ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

脂肪は凄くデカイ!大きさをイメージすればダイエットが成功する!?

f:id:longestwoodenbridge:20180221040726j:plain
(この記事は2018年2月20日に内容を一部修正しました)


「あ、やったー。1キロやせたぁー!」


おめでとうございます!


ダイエットがんばりましたね。


ところで、1つ質問をしてもいいですか?


そのダイエットに成功した「1kg」の大きさを具体的にイメージできますか?


実はかなり大きいんです。


こんな感じなんですよ。


f:id:longestwoodenbridge:20180221040342p:plain


「横が27cm」で「縦が13cm」ですから結構大きいです。


分かりにくいと思うので「脂肪1kgの模型」で大きさを確認してみましょう。


冗談じゃなくて、そういう脂肪の模型があるんですよ(笑)


というわけで、今回は

『脂肪は凄くデカイ!大きさをイメージすればダイエットが成功する!?』

をご紹介します。

1kgの脂肪を具体的にイメージしてみよう

f:id:longestwoodenbridge:20180221040629j:plain

具体的に「1kgの脂肪」についていろいろと考えてみましょう。


あまり考えたくないかもしれませんが大事なことです。


脂肪1kgの大きさは?

f:id:longestwoodenbridge:20180221040342p:plain

1kgの脂肪の大きさは、横が27cmで縦が13cmです。


※次でご紹介する「模型の大きさ」なので、違う模型だと大きさの縦と横の数字が変わる可能性があります。


イメージしやすいように、身近な物で例えると次の大きさになります。


500mlのペットボトル × 2本

乳酸菌飲料(ヤクルト) × 3.5本


①+②の大きさになります。


脂肪1kgの模型なんて売ってるの?

脂肪(1kg)の模型が売られているなんて、ご存知ないですよね。


僕も最近まで知りませんでした。


実際に売られている「脂肪1kgの模型」はこちらです。


脂肪模型 1kg

脂肪模型 1kg


ちょっとリアルですよね…


ダイエットについて

f:id:longestwoodenbridge:20180221035017j:plain

ダイエットの基本について、具体的に考えてみましょう。


難しいかもしれませんが、しっかりダイエットの基本を理解しているか、いないかで結果がかわってきます。


ダイエットの基本は?

ダイエットの基本はシンプルです。

摂取カロリー < 消費カロリー

になれば太りません。


シンプルなことですがとても難しいです。


摂取カロリーを“減らす”ダイエット

摂取カロリーの方を減らす代表的なダイエットは「炭水化物ダイエット」です。


ご飯やパンを食べないダイエットですよね。


「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」と3大栄養素がありますが(難しい話はいろいろとありますが)、当然食べなければやせます。


「炭水化物ダイエット」はあくまで炭水化物にフォーカスをあてた方法ですが、個人的にあまりオススメできないダイエット方法です。


無理なダイエットは体に負担がかかりますから、自然なダイエットが望ましいですね。


消費カロリーを“増やす”ダイエット

消費カロリーの方を増やす代表的なダイエットは「運動」です。


運動はたくさんの種類がありますが、代表的なものは次のとおりです。


・ウォーキングやジョギング

・ランニング

・テニス

・水泳

・ジムでトレーニング


などの運動があります。


しかし、これらの運動も簡単にはカロリーは消費できません。


すぐに簡単にカロリーは消費できませんが、運動を続けると筋肉が増えるというメリットもあります。


筋肉の量が増えることで「基礎代謝」が高くなります。


「基礎代謝」が高くなれば、やせやすくて太りにくい理想の体になりますよ。


脂肪1kgは何Kcal消費すれば落とせるの?

f:id:longestwoodenbridge:20180221041605j:plain

脂肪1kgは「約7200Kcal」消費すれば落ちます。


「7200Kcal」ってかなり大変です。


男性の1日の摂取カロリーが「約2300~2500Kcal」です。


女性の1日の摂取カロリーが「約1800~2000Kcal」です。


※ただし、年齢や仕事の内容で異なりますので1つの目安です。


7200Kcal」ということだから、1日の摂取カロリーを「2400Kcal」として「3日」食べなければいいのかな。


なんてことは絶対に考えちゃダメですよ。


とにかく「脂肪1kg」を落とすのは大変です。


脂肪1kgを減らすための具体例

f:id:longestwoodenbridge:20180221034753j:plain

「脂肪1kg」を落とすための具体例は次のとおりです。


まず「脂肪1kg」を落とすために必要な「7200Kcal」を、1か月(30日)で割ってみます。


そうすると、1日あたりに必要な“消費カロリー”が計算できます。


7200Kcal ÷ 30日 = 240Kcal(1日)


1日に「240Kcal」ずつ消費することを「30日」繰り返せばいいわけですね。


無理なダイエットではなく自然なダイエット方法として、1日あたり「240Kcal」分を“食事で控える”か“運動で消費”すればいいんです。


※この計算については、毎日の食事で取るカロリーを取りすぎたら意味がなくなります。


食事で「240Kcal」のイメージは?

食事で「240Kcal」を具体的にイメージすると次のとおりです。


ご飯1杯(150グラム)

食パン1.5枚(6枚切)

ビールのロング缶1本(500ml)


これらがだいたい「240Kcal」です。


これなら、少しがんばればできそうに思いませんか?


運動で「240Kcal」のイメージは?

運動で「240Kcal」を消費するイメージは次のとおりです。


ウォーキング:約50~90分

ジョギング:約30~60分


少し時間の差がありますが、歩き方や走り方が“軽かったり激しかったり”でかわってくるので、おおよその参考として理解してください。


ウォーキングもジョギングもやっぱり大変ですよね。


1時間とかすごくキビシイです……


厳しいですが、でも、がんばればできそうな気がしませんか?


脂肪の大きさを意識したらダイエットができるかも?

f:id:longestwoodenbridge:20180221034928j:plain

ダイエットは簡単ではありませんが「1kgの脂肪の大きさ」をイメージすると、「マジであんなに大きいの?」って思ってダイエットに“やる気”が出ませんか?


実際に「1kg」やせたら“体の変化”がすごそうですよね。


あの“脂肪のかたまり”が、あなたの体からなくなるんですよ。


ダイエットがしんどくなったら、この「脂肪の大きさ」をイメージして「コノヤロー」と思ってみてください(笑)


具体的な大きさのイメージがあるだけで、意識が違ってくると思います。


一緒にダイエットがんばりましょう。



合わせて読みたい!

>>>運動が趣味として続かないのは環境のせいじゃなくて自分の心のやる気次第

www.ronburi.com

>>>クロスバイクに1か月乗った結果は?痩せた上にメンタルも強くなった!?

www.ronburi.com



『脂肪は凄くデカイ!大きさをイメージすればダイエットが成功する!?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


>>>当ブログの【生活・くらし】記事の一覧ページへ