ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

自転車と少しの荷物の引越で1番安いプランは?総額15,000円で送った方法!

f:id:longestwoodenbridge:20180315132337j:plain
(この記事は2018年3月1日に内容を一部修正しています)


自転車と一緒に引越しをするのは意外と大変です。


なぜなら「送料が高い」からです。

自転車によっては「処分して新しく買い直す」方が安上がりだったりすることも。


僕の愛車は「ジャイアント エスケープR3」というクロスバイクです。


引越しをすることになり、このクロスバイクを含めた荷物を「どうすれば1番安く運べるのか」、いろいろと調べて悩んで選んだ結果をまとめてご紹介します。

引越しの荷物に自転車がある方の参考になれば幸いです。


というわけで、

『自転車と少しの荷物の引越で1番安いプランは?総額15,000円で送った方法!』

をご紹介します。


―――――――
ゆうパックの料金が2018年3月1日に改定されています

※記事中のゆうパックの料金は改定前のものです。

※この記事は2017年11月時点での情報に基づいて書いてあります。料金やサービスなどについては変更になっている可能性があります。

まずは僕の引越しの状況全般についてこんな感じ

まず僕の「引越しの状況全般」について簡単にご説明します。

・車がない(自分で荷物を運べない)

・自転車(クロスバイク)は引越し先に運びたい

白物家電しろものかでん(テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)はすべて処分する

・運ぶ荷物はダンボール5箱(洋服や本、日用品など)

以上のような状況でした。


自分の車があればそこに自転車を積んだりできましたが、車がないため自転車を含めた荷物運びは業者の方にお願いするしかありませんでした。

そこで大手の引越業者を調べるところからスタートしたわけです。


引越業者選びの結果は、個人的な見解で1番お得だなと思ったところは「西濃運輸のカンガルー単身パックMAXプラス1」です。


でも、今回はこの西濃運輸を選びませんでした。

この西濃運輸の「カンガルー単身パックMAXプラス1」については、後ほど分かりやすくご説明しますね。


今回選んだ業者は次で紹介するところになります。


実際の僕の引っ越しのときの「敷金の精算」について記事にまとめました。

最初は「クロス張替費用」の一部を請求されましたが、ある一言を伝えたところ支払わなくてよくなりました

詳しい内容は「9年住んだアパートの敷金はいくら戻ってくる!?クロス代請求を撤回させた一言とは!?」でご紹介しています。

www.ronburi.com

実際に利用したサービスは「シクロエクスプレス」と「ゆうパック」

僕が今回の引越しで実際に利用したサービスは、自転車は「シクロエクスプレスダンボールの荷物は「ゆうパック」と分けて送りました。


「シクロエクスプレス」と「ゆうパック」を選んだ理由は、これから分けて自分なりの感想を加えながらお伝えしますね。


自転車を送るならスポーツバイク専門の宅配便シクロエクスプレスが安くて早い!

f:id:longestwoodenbridge:20171201162204j:plain

シクロエクスプレスはスポーツバイク専門の宅配便をあつかっている会社です。

対象の自転車はロードバイク等のスポーツバイクなので、ママチャリや電動自転車は対象外になります。


自転車を配送する流れはシンプル!

シクロエクスプレスで自転車を配送する流れは簡単でシンプルです。

ホームページで申し込む

送られてきたダンボールに梱包する

自宅まで集荷にきた業者に渡す

業者が現地まで送る

このような流れです。


今回初めて利用しましたがとても簡単でした。

最初は少しだけ不安でしたが、実際に利用してみたらサクサクとあっという間。


料金が安くてびっくり!

シクロエクスプレスで自転車を送った場合の料金はかなりお得です。


例として「東京から大阪」に送ったケースでご紹介します。


東京から大阪で料金は3,900円(税別)


この金額は自転車を送る送料としたら格安です。

普通に宅急便で送ると1万円〜2万円かかります。


シクロエクスプレスでは、自転車を梱包する専用の「輪行箱りんこうばこ」が必要になるんです。


この輪行箱を含めた配送キットが「3,400円」です。

次の写真がその配送キットです。


f:id:longestwoodenbridge:20171201161633j:plain

f:id:longestwoodenbridge:20171201161645j:plainf:id:longestwoodenbridge:20171201161654j:plain


「東京から大阪への送料」と「配送キット」の合計金額は7,300円(税別)になります。

普通に宅急便で送ると「1万円〜2万円」程度かかりますからやっぱりお得です。


初めてでも簡単で便利!

僕はクロスバイクの知識はまったくありません(笑)

タイヤも初めて外しました…


自分で外せるのかすごく不安でしたが、そんなときはやっぱりググるが大切ですよね(笑)


とても分かりやすいサイトを見つけ、ゆっくりと記事の説明を見ながらやってみたら無事に外れてくれました。

このときは「ネットって本当に助かるな」と思いました。


それから、「配送キット」はとても優れものでした。

同封の紙の説明書と公式サイトのPDFの説明書を見ながらあせらずゆっくりやればできます。


送られてきた「箱自体」を"再利用して使う"などよく考え込まれているなと感心しましたね。

自転車に詳しくなくても大丈夫です。


ちなみにシクロエクスプレスの公式サイトはこちらです。
cycloexpress.co.jp

ゆうパックは重さ30キロまで同一料金なのを知ってますか?

f:id:longestwoodenbridge:20171201161757j:plain
(ゆうパックの料金が2018年3月1日に改定されています)


ゆうパックは重さが30キロまで同一料金なのをご存知ですか?

僕はまったく知りませんでした(笑)


料金も大手の宅急便より安いんですね。

こちらもまた知りませんでした(笑)


ネットで調べると料金の「比較サイト」もありますから、送る前に調べてみると良いかもしれませんね。


ちなみに東京から大阪にダンボールを5箱(120サイズ)送った場合の料金は7,500円です。

1箱あたり「1,500円」です。


※120サイズとは、「横幅」「奥行」「高さ」の3辺の合計が"120センチ"以内の大きさのことです。


ゆうパックのメリットは重さが30キロまで同一料金なところです。

30キロまでは重くなれば重くなるほど他社の宅急便の料金よりお得になってきますね。


引越業者の単身パックで自転車を一緒に送るなら西濃運輸がお得!

f:id:longestwoodenbridge:20171201161817j:plain

今回は利用しませんでしたが、単身パックを使って自転車を一緒に送るなら西濃運輸の「カンガルー単身パックMAXプラス1」がお得です。


僕が"白物家電"を送る必要があったとしたら、こちらの西濃運輸のカンガルー単身パックMAXプラス1を利用していましたね。


カンガルー単身パックMAXプラス1のお徳な特徴は?

カンガルー単身MAXプラス1は、いわゆる単身パックに加えて自転車を1台まで無料で運んでくれるサービスです。

「自転車を一緒に送る」引っ越しの場合には、良かったら検討してみてください。


大手の引越業者の単身パックを利用して自転車を送る場合には、おそらく「別送品」あつかいになって「加算料金が1万円〜2万円」かかると思います。


西濃運輸の「カンガルー単身パックMAXプラス1」の種類は2種類あります。

1.1㎥タイプ(少なめの家財、単身赴任の方に最適)

2.5㎥タイプ(1.1㎥タイプでは収まらない家財がある場合に最適)


料金はどのくらいかかるの?

カンガルー単身パックMAXプラス1の料金がどのくらいなのか調べてみました。

例として「東京から大阪」への引越しの場合です。

1.1㎥タイプ → 23,000円

2.5㎥タイプ → 27,000円


西濃運輸のカンガルー単身パックMAXプラス1のまとめ

西濃運輸の「カンガルー単身パックMAXプラス1」は、自転車を一緒に送る引越しのケースにはお得なサービスだと思います。


自転車の「配送で梱包を希望する場合」には自分でしなければなりませんが、別途オプションで輪行箱を購入する必要があります。


1番安い輪行箱が「2,700円」です。

これより値段が高い輪行箱が数種類あります。


これは個人的な意見になりますが、輪行箱はシクロエクスプレスの配送キット(3,400円)の方が緩衝材などの細かい付属品が充実しているような気がします。

西濃運輸の輪行箱はネットで見ただけですので、あくまで個人的な意見です。


荷物が少ない単身引越しの場合には必ずしも単身パックが1番安いとは限らない

今回ご紹介した僕の引越しケースは「白物家電がなかったところが1番のポイント」です。


料金を比較してみると(例として東京から大阪へ)

「シクロエクスプレス」「ゆうパック」を利用

→ 合計:約15,000円(税込)


西濃運輸の「カンガルー単身パックMAXプラス1」を利用

→ 合計:約32,000円(税込)(2.5㎥タイプに輪行箱を追加)


今までは「単身パックが1番お得なのかな」と思っていましたが、荷物が少ない場合には違う選択肢もあったということでしたね。

良い勉強になりました(笑)


それから「自転車を一緒に送るかどうか」でも違ってきますから、ご自身の引越しの状況に応じて適切な業者選びを検討してみてください。


具体的な見積もりをいくつかとった上で、比較しながら検討してみるのが良いと思います。

「一括見積もり」はネットで調べてみると色々な話を聞きますので、面倒でも個別に聞いてみるのが良いのかなと個人的に思いますけどね。


今回の引越しで使用した輪行箱は再利用できます


まだ自転車に関する知識はありませんが、少しずつ勉強していきたいです。

旅行先などでも自分の「愛車」に乗って、旅先をめぐりながら美味しいご当地グルメを食べてみるのも面白そうですよね(笑)


それから、引越し前後で忘れてしまいがちな手続きもあったりします。

僕はネットで見つけた「引越前と引越後の準備リスト」を何枚か印刷して、1つずつ終わったものにチェックを入れて準備しました。


おかけで大きな失敗もなく引越しが終わりました。

良かったらリストを活用してみて、「うっかり忘れちゃった」がないように気をつけてくださいね。



関連記事>>>9年住んだアパートの敷金はいくら戻ってくる!?クロス代請求を撤回させた一言とは!?

www.ronburi.com



あわせて読みたい!

>>>クロスバイクに1か月乗った結果は?痩せた上にメンタルも強くなった!?

www.ronburi.com

>>>サイクリングロードを走る5つのメリット!ハミングしながら気分爽快!

www.ronburi.com


『自転車と少しの荷物の引越で1番安いプランは?総額15,000円で送った方法!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


>>>当ブログの【自転車(クロスバイク)関連記事】の一覧ページへ