書きながらも、漢字だけだよなあとか、よくこの本を選んだよなあとか独り言をつぶやいているくらいです。


この本に出会ったのは僕が人生に少し疲れてしまっていたときのことでした。


きてれつなタイトルに惹かれたのか、それとも養老孟司さんの書いた帯に惹かれたのかは、今となってはハッキリとは覚えていません。

でもなぜか不思議と興味を引かれてこの本を手に取っていました。

f:id:longestwoodenbridge:20171009140146p:plain

あらすじ

内容について簡潔に書きたいと思います。

『主人公たち四人が、突然、神様から「100人の命を救うように」と命令され、その命令を達成するためにいろいろな道具を駆使しながら、試行錯誤を繰り返して、心にさまざまな問題を抱える人々を助けようと奔走する』という内容です。

感想

まず、いきなり神様が出てくる展開で驚かされました。

えっ、そういうことなのと一応は納得しましたが、この先の展開はこれで大丈夫なのかという不安は正直残りました。


ところが、主人公たちが活動を進めて行く過程で登場する道具が個性的でこれがとても面白いんです。


僕はドラえもんみたいだなぁとちょっとだけ思ったりしました。


それから、主人公たち特有の個性を生かしながらどんどん人々を助けていくんですが、憑依(これ以上は秘密です)とかは「おっ、そうくるわけね」と一人でニヤっとしたりしていました。


借金問題・家庭問題・うつ病・いじめや孤独などの問題に主人公たちがケースバイケースで対応していくことになるんですが、そういった問題についても自分自身で考えてみるいい機会だったと思います。


後半からラストまではもう一気読みでした。

最後はほっこりにんまりで終わりです。


家族のつながりについてしんみりと考えさせられました。

まとめ

「なあ」静まり返った空気の中に、八木の声が響いた。「今まで頑張ってきて、一つ気がついたことがあるんだが」
「何です?」と市川。
「この世に絶望している連中の心の中さ。生きていた頃の俺自身を含めてな。死のうとしてる奴らが怖れるのは未来だ。この先、いいことなんか何もないと思い込んでる。だがな、誰も預言者じゃねぇ。ノストラダムスの大予言だって見事に外れたんだ。つまり、俺が言いたいのは」と八木は視線を泳がし、言葉を探した。「未来が定まっていない以上、すべての絶望は勘違いである」


『幽霊人命救助隊』P568


「未来が定まっていない以上、すべての絶望は勘違いである」


当時の自分にとって読み終わってからとても心に残った言葉です。


すぐに気持ちを切り替えて思考や行動を変化させることは難しいことです。


心の中にこの言葉を置いておくと少しでも前向きになれるように僕は思いました。


最初はタイトルが個性的だったので正直なところまったく期待はしていませんでしたが、その反動というかギャップに見事に裏切られました。


読み終わったあとに自然とクスッと笑っていた自分がいました。


笑顔と勇気。


この二つを本から分けてもらってまだやり直せるのかなとちょっと前向きになることができました。


ですので、少しでも興味があってこのブログを読んでいただいた方にはぜひとも読んでいただきたいと思います。

f:id:longestwoodenbridge:20171009140232j:plain


最後に声を大にして言いましょう。


「タイトル詐欺だぁー」(もちろんいい意味です)


いい意味でタイトルに騙されてみて下さい。


それから、うさん臭い僕にも騙されたと思って読んでみて下さい。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。