ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

アスベル【真空断熱マグカップ】は冷めにくくて見た目がオシャレ!

f:id:longestwoodenbridge:20180103070603j:plain
(この記事は2018年3月19日に内容を一部修正しています)


熱々のコーヒーを“ふーふー”しながら飲むのが毎朝の楽しみです。


普通のマグカップで飲んでいましたが「少し冷めやすいかな?」と感じてきたので、新しく『真空断熱しんくうだんねつマグカップ』を探してみることに。


最初は「サーモス」から選ぶ予定でしたが…

たまたま、近所のホームセンターにお買い得の「アスベルの真空断熱マグカップ」があり、気がついたら買っていました(笑)


もう一目惚れひとめぼれです(笑)

スッキリしたデザインで、可愛らしい見た目が決め手でした。


アスベルの真空断熱マグカップを使ってみた「感想」や「メリット・デメリット」をまとめました。


というわけで、

『アスベル【真空断熱マグカップ】は冷めにくくて見た目がオシャレ!』

をご紹介します。

アスベルの「真空断熱マグカップ」と出会ったきっかけ

f:id:longestwoodenbridge:20180103073443j:plain

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」とは、近所のホームセンターで出会いました。

「お正月新春セール」のコーナーで、棚に並んでいたのを見つけたのがきっかけです。


ちょうど「真空断熱マグカップ」を探していたところに、『よりどり2個で2,000円』ときたら、もう買うしかありません(笑)


その場でネットの値段を調べてみると「1個で1,500円前後」でした。

「2個で2,000円」は良い買い物ができました。

使ってみた感想

f:id:longestwoodenbridge:20180103063555j:plain

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」を使ってみた感想は次のとおりです。

熱々が長時間キープでびっくり
安定した形で使いやすい


「普通のマグカップ」だと冷めやすかったコーヒーが、2時間たっても熱々で飲めました

これにはちょっとビックリしました。

1時間後でも、フタをあけたら湯気がモウモウです。


スッキリしたデザインで、シンプルな形をしています。

容量も「330ml」入るので使いやすいです。

少し“ずんぐりむっくり”した形ですが、机に置くとすごく安定します。

保温性能はどのくらい?

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」は、ホットコーヒーが2時間後でも十分に温かく飲めます

3時間後はさすがに少しぬるかったです…


パッケージにある「保温性能」のグラフをみてみましょう。


f:id:longestwoodenbridge:20180103063435j:plain

このグラフによるとマグカップのフタを閉めて使うと、「95℃」の飲み物の温度が次のようにかわります。

1時間後95℃70℃
2時間後95℃60℃
3時間後95℃50℃


このように温度がかわるとされています。

本当かどうか確かめてみたいですよね。

ハイ、それでは実際に検証してみましょう(笑)

保温性能を実際に検証してみた

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」の保温性能を実際に検証してみました。

ここからは僕の「個人的な感覚」でお伝えします。


まず、電気ポットのお湯(98℃)でコーヒーを作ります。

ーーーーー
15:30:検証スタート。当然コーヒーは熱すぎる

16:09熱々で湯気もモウモウ

16:36熱々だけど②よりは少し温度が下がった感じ

16:58熱めで湯気も出ている

17:37ぬるめのチョットだけ熱い感じ

18:37しっかりぬるい
ーーーーー

このような検証結果になりました。

2時間後でも温かく飲むことができました。


1時間後なら余裕で温かいです。

マグカップのフタをずらすと湯気がモウモウ出てきます。


3時間後はさすがにぬるいです。

検証のためにコーヒーを少しずつ飲んだので、量が減った影響も多少はあるかと思います。

アスベルの「真空断熱マグカップ」のメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180103064225j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180103064242j:plain
左がホワイト、右がシャンパンゴールド

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」のメリットは次のとおりです。

2時間は十分に温かい
飲むときにフタに鼻が当たりにくい
たっぷり330ml入る
飲み口が金属じゃない
フタがついている
置いても安定している
パッキンが簡単に外れる
シンプルでオシャレなデザイン
カラバリの2色ともキレイ

このようなメリットがあります。


デザインは好みがあるかと思いますが、個人的にはとても気に入っています。


シンプルなデザインで、色は「ホワイト」も「シャンパンゴールド」もキレイな仕上がりです。

それぞれの色を1個ずつ買いましたが、「シャンパンゴールド」の取り合いになりました(笑)


保温力も2時間は十分に温かいので優秀です。


f:id:longestwoodenbridge:20180103064747j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180103064808j:plain

左がフタの「スライド部分」を閉めた状態、右がフタの「スライド部分」を開けた状態。


「飲み口」の部分についても好みがありますが、素材が「ポリプロピレン」なので金属の飲み口が合わない方にはオススメです。

逆に、金属の飲み口がいいという方には合わないかもしれません。

アスベルの「真空断熱マグカップ」のデメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180103064602j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180103064618j:plain

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」のデメリットは次のとおりです。

フタのスライド部分が最初はカタい
洗ったあとの置き場所に困る

このようなデメリットがあります。


フタのスライド部分は、最初はカタくて上手く開け閉めができませんでした。

でも、しばらく使っているうちに自然とスムーズに動くようになりました。

初めて使うときに「あれっ?」と思うかもしれませんが、しばらく使ってみてください。


洗ったあとの置き場所については、メリットの「安定する」の裏がえしです。

“ずんぐりむっくり”した形なので、どうしても場所をとってしまいます。


大きさの問題はどうしようもありませんが、気持ちの問題で何とかなります(笑)

意味不明なことを言ってしまいました(笑)


補足説明をすると、僕は使い続けていたら“ずんぐりむっくり”した形に愛着がわいてきたんです。


『何となく可愛いかも?』


一度このように愛着がわくと、置き場所に困ったときもジャマだとは思わなくなりました(笑)


ネットでは「保温力」がイマイチという意見もありました。

実際に検証してみて『2時間は十分に温かかった』ので個人的に問題はありません。

シンプルなデザインで、たっぷり入って2時間アツアツ!

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」はとっても気に入りました。

毎朝のコーヒータイムがより楽しく充実することに。


趣味の読書のときも、コーヒーが冷めずにゆっくりと飲めます。

大好きな本の世界により集中できます。


今回は、たまたまお買い得なタイミングに出会えたのもラッキーでした。


容量も大きくて、「330ml」も入るので使い勝手もいいです。

一度満タンまで入れれば、冷めにくいので長時間マイペースに飲むことができるのもうれしいポイント。


アスベルの「真空断熱マグカップ」の“ずんぐりむっくり”した姿は可愛いですよ(笑)

ぜひ手に持ってみてください。




あわせて読みたい!

>>>カモミールにミントをブレンド!【爽やかに進化】飲みやすいハーブティー!

www.ronburi.com

>>>ホットアイマスク【あずきのチカラ】が疲れ目を癒す!レンジでチンでほっこり♪

www.ronburi.com


『アスベル【真空断熱マグカップ】は冷めにくくて見た目がオシャレ!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【生活・くらし】の一覧ページへ