ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

【かぐらスキー場】東京から日帰りで滑るならココしかない!高速からの距離が重要⁉

f:id:longestwoodenbridge:20171224202451j:plain

車で日帰りのスキーやスノボーに行くときは、何を「1番の基準」にしてゲレンデ選びをしていますか?


家から距離が近いところですか?


雪質が良いところですか?


ゲレンデが広くてコースが多いところですか?


僕がゲレンデ選びで1番の基準にしていることは、ズバリ『高速を降りたインターからの距離』なんです。


この「インターからの距離」を意識してゲレンデ選びをされていなかったら、意外なオススメですので、良かったら今度のゲレンデ選びに活かしてみてくださいね。


それから、東京から(首都圏から)日帰りで行ける超オススメのゲレンデは、新潟の『かぐらスキー場』です。


えっ?新潟って遠くない?と思われましたか?


確かに「新潟」と聞くと遠く感じますが、実際に行ってみるとそれほど遠くは感じませんよ。


「新潟」より近い「群馬」のスキー場に行くより全然時間がかかりませんし、何より運転の「ストレス」が少ないです。


この距離と時間については、実際に僕も何度も行っている群馬のスキー場2つと比べてお伝えしますね。


もちろん、「かぐらスキー場」の良いところもバッチリご紹介しますよ。


というわけで、前置きが長くなってしまいましたが、今回は

『【かぐらスキー場】東京から日帰りで滑るならココしかない!高速からの距離が重要⁉』

をご紹介します。

なぜ「かぐらスキー場」なのか?答えは高速のインターからの距離にあった!

僕が「かぐらスキー場」をイチオシする理由は、関越道の湯沢インターからの距離が近いからです。


距離にして「約8km」ですね。


車のスピードを時速40キロとしたら、「12分」で湯沢インターからゲレンデまで着きます。


湯沢は除雪も早いので道路も走りやすいですし、クネクネした峠道も少ないので、ドライバーとしては非常にラクですね。


次でお伝えする群馬のスキー場の場合だと、関越道を降りたインターからの距離が30kmから40kmあるんです。


湯沢と比べると除雪のスピードは遅いので雪が残っていることが多いですし、うねった峠道は気を使うので走りにくいですね。


ところで、ゲレンデから帰るときには「融雪剤」をちゃんと落としてますか?サビの原因ですし、最悪の場合には車に穴があきます。


詳細は「スノボー帰りに車の下回りの塩カルを落としてる?SAのコイン洗車が便利!」でご紹介しています。


関越道のインターからの距離と時間を3つのゲレンデで比較してみた!

f:id:longestwoodenbridge:20171224194553j:plain

関越道を降りたインターからの距離と時間を、群馬のゲレンデ2つと比較してみたいと思います。


比較するゲレンデは、僕が「かぐらスキー場」に出会うまでよく行っていた「丸沼高原スキー場」「尾瀬岩鞍スキー場」です。


丸沼高原スキー場も尾瀬岩鞍スキー場もとても良いゲレンデですよ。


かぐらスキー場はもっと良いですけどね(笑)


それでは比べてみましょう。


【丸沼高原スキー場】

①関越道:練馬ICから沼田IC
 → 125kmで約82分

②沼田ICから丸沼高原スキー場
 → 38kmで約60分〜90分(渋滞の程度でかわる)

合計:約142分〜172分


【尾瀬岩鞍スキー場】

①関越道:練馬ICから沼田IC
 → 125kmで約82分

②沼田ICから尾瀬岩鞍スキー場
 → 32kmで約50分〜80分(渋滞の程度でかわる)

合計:約132分〜162分


【かぐらスキー場】

①関越道:練馬ICから湯沢IC
 → 166kmで約113分

②湯沢ICからかぐらスキー場
 → 8kmで約12分

③合計:約125分


※湯沢ICを降りてからはそれほど混まないことが多いです。除雪も早いですし、何よりたったの8kmですからね。



f:id:longestwoodenbridge:20171224202752j:plain



【比較した結果】

①丸沼高原スキー場:約142分〜172分

②尾瀬岩鞍スキー場:約132分〜162分

③かぐらスキー場:約125分


どうでしょうか。


東京からの場合、関越道は沼田ICの方が約40km近いのに、湯沢ICまで走って「かぐらスキー場」に行った方が早くつくわけです。


もちろん、関越道を長く乗った分だけ料金は高くなりますが、渋滞や峠道の運転のストレスを考えれば結果的に安いと思いますよ。


高速のインターを降りてからは、渋滞の程度によって、もっと時間がかかってしまうことも考えられます。


最悪のケースはゲレンデまで半分とかのときに、途中で事故があったりすると、目も当てられないですよね。


かぐらスキー場の場合は、湯沢インターからは距離が近いですから、多少渋滞にハマっても少しガマンすれば流れていきます。


走行距離は長くなりますが、実際にかかる時間と運転手へのストレスを考えたら、インターから近いゲレンデがオススメですね。


かぐらスキー場はゲレンデから近いだけではなく、雪質はトップクラスですし、とても広くコースもたくさんあります。


初めて行かれたら、全部のコースを滑りきることができないかもしれませんね。


次でかぐらスキー場の良いところを、バッチリご紹介しますね。



関連記事>>>ゲレンデの【出会い】はコース上にはなかった!?運命の人は食堂にいるかも!?


かぐらスキー場はふかふかのパウダーが味わえます!1日では滑りきれないかも?

f:id:longestwoodenbridge:20171224193326j:plain
(出典:フォトギャラリー | かぐらスキー場


かぐらスキー場の雪質はサラサラでふかふかです。標高が高いですからね。


上手くタイミングが合うと、ふかふかのパウダーが膝や腰くらいまで積もっていることもあるんです。


かぐらは標高が高くてコースが多いのが魅力!

「かぐらスキー場」は、山のトップが「1,845メートル」でボトムが「620メートル」なので、標高差が「1,225メートル」もあるんです。

f:id:longestwoodenbridge:20171224192436g:plain


出典:かぐらスキー場公式サイト

標高が高くなるにつれ、サラサラのパウダースノーが味わえる確率が高くなりますね。


また、ゲレンデがとても大きいのも「かぐら」の特徴です。

f:id:longestwoodenbridge:20171224192227g:plain


出典:かぐらスキー場公式サイト

公式サイトからのゲレンデマップになりますが、ちょっと分かりにくいですよね…。


「かぐらスキー場」は3つのエリアが1つになっているゲレンデです。


【①みつまたエリア】

初心者の方ファミリーに、オススメのエリアですね。

上級者の方たちは、上の「かぐらエリア」に行ってしまうので、気楽にマイペースで滑れますよ。


【②かぐらエリア】

みつまたエリアから山頂に上がったエリアです。

サラサラのパウダースノーを味わえる確率が高く、上級者に人気のエリアですね。

圧雪斜面も気持ちよくカッ飛ばせます(笑)


【③田代エリア】

個人的な意見ですが、穴場のエリアですね。

「かぐらエリア」や「みつまたエリア」で滑っている人が多いので、この「田代エリア」は滑っている人が少ないイメージがありますね。


このように3つのエリアに別れていますが、一つ一つのエリアに個性があって面白いので、本当に飽きないビッグゲレンデです。


お気に入りのエリアを見つけてくださいね。


料金もクーポンを上手く使って節約しよう!

f:id:longestwoodenbridge:20171224193026j:plain
(出典:フォトギャラリー | かぐらスキー場

「かぐらスキー場」のリフト料金は、クーポンを上手く使えば節約できてコスパも良いです。


「リフト+1」というクーポンがあります。


昼食券がセット、②道具のレンタルがセットの2種類があるんですね。


①かぐら1日券 + 昼食券(1,000円相当)

・おとな:5,700円 → 5,300円(400円お得)

・シニア:5,200円 → 4,800円(400円お得)

・中・高校生:4,800円 → 4,400円(400円お得)


②かぐら1日券 + スキーセット(スキー・スキー靴・ストック)またはスノーボードセット(スノーボード・ブーツ)

・おとな:8,900円 → 7,700円(1,200円お得)

・シニア:7,900円 → 6,700円(1,200円お得)

・中・高校生:7,300円 → 6,200円(1,200円お得)



意外とお得ですよね。


クーポンを印刷して書くだけで「400円」か「1,200円」お得になるので、忘れずにクーポンを使いましょうね。


リフト代が1日券で「4,300円」なら、相場よりほんのちょっとだけ安いと思いますね。



>>>クーポン | かぐらスキー場(公式サイト)


滑って疲れた体を癒やしてくれる日帰り温泉の露天風呂が最高!

f:id:longestwoodenbridge:20171224191355j:plain

たくさん滑って遊んだ後は、やっぱり温泉ですよね。


あまり教えたくないんですが、オススメの日帰り温泉が近くにあるので、コッソリとお伝えしますね(笑)


『石打ユングパルナス』という温泉施設なんです。


ゲレンデからはちょっとだけ離れていますが、湯沢インターから10分ほどなので近いですよ。


かぐらスキー場のすぐ近くにも日帰り温泉があるんですが、ちょっとせまくて混んでいるんですよね。


なのでちょっとだけ移動しますが、ユングパルナスを強くオススメしますね。


ユングパルナスは広い施設で、温泉の種類もたくさんあります。


もちろん露天風呂もありますよ。


タイミングが合うと、雪がヒラヒラと舞う雪見風呂も味わうことができます。


日本酒をぐいっと飲みたくなりますよね(笑)


でもダメですよ。帰りの運転がありますからね。


お風呂の様子を公式サイトの写真から参考までにお伝えしますね。

f:id:longestwoodenbridge:20171224191512j:plain
f:id:longestwoodenbridge:20171224191716j:plain
f:id:longestwoodenbridge:20171224191536j:plain


出典:石打ユングパルナス公式サイト


内風呂も広いので混んでいても待つことは少ないです。


営業時間も22時間営業なので便利です(朝8時〜10時が清掃時間のため入浴不可)


入館料(入浴代込)は次のとおりです。

・おとな:900円

・小学生:300円

・貸しタオル:200円

・館内着:200円


もちろんお得なクーポンがありますよ。


クーポンの画面を見せるだけで200円の割引がありますので、忘れずに使いましょうね。


クーポンのページにはコチラから行けます(公式サイト)


実際のクーポンを使ったチケットの買い方は次のとおりですので、初めての方は参考にしてください。


①販売機で700円のチケットを買う(クーポンなしは900円)

②フロントカウンターでクーポンの画面を見せる。


たったコレだけです。クーポンは5名まで大丈夫ですよ。


露天風呂はもう最高ですね。滑って疲れた体をじんわりと温めて癒やしてくれますよ。


>>>南魚沼市ハツカ石温泉 石打ユングパルナス 公式サイト


関連記事>>>スノボーもテニスも早く上手くなるには自分を動画で撮るのが1番の近道!

www.ronburi.com

ゲレンデ選びの基準に「高速のインターからの距離」を加えてみませんか?もう渋滞のストレスからはサヨウナラ!?

f:id:longestwoodenbridge:20171224191429j:plain

ゲレンデ選びは、何となく自宅から距離が近いところから選ぶより、少し遠くなっても降りたインターから近い方が早くラクに着きます。


おまけに雪質も良くて、コースもたくさんあって飽きないですし、滑った後の温泉の露天風呂で疲れを癒せるんですよ。


ふかふかのパウダーは、慣れるまで上手く滑るのが難しいんですけど、あの「ふわふわビューン」の独特の「浮遊感」は、一度味わったらクセになりますよ(笑)


高速を降りてからの下道で渋滞にハマってしまって、ゲレンデに着いた頃には滑る元気もなくなったよ、なんてならないようにしたいですよね。


ときどき見かける困ってしまうパターンは、雪道を甘く考えて「ノーマルタイヤ」のままの車で来る人がいますよね。


もう渋滞の始まりですね。


僕はそのときは、ノーマルタイヤの車のナンバーを必ずチェックするんですが、割りと都会のナンバーの車が多いですね。


スタッドレスタイヤをしっかり履いて行きましょう。ノーマルタイヤなら、必ずチェーンは必要ですよ。


事故が起きてからでは遅いですからね。


関越トンネルを越えたら、目の前が雪で真っ白になるので、初めての方はびっくりしないでくださいね。


まだ「かぐらスキー場」に行ったことがなかったら、ぜひ一度遊びに行ってみてください。



合わせて読みたい!

>>>スノボー帰りに車の下回りの塩カル落としてる?SAのコイン洗車が便利!

www.ronburi.com

>>>新潟スキーのお土産は【柿チョコ】で決まり!?柿の種の元祖は浪花屋製菓!

www.ronburi.com


『【かぐらスキー場】東京から日帰りで滑るならココしかない!高速からの距離が重要⁉』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました


>>>当ブログの【スノボー関連記事】の一覧ページへ