ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

ユニクロ【ボアスウェットセット】はくつろぎ部屋着!セールが狙い目?

f:id:longestwoodenbridge:20180418090748j:plain
(この記事は2018年2月27日に内容を一部修正しています)


家でゴロゴロする時間は最高のくつろぎタイム。


ゴロゴロしながら快適に過ごすための「ルームウェア」を探していました。

「ルームウェア」とカタカナでオシャレに書いてみましたが、漢字で書けばそれは「寝間着」


リラックスするためには、あまりゴワゴワした着心地は良くないですし、かといって軽くて薄すぎたりすると寒いです。


僕はユニクロで洋服などを買うのが好きなのでチラシもよく見ています。

先日チラシを見ていたらセールでお買い得な「スウェットセット」を見つけたので、試しに買ってみました。


というわけで、

『ユニクロ【ボアスウェットセット】はくつろぎ部屋着!セールが狙い目?』

をご紹介します。

ボアスウェットセットを着てみた感想

f:id:longestwoodenbridge:20180418090925j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418090936j:plain

「ボアスウェットセット」を着てゴロゴロしてみました。

軽くて暖かかったので、いつもよりたくさんゴロゴロできました(笑)


「ヒートテック」とは違って普通のシンプルな「スウェットセット」です。


ユニクロというと「ヒートテック」のイメージが強かったので、「スウェットセット」は正直それほど期待していませんでした。

今回は良い意味で期待が裏切られました(笑)


簡単に「ボアスウェットセット」の良かったところをお伝えします。

適度な厚さの生地で着やすい

裏地のボアは毛足が短いタイプでサラッとやわらかい

軽いので寝間着にピッタリ


まとめると『軽くてやわらかくて暖かい』

ユニクロの商品は軽くて着やすいものが多いです。


「ボアスウェットセット」のメリットとデメリットは、後ほど分けてお伝えします。


ボアスウェットセットの仕様

f:id:longestwoodenbridge:20180418091101j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418091115j:plain

「ボアスウェットセット」の仕様は次のとおりです。

【特徴】

・もこもこの裏ボアフリースが全身をやさしく包み込む


・この上ない暖かさを柔らかさ。


・寒い季節のリラックスタイムにぴったりの上下セット。



引用元:ユニクロ公式サイト


このような特徴があります。


素材は次のとおりです。

トップス
本体:80%ポリエステル、20%綿
リブ部分:54%ポリエステル、46%綿

ボトムス:80%ポリエステル、20%綿


裏起毛の加工が良かったです。

長すぎず短すぎない毛足が絶妙な肌ざわりを生んでいます


トップスもボトムスも同じ「裏起毛加工」なので、まさに全身を優しく包み込んでくれる感じです。


次から「ボアスウェットセット」のメリットとデメリットを分けてお伝えします。


ボアスウェットセットのメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180418091244j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418091254j:plain

「ボアスウェットセット」のメリットは次のとおりです。

軽くてやわらかくて暖かい

オモテ地も裏地もキレイで肌ざわりが良い

毛足が短めの裏起毛でやわらかくて暖かい

ルームウェア(寝間着)として着るにはピッタリ

洗濯の乾きが早い

近所のコンビニならこのまま行ける(笑)

このようなメリットがあります。


「裏起毛」の感じが少しでも伝わるように、上下両方の『裏側』の写真を撮ってみました。


f:id:longestwoodenbridge:20180418091416j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418091428j:plain


通常価格は「2,990円」でしたが、セール価格で「1,990円」でした。


「軽くてやわらかい」の裏返しになりますが、生地が少し薄い感じがします

寒く感じたときは下に「ヒートテック」を着て調整しています。


女性の方は、女性用の「スウェットセット」がないので、この「ボアスウェットセット」をサイズダウンして購入される方もいらっしゃるみたいですね。


ボアスウェットセットのデメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180418091620j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418091631j:plain

「ボアスウェットセット」のデメリットは次のとおりです。


パンツのすそがしぼってないフリータイプなので、寝ている間にめくれ上がる
(上の右側の写真参照)

ウエストのゴムが結構余裕があるので、毎回ひもで結ぶのが面倒くさい
(上の左側の写真参照)

首のうしろにタグや印刷もないので「前と後ろ」が分かりにくい


このようなデメリットがあります。


パンツの すその部分 は良く言えばストレスがないです。

ですが、寝間着として使っているので「寝ている間に足首のところがめくれ上がる」のはちょっと寒いです。


ウエストは個人差があるかと思いますが、最初から入っているゴムは少しゆるく感じました。

ウエストの前にあるヒモで毎回結ぶのは地味に面倒くさいです。


首のうしろに「タグ」や「印刷」がないので、着るときに「前と後ろ」が少し分かりにくいです。

前面に「ポケット」もないので見分けがつきにくい感じがしました。


洋服の内側(腰のあたり)にある「タグ」を上手く活用すると、洋服の前と後ろを間違えないで簡単に着ることができます。


詳しい内容は、「【間違えない服の着方】服の品質タグ(腰のあたり)ってなぜいつも左側にあるの?」てご紹介しています。

www.ronburi.com

ボアスウェットセットはまったり部屋着にピッタリ!

「ボアスウェットセット」は軽くて暖かいので部屋着として着るのにピッタリ。

当たり前ですが、セットなので「上下」がそろっているのも良いです。


パンツの「すその部分」がしぼってないことは好みが別れるかもしれません。

気になる人には合わないかもしれませんので、試着してみるとハッキリすると思います。


毛足が短めの「裏起毛加工」の肌ざわりは、すごく気持ちいいのでお気に入りになりました(笑)


良かったらお店で実際にさわってみてください。

感触を確かめる「スリスリ」が止まらなくなるかもしれません(笑)



あわせて読みたい!

>>>ユニクロ【フリースジャケット】はお手軽でふわふわサラサラ超気持ちいい!

www.ronburi.com

>>>普通のヒートテックと超極暖を比べた結果は?生地の厚さが全然違う!

www.ronburi.com


『ユニクロ【ボアスウェットセット】はくつろぎ部屋着!セールが狙い目?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました

>>>当ブログの【ユニクロ商品レビュー】の一覧ページへ