ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

自転車の防犯登録って他県に引越しをするときどうするの?【これで解決】

f:id:longestwoodenbridge:20171213160729j:plain

引越しをするときに自転車があると、いろいろと面倒だったりするんですよね。


実際に僕の引越しには、クロスバイクが1台一緒だったんですよ。


その際には配送方法にも困りましたし、今回ご紹介する防犯登録についても、初めての経験だったので知らないことばかりでとても困りました。


無事に自転車の配送や防犯登録の手続も完了したので、僕が分からなくて調べたことや知ったことに加えて、実際に体験した手続の流れを分かりやすくまとめてお伝えしますね。


というわけで、今回は『自転車の防犯登録って他県に引越しをするときどうするの?【これで解決】』をご紹介します。


ちなみに、クロスバイクを最安値で配送した方法については、「自転車と少しの荷物の引越で1番安いプランは?総額15,000円で送った方法!」でご紹介しています。

他県へ引越した場合の自転車の防犯登録の手続について

f:id:longestwoodenbridge:20171213160755j:plain

他県に引越した場合の自転車の防犯登録の手続については、ちょっとだけ面倒くさいですね。


でも、手続自体はとても簡単ですから心配はいりませんよ。


ところで、あなたは防犯登録カードをお持ちですよね?


最初に自転車を買われた際に、防犯登録をされていると思いますが、そのときに「控え」みたいな紙をもらっているかと思いますが、その紙のことです。


防犯登録カードと言ってますが「紙」ですけどね(笑)


さて、他県へ引越したときの具体的な防犯登録の手続についてご紹介しますね。


チョットだけ面倒ですが、手続の流れは次のとおりです。


引越しをする前に県内の「自転車防犯登録所」(単語が長いので、分かりやすくするために、これからは単に「登録所」と言いますね)に登録カードを持って行って『登録抹消手続』をします。


※「登録所」は自転車を買ったお店や、お近くの自転車ショップのほとんどのお店が登録所として登録されていると思います。


②上記①の抹消をしたときに「控え」を渡してくれるので、それを持って引越した先の県の登録所で改めて『防犯登録』をすれば完了ですよ。


簡単なイメージは次のとおりですかね。


引越しをする:今の住んでる所の登録所で「抹消手続」をする

引越しをした:新しく住む所の登録所で改めて「防犯登録」をする


このようなイメージになりますね。


同じ県内へ引越した場合の自転車の防犯登録の手続について

県内から同じ県内へ引越した場合の自転車の防犯登録の手続については簡単ですよ。


登録所に登録カードを持って行って「住所変更手続」をするだけです。


簡単ですよね(笑)



関連記事>>>ユニクロ【ブロックテックフリース】パーカ&パンツは自転車ウェアとしてアリなのか?


関連記事>>>ユニクロの【超極暖】は運動のときに着ない方がいいの?自転車に乗って体感してみた!


防犯登録について調べてみました

f:id:longestwoodenbridge:20171213162917j:plain

実際に僕の引越しの際に、自転車の防犯登録についていろいろと調べて分かったことがありますので、いくつか分けてお伝えしますね。


①自転車の防犯登録は必ずしないとダメですか?

自転車の防犯登録は必ずしないとダメですか?


はい、今は法律で防犯登録をすることが義務になっています。


②昔は防犯登録しなくても大丈夫でしたよね?

昔は防犯登録しなくても大丈夫でしたよね?


はい、昔は自転車の防犯登録は義務ではありませんでしたね。


平成6年(1994年)から防犯登録が義務になりました。


③自転車の防犯登録の根拠はなに?

自転車の防犯登録の根拠はなに?


はい、自転車の防犯登録の根拠は『自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律』の『第12条』になりますね。


ちなみに、その法律の第12条には次のように書かれています。

自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家安全委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録を受けなければならない。

④防犯登録するとメリットはあるの?

防犯登録するとメリットはあるの?


はい、メリットはありますね(一応)


具体的には次のとおりです。


・自転車が撤去されたとき、自治体によりますが所有者にハガキ等で連絡がくる

・自転車が盗まれたときに登録カードで届出しやすい

・自分の自転車だと証明できる


⑤実は防犯登録させる理由は警察の仕事がラクになるからじゃないの?

防犯登録させるホントの理由は、警察の仕事がラクになるからじゃないの?


……ぎくっ(笑)


するどい質問をされますね。


これは個人的な意見ですが、確かにその警察の仕事がラクになるという理由はあると思いますよ。


だって、自転車が何台あるかご存知ですか?


約7,200万台ですよ(平成22年(2010年)時点)


この台数の自転車に関して、「盗まれたり」「放置されたり」した後の事務処理のことを考えたら、すごく面倒くさそうですよね。


このようなこともありますから、各都道府県の警察の「事務処理の効率化」という意味もあると思いますよ。



関連記事>>>自転車と少しの荷物の引越で1番安いプランは?総額15,000円で送った方法!


県外へ引越しをするときの自転車の防犯登録手続は面倒くさいけど、一応しっかりやりましたのまとめ

f:id:longestwoodenbridge:20171213160829j:plain

県外へ引越しをするときの自転車の防犯登録手続はチョットだけ面倒くさいですが、僕は一応しっかりやりました。


面倒でしたが、一度「抹消」してから改めて「登録し直す」だけですからね。


新しい引越し先にはこれからずっと住む予定なので、自転車の防犯登録手続も正式に済ませましたね。


何より引越してから、今の自転車(クロスバイク)に乗るのがすごく楽しくなった、という個人的な理由もありますけどね。


以前はあまり乗ってなかったんですよ(笑)


面倒くさいから、自転車の防犯登録なんて無視するぜという方もいらっしゃると思います。


罰則はありませんからね。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


>>>当ブログの【自転車(クロスバイク)関連記事】の一覧ページへ