ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

写真加工は透かしてナンボ!?「FoodieとPhonto」の合わせ技がキレイ!!

f:id:longestwoodenbridge:20171205210655j:plain

写真加工はとても楽しいですよね。


最近いろいろなアプリを使い始めたのでモリモリと楽しさが増えています(笑)


便利で楽しい写真加工アプリは最高ですね。


ブログを始めるまでは、こんな楽しいアプリがあるなんて全然知りませんでした(笑)



今回は僕がお気に入りの写真加工アプリの使い方をご紹介しますが、素人のダサいやり方ですのでどうかご容赦ください。


僕はあまりアプリ情報には詳しくはありませんので、個人的に適当に考えた使い方をしていますが何かの参考になればうれしいです。



というわけで今回は『写真加工は透かしてナンボ!?「Foodie」と「Phonto」の合わせ技がキレイ!!』をご紹介します。


お気に入りの「Foodie」と「Phonto」の合わせ技はこんなに素敵

f:id:longestwoodenbridge:20171205212304j:plain

個人的にお気に入りの写真加工は「Foodie」「Phonto」を合わせた方法なんです。


どのような感じになるかといいますと、こんな感じになりますね。


左が加工前のもの。右が加工後のもの。

f:id:longestwoodenbridge:20171205191358j:plainf:id:longestwoodenbridge:20171127172735j:plain


だいぶ雰囲気が変わりますよね。


写真によっては「あれっ」コレ同じ写真なの?って驚くときもあるくらいです(笑)


こうやってポチポチと写真加工してる時間が至福のひとときですね。



さて、次からこの『「Foodie」と「Phonto」の合わせ技 by ろんぶり』をお伝えいたします!


ブログ初心者の独り言だと思って見てくださいね。


「Foodie」は撮り終えた写真やDLした写真に『新しい命』を吹き込む魔法のアプリ

f:id:longestwoodenbridge:20171205210836j:plain

Foodieの1番の良さは「自分が以前に撮った写真」「ダウンロードした写真」新しく加工ができることなんです。


コレってすごくないですか?

今から写真を撮るときに、アプリを起動して加工写真を撮るのは別に普通ですよね。


そうじゃなくて、昔の写真や素材サイトからダウンロードした写真にも後から加工ができてしまうんですよ。


優秀なアプリです、ホントに。

f:id:longestwoodenbridge:20171205184357p:plain



フィルターの種類がたくさんあって、コレがまた個性的な味を出してくれるんです。


・デリシャス
・ポジターノ
・ピクニック
・トロピカル
・スウィート
・フレッシュ
・ランチ
・クリスピー
・ジューシー
・ロマンティック


このようにたくさんの魅力的なフィルターがあります。


ガラッと雰囲気が変わります。


参考に左が基本の写真です。右が加工後のもの。

f:id:longestwoodenbridge:20171205190039j:plainf:id:longestwoodenbridge:20171205190056j:plain


いかがですか。

かなり雰囲気が変わりますよね。


あとは何を選ぶかは、あなたの「腕」と「センス」の見せどころですよ。



Foodieはこのように簡単に写真の加工ができるんです。


素材サイトからダウンロードした写真にも、こうやって「ひと手間」を加えると自分のキャラを出せますよね。


次はこの「Foodie」で加工した後の写真に「Phonto」でひと味アクセントを加えてみますね。


写真加工は見えそうで見えないスケスケの透明感が醍醐味

f:id:longestwoodenbridge:20171205210807j:plain

これは僕の適当な思い込みですが「スケスケ」って良いコトバですよね(笑)


とくにあの絹のスケスケ具合が最高ですよね。


すみません、話が違う方向に行きかけてしまったので元にもどしますね(笑)



さて、微妙にスケてる透明感ってつい見ちゃいますよね。(しつこい(笑))


アイキャッチにもキレイな加工がされているものをたくさん拝見します。


いつもタイムラインに流れる素敵なアイキャッチを見て「おーカッコいい」って見とれてます。


僕もカッコいいアイキャッチを作りたい!

とテンションが上がり、とりあえず使い慣れている「Phonto」で試しているところです。


f:id:longestwoodenbridge:20171205184444p:plain



「Phonto」で透明感を出すにはどうしたらいいのか悩みました。


それから出た答えがこちらです。


つまり、フォントの背景の透明度にチャレンジしてみようです。



参考にこのような感じになりました。

f:id:longestwoodenbridge:20171204192520j:plain
f:id:longestwoodenbridge:20171201181654j:plain


なんかオシャレじゃないですか(笑)

1人で完全に自己満足の世界に浸っております(笑)



「背景」の「透明度」を調整してから、「幅」と「高さ」をアレンジすれば完成です。


横幅が足りなかったら、文字を入力するところで「カラのスペース」をあえて入力して調整してました。


とっても簡単にできますよ。


今使っているアプリでも試行錯誤してみたら色々なことができたりします。1人でダメなら2人で力を合わせましょうのまとめ

f:id:longestwoodenbridge:20171205212326j:plain

新しいアプリ、すっごく興味があるんです。


でも使い慣れているアプリの性能を十分に出し切れているのか?と自分に聞いてみました。


その答えは「いや、まだ全然使いこなしてなんかいないよ」でした。


それなら、アプリに「もう勘弁してください」と言われるまで「試行錯誤」して使わせていただきましょうとなりましたね(笑)



別に僕が偉そうに言える方法ではありませんが、悩んでみて閃いてみて試してみる。


今回のそもそもの始まりは「嫉妬(しっと)の気持ち」からでした。



話題のアプリ「Canva」

この「Canva」で作られたアイキャッチを見て僕は「嫉妬」したんですね。



僕もあんなオシャレでカッコいいアイキャッチを作りたい。


でも「Canva」の使い方がまだ良く分からないんです。



それだったら、今使ってるアプリ「Foodie」と「Phonto」で頑張ってみせるぜ!というわけでしたね(笑)


1アプリでダメなら、2アプリで協力してみよう!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。