ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

ネットの怖さをリアルに学ぶ【読書案内】脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0

f:id:longestwoodenbridge:20171217143329j:plain

ネットやスマホを見ている時間はどのくらいありますか?


知らないうちにネットやスマホに依存していませんか?


僕はブログを書き始めたことで、ネットとスマホを見ている時間がメチャメチャ増えましたね。


それに、ネットやスマホに詳しいわけでもないので、ときどきヒヤッとしたり、少し失敗をしてしまうことは今でもあります。


ニュースでもネットに関係したさまざまな事件が報道されていますし、今の社会はネットやスマホがないと生きていけない世界でもありますよね。


自分でブログを書く以上は、ちゃんとネットのことも勉強しないとダメだなとは思っていたんです。


先日、図書館にふらりと立ち寄ったところ、今回ご紹介する本「脱ネット・スマホ中毒Ver2.0」を見つけました。


読み終わった感想は、後ほど詳しくお伝えしますが、知らないことだらけの僕には非常に勉強になりました。


というわけで、

『ネットの怖さをリアルに学ぶ【読書案内】脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0』

をご紹介します。

「脱ネット·スマホ中毒Ver2.0」を簡単にご紹介!

f:id:longestwoodenbridge:20171217141144j:plain

「脱ネット・スマホ中毒Ver2.0」を簡単にご紹介しますね。


興味をもっていただけて、実際に本を読んでもらえるとうれしいので、ご紹介する内容は「目次」「ほんの一部の引用」にします。


それでは、まずは目次から。

第1章 街にあふれる依存者たち 急増するネット依存


第2章 つながらないとヤバイ学生たち 中高生に広がるスマホ依存


第3章 ネットで引き裂かれる夫婦・恋人たち パートナー間のネット依存


第4章 仮想世界に生きるネトゲ狂者たち 低年齢化が進むオンラインゲーム依存


第5章 崩壊する家族、どこまでもハマりこむネットの住人たち 家庭内に広がる深刻なネット依存


第6章 ネット犯罪に巻き込まれない&引き起こさないために 脱ネット・スマホ中毒のススメ



引用元:著者 遠藤美季「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」の「Contents」より


学生や夫婦・恋人、家族などと分かりやすくジャンル分けがされているので、とても読みやすいです。


次は本の最初の「はじめに」から。

ネットに依存する社会の大きな流れのなかで、私たちは自分自身の心身の健康や身近な人との関係を大切にしながら、社会人の一人としても大事なことを見失わないように、上手にネットと付き合う術を身につける方法を考えなければなりません。



引用元:著者 遠藤美季「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」の「はじめに」より一部抜粋


「目次」と「はじめに」から一部抜粋してご紹介しました。


情報があふれている現代社会、大切なことは受け身で流されていることではなく、自分から学ぶ姿勢が必要ですよね。


目次を見て、直接、自分に関係がないことでも、間接的に関係していることや、将来には直接関係があることもありますから、知っておいて損はないです。


「脱ネット·スマホ中毒Ver2.0」を読んだ感想は? ネットの危険はすぐ身近にある?

f:id:longestwoodenbridge:20171217135613j:plain

「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」を読んだ感想をお伝えしますね。


「何気ない暮らしの中に、ネットの危険がたくさんあるんだ!」と驚きました。


そして、今まで何も「知らず」「考えず」に、のほほんとネット・スマホにふれていた自分の頭をポカリと叩きたくなりましたね(笑)


幸いなことに、今まで僕は大きな事件に巻き込まれた経験はありません。


しかし、ニュースでは毎日のようにネットに関連した事件や犯罪が報道されていますよね。


明日は我が身(あすはわがみ)」という言葉のとおり、いつ自分の身に何が起こるのか分かりません。


※明日は我が身とは、よくないことが、いつ自分自身にふりかかってくるかわからないということ。


この本を読んで、今の学生がどう考えているのか?、夫婦や家族の間で何が問題になっているのか?知るきっかけにもなりました。


また、これらの問題を解決していくために必要な行動や考え方を学ぶことができましたね。


ネットやスマホから完全に離れることはできませんから、自分なりの距離感を試行錯誤して考えていきたいと、今は思っています。


そう思える気づきを「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」から得ることができました。


学生のことや、夫婦のことなんか自分には関係ないと思われる方もいらっしゃると思います。


でも、今の社会でリアルに起こっていることを客観的に知ることで役立つこともあるかと思いますよ。



関連記事>>>ネットマナーは誰も教えてくれないから本で学ぶ!大人の超ネットマナー講座


読み終えて最も心に残ったフレーズは? アナログなシーンでも活躍できる人であれ?

「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」を読み終えて、僕の心の中に最も残ったフレーズをお伝えしますね。


あまり期待しないでくださいね(笑)


僕の心の中に最も残ったフレーズは、これから『目指すべき人物』について書かれているところになります。


引用するフレーズは「反面教師」としての意味合いを含めた表現になっています。それではお伝えします。


※反面教師とは、簡単に言うと「悪い見本」という意味ですね。


『振り回されずに使いこなす 目指すはネット・スマホの達人!』


【アナログなシーンでも活躍できる人であれ!】


アナログなシーンでも活躍できる人は「クール」です。例えば、



「SNSを使いこなしてるけど、ペンで文字を書こうとすると簡単な漢字が書けない」


メールや書類では漢字も多様しているのに、ちょっとした手書きなどに簡単な小学校の漢字も書けないのを見るとがっかりしてしまいます。



「ネットでの知識が豊富でも、体験や経験が少ない」


ネットの情報だけに偏っていては、ただ情報の伝達だけです。相手がつまらないと感じたり、初対面の人との会話につまることも出てきます。ネットの情報だけの頭でっかちにならないように。



引用元:著者 遠藤美季「脱ネット·スマホ中毒Ver.2.0」のP207より一部抜粋


『アナログなシーンでも活躍できる人であれ!』


ようするに、ネットの中だけで満足しないで、リアルでもクールな人になりませんか?ということですね。


「SNSを使いこなしてるけど、ペンで文字を書こうとすると簡単な漢字が書けない」


「ネットでの知識が豊富でも、体験や経験が少ない」


この①と②を読んで、僕は「まさしく自分のことだ」と思いました。


最近、漢字が思い浮かばなくて、すんなり書けなくなりました(笑)


ネットの情報だけで、賢くなった気になった自分に酔ってました(笑)


うん、反省ですね。まだまだ直せるし、ネットとスマホの達人を目指してがんばりたいです。


「ネット」と「リアル」のバランスがとれた人になりたいですよね。


「脱ネット·スマホ中毒Ver2.0」を読んで多くの『気づき』がありました!

f:id:longestwoodenbridge:20171217135536j:plain

「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」を読む前は、正直なところ軽く考えてました(笑)


こんなに勉強になるなんて思ってなかったですね。


自分の頭の中では「漠然」としか考えてなかったことが、専門家の客観的な分析や解説・アドバイスを読んだことで、明確に「クリア」に理解できました。


ネットはとても便利です。でも、その便利さに甘えすぎることなく、自分で考えることが大切なんだと実感しました。


子供から大人まで、身近にネットの危険があること。そして、その危険から身を守るために知識が必要なこと。


知らず知らずに、周りがそうだから、みんながやっているから。


大切なことは周りに流されずに、『人は人、自分は自分』というシンプルな考え方ですよね。


最後に、僕がこの「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」を選んだ本当の理由をお知らせしますね。


それは、
















表紙の女の子が可愛かったからです(笑)



良ければコチラの記事も♪

>>>ネットマナーは誰も教えてくれないから本で学ぶ!大人の超ネットマナー講座

www.ronburi.com

>>>図書館のメリットは?本を読まない時代こそ本を読んでみんなに差をつける!

www.ronburi.com


『ネットの怖さをリアルに学ぶ【読書案内】脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました



脱ネット・スマホ中毒: 依存ケース別 SNS時代を生き抜く護身術!

脱ネット・スマホ中毒: 依存ケース別 SNS時代を生き抜く護身術!

脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術

脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術