ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

バッグのファスナーが壊れて引き手が紛失|マジックミシンのアイデア修理でもう5年使えるね

f:id:longestwoodenbridge:20180513182700j:plain

バッグのファスナーの引き手さんが行方不明になりました…

あ、混乱していたので少し意味不明なことを言ってしまいました。


お気に入りのバッグのファスナーが壊れてしまったんです。

しかも、ファスナーの台座の一部が欠けてしまったので、指で持って開け閉めする引き手が、いつの間にか紛失(行方不明)していました…


まだまだ全然使えるバッグなので、どうしたものかと悩みながらネットで調べました。


その結果、マジックミシンという洋服を直す専門店でバッグも修理してくれることが分かったので、持ち込んで相談することに。

その結果、意外なアイデアで簡単に修理してくれました。


というわけで、

『バッグのファスナーが壊れて引き手が紛失|マジックミシンでアイデア修理でもう5年使えるね』

をご紹介します。

意外なアイデアでファスナーが復活

f:id:longestwoodenbridge:20180513183219j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180513183233j:plain
(左:修理する前、右:修理した後)

行方不明になっていた引き手さんが新しく変身して戻ってきてくれました。

ファスナーの台座の一部が折れて欠けていたので「修理も大変かな」と思っていましたが、意外なアイデアでみごと復活です。


f:id:longestwoodenbridge:20180513184022j:plain


上の写真のファスナーの台座に残っていた穴を利用して、新しい引き手をひっかけて直してくれました

この方法なら「ファスナーをはずさないで簡単に直せる」とのことだったのでお願いしました。


新しい引き手さんは雰囲気がガラッとかわって、金属から布にイメチェンです。

最初は見慣れていなかったので違和感がありましたが、今は布の“やわらかい感じ”がすごく気に入っています。

ファスナーの修理料金

今回のファスナーの修理にかかった料金は『1,000円(税別)』でした。

最初はちょっとだけ高いかなと思いました。

でも『アイデア料』として考えれば納得の金額です。


僕の頭の中では『ファスナーをはずして交換する』とばかり思っていたので、そのまま使って「穴」を上手く再利用する発想にはビックリしました。

結果的にエコな修理方法になったので良かったです。

金具を特注する選択肢もあった

今回の修理方法とは別の選択肢もあったんです。

それは工場に金具を特注して、ファスナーをはずして交換するという方法でした。

店員さんによると「お金と時間がかかる」とのことだったので、少し考えてやめました。

ファスナーの引き手だけならパーツ交換可能

ファスナーの引き手部分だけの交換なら意外と簡単にできるみたいです。

引き手の部分だけをネットで売っています。

僕のバッグも台座が欠けて壊れていなければ、引き手だけの交換で修理できたかもしれません。

リペアでオンリーワンのバッグのできあがり

f:id:longestwoodenbridge:20180417063249j:plain

ファスナーの引き手がないことに気がついたときは、「はあぁ〜」って感じでびっくりしました。

お気に入りの大事なバッグだったので結構落ち込みましたからね。


でも無事になおってくれて良かったです。

引き手部分が金属から布にかわったことで、バッグがやわらかい印象になりました。


同じタイプのバッグはたくさんあふれていますが、今回の修理(リペア)で僕の大切なバッグはオンリーワンに生まれかわりました


おかげでバッグへの愛着がさらに強くなりました。

まだまだ使えますから、もう5年は一緒にいたいです。

また一緒にでかけよう、我が相棒よ。


>>>マジックミシン公式サイト


あわせて読みたい!

>>>7年前に買ったジーンズの再·裾上げ|専門店マジックミシンの仕上がりは?

www.ronburi.com

>>>ヒマラヤの足型測定(無料)|3D計測をすれば靴のサイズ選びでもう失敗しない

www.ronburi.com


『バッグのファスナーが壊れて引き手が紛失|マジックミシンでアイデア修理でもう5年使えるね』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【生活・くらし】記事の一覧ページへ