ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

スノボー帰りに車の下回りの塩カルを落としてる?SAのコイン洗車が便利!

f:id:longestwoodenbridge:20171225132606j:plain
(この記事は2018年2月24日に内容を一部修正しています)


スキーやスノボーで楽しく遊んだあとに車の下回りを洗っていますか?


もし何もしていなかったら、大切な車がサビてしまったり、ひどいときには穴があいてしまうことも。

サビの原因は道路にまかれている「白い粉」のせいです。


白い粉は「融雪剤ゆうせつざい」といって、主な成分は「塩化カルシウム」です。後ほど詳しくお伝えします。


ゲレンデに行った後の車は、どうしても汚れてしまいます。

車が汚れていても別に構わないよという方もいらっしゃると思いますが、下回りだけはスキーやスノボーに行った後は洗っておいた方がいいですよ。


確かに面倒くさかったりしますが、ゲレンデから帰るときの高速道路に「コイン洗車機」があるのをご存知ですか?

自宅に帰る途中にサービスエリアで休憩したときに、ついでに車も洗えたら便利ですよね。


というわけで、

『スノボー帰りに車の下回りの塩カルを落としてる?SAのコイン洗車が便利!』

をご紹介します。

スノボー帰りの休憩で立ち寄るSAでついでに洗車もできて便利でラクチン

f:id:longestwoodenbridge:20171225125549j:plain

スキーやスノボーで遊んだ帰り道には、高速道路のサービスエリア(SA)に休憩で立ち寄ったりしますよね。


今のSAには美味しいグルメもたくさんあるので、休憩にはピッタリです。

SAによっては、「コイン洗車機」があるところがいくつかあります。


僕がスノボーをしに行くゲレンデは「かぐらスキー場」がほとんどなんですが、その帰り道の関越道には「2か所」コイン洗車機があるSAがあります。


関越道を使わない方もいらっしゃいますから、高速道路で「コイン洗車機」があるSAを探せるサイトのリンクを後ほど張っておきますので、良かったら探してみてください。


ちなみに、僕が「かぐらスキー場」を超オススメする理由は「【かぐらスキー場】東京から日帰りで滑るならココしかない!高速からの距離が重要!?」でご紹介しています。

www.ronburi.com

関越道(上り)なら「高坂SA」と「赤城高原SA」にコイン洗車機がある

f:id:longestwoodenbridge:20171225125615j:plain

関越道(上り)なら「高坂SA」と「赤城高原SA」にコイン洗車機があります。

コイン洗車機は、ジェットガンで高圧洗浄ができるのですごく便利です。


高圧洗浄は、ライフル銃みたいな物を持つと、そこからものすごい強い水圧で「ブッッシャーー!!!」と水が出て、汚れがみるみると落ちていきます(笑)

初めて使ったときは、強力すぎてジェットガンから高圧水が出た瞬間の「反動」で銃口がおもいきりブレました(笑)


ちょっと強く握りすぎかも?くらいの感覚でジェットガンを握って、腰を落としておくといいかもしれません。

気をつけてくださいね(笑)


さて、ちょっと脱線してしまいましたが、高圧洗浄で車の下回りを洗っておくことをオススメしますので、SAでついでに「ブッッシャーー!!!」とやってみてください。

意外と楽しいのでストレス発散にもなりますよ(笑)


高坂SAは東京に近いので、コイン洗車機を待つ渋滞ができることもあります。

ドライバーの方には酷な話ですが、ドライバーはコイン洗車機に並んで待っていて、ほかのメンバーは「お茶して休憩する」という方法もあります。


ただし、この方法は必ずドライバーの方と相談して納得した上で試してください(笑)

ケンカになっても僕は責任はとれませんので(笑)


赤城高原SAはそれほど混まないことが多いですが、雪が降るエリアですので、洗った後に「あれ、また雪が…」ということもありますので注意してください。


関越道以外の高速道路でコイン洗車機があるSAは、こちらのサイトで探すことができますので、良かったら探してみてください。

www.driveplaza.com


そもそも融雪剤って何ですか?どうして使うの?

Q:そもそも融雪剤って何ですか?

 A :雪や氷などを溶かすものです。


Q:融雪剤の成分は何ですか?

 A:塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化マグネシウムなどです。


Q:融雪剤をまくと、どうして雪が溶けるの?

 A:塩化カルシウムなどの成分が溶けて「凝固点降下ぎょうこてんこうか」により「融点ゆうてん」が下がるからです。


Q:「凝固点降下」とか「融点」とか難しいこと言って、ごまかすつもりなの?

 A:いえいえ。「凝固点降下」と「融点」を分かりやすく説明します。

水は零度で凍りますが、塩を溶かすと零度では凍らなくなります。ちなみに食塩濃度25%の食塩水だとマイナス22度にならないと凍りません。

これが「凝固点降下」です。

「融点」は固体が溶けて液体になる温度のことです。

つまり、雪に塩をまくと、氷点下でも「凝固点降下」によって「融点」が下がって、雪が溶けるということです。


Q:融雪剤で車がサビるのはどうして?

 A :融雪剤は①でお答えしたように「塩化物えんかぶつ」です。

簡単に言うと、「塩」がサビの原因です。なぜ塩でサビが起こるのか詳しいメカニズムをお伝えした方がいいですか?


Q:ぐっ…、そっ、そのくらい分かるわよ。海の近くの家だと、ベランダの物干し竿もすぐにサビるのと同じことでしょ。

 A:(同じことだけど、サビのメカニズムは酸素や水分が………まぁいっか)
はい、そのとおりです。


Q:なんとなく分かったような気がするわ。ありがとう。

 A:いえ、どういたしまして。


楽しく滑った後には大切な車も優しく洗ってあげましょう。愛情を込めれば長く乗れますよ。

f:id:longestwoodenbridge:20171225131942j:plain

スキーやスノボーで楽しく遊んでリフレッシュするのは楽しいです。

あの真っ白な銀世界にいると、日常の生活でのストレスをスカッと忘れることもできます。


ゲレンデに行く途中の道路にまかれている融雪剤は、残念ながらさけて通ることはできません。

融雪剤のシステムを理解していれば、大事な車のケアも必要だということが分かっていただけるとうれしいです。


融雪剤はなるべく早く落とした方がいいので、できれば早めに車の下回りの洗車をすることをオススメします。


コイン洗車機なら500円くらいで簡単に洗えて、ジェットガンも楽しいです。

「ブッッシャーー!」とジェットガンを構えれば、楽しくて心もスッキリすると思います。


おまけに大切な車がキレイになりますから、まさに一石二鳥です。



あわせて読みたい!

>>>【かぐらスキー場】東京から日帰りで滑るならココしかない!高速からの距離が重要!?

www.ronburi.com

>>>スノボーの帰りにSAで仮眠をとるなら駐車場の入口付近にとめるのが正解?

www.ronburi.com


『スノボー帰りに車の下回りの塩カルを落としてる?SAのコイン洗車が便利!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


>>>当ブログの【スノボー関連記事】の一覧ページへ