ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

クロスバイクに2か月乗ったら体の思いがけない部分がキュッとした!?

f:id:longestwoodenbridge:20180129163213j:plain

クロスバイクに「2か月」乗ったら、体のいろいろなところが変わってきましたよ。


どうせ足の筋肉がついたんでしょ」と思いますよね?


確かに足の筋肉がつきましたが、それだけじゃなかったんです。


ペダルをこぐ“下半身”だけが変わったわけじゃないんですよね。


自転車に乗って走ることは意外と“全身運動”になるんです。


2か月乗り続けたおかげで変わったところは次のとおりですね。


お尻がキュッとした?

腕がシュッとした??

腰がギュッとした???


クロスバイクに「1か月」乗ってみた結果は、「クロスバイクに1か月乗った結果は?痩せた上にメンタルも強くなった?」でご紹介しています。


というわけで、今回は

『クロスバイクに2か月乗ったら体の思いがけない部分がキュッとした!?』

をご紹介します。

自転車に2か月乗ったら“ヒップライン”がキュッとした!

f:id:longestwoodenbridge:20180129163153j:plain

自転車(クロスバイク)に「2か月」乗り続けたおかげで、ヒップラインがキュッとアップしましたね


クロスバイクに乗り始める前は、ちょっと重力に負けていた感じだったんです(笑)


自転車はペダルをこぐので、「太もも」や「太ももの裏側」の筋肉をとても使います。


足を動かすので、足のつけ根部分(後ろ側は「お尻の部分」も含めて)も一緒に「連動」して動きます。


「足のつけ根部分」の後ろ側は「お尻」になるわけなんですが、結果的にヒップラインがキレイに締まってくるんです


ホント自転車はオススメです。


自転車では「太もも」の筋肉を1番使いますけど、競輪選手の“ボンレスハム”みたいな立派な太ももにはなりませんよ(笑)


むしろ、太ももの余分な脂肪が落ちて、引き締まって見た目がスッキリしますよ。


いきなりですが、イスに座って自転車のペダルをこぐように、足を動かしてみてください


太ももだけでなくて、お尻の下側?(イスの座面に触れている部分)の筋肉も一緒に動いていますよね?


足だけじゃなくて、お尻にかけての「ヒップライン」がキュッとするわけなんです。


重力に負けたままだと悔しくないですか?


一緒に重力に対抗してキュッとしませんか?(笑)


自転車に2か月乗ったら“腕”がシュッとした!

f:id:longestwoodenbridge:20180129155746j:plain

自転車(クロスバイク)に2か月乗り続けたおかげで、腕(特に前腕部分)もシュッと引き締まってきましたね


クロスバイクに乗っているときは、ハンドルで体を支えています。


下半身がペダルをこいでいる状態で、体全体のバランスを取りながら、風の抵抗も受けながら、両腕でハンドルを握って体を支えるんです


地味な感じですけど、想像以上に全身の筋肉を使っています


これがハードで疲れるんですよ。


実際に自転車のハンドルを握る姿勢をイメージしてみましょう!

f:id:longestwoodenbridge:20180129155642j:plain

ちょっと両腕を前に出してもらってもいいですか?


クロスバイクのハンドルは、横にまっすぐ伸びた棒の形をしています。


腕を前に伸ばしたまま、そのまっすぐの棒みたいな「ハンドルを握るイメージ」をしてみてください。


自転車のサドルに座っている感じをイメージすると、上半身が前方へ「おじぎ」するような姿勢になるんです


f:id:longestwoodenbridge:20180130151618j:plain


それで両腕を前に出したまま、ハンドルを握るように“ギュッと力を入れて、体を支えるイメージ”をします。


そうすると、腕の「ひじから先の部分(前腕)」の筋肉が疲れてきませんか?


自転車に乗っている間はずっとハンドルを握っていて、両腕で体を支え続けるわけなんです。


その結果、前腕部分が鍛えられてシュッとして引き締まって、おまけに筋肉もついてたくましくなりましたね


自転車に2か月乗ったら“腰”がギュッと引き締まった!

f:id:longestwoodenbridge:20180129155806j:plain

自転車(クロスバイク)に「2か月」乗り続けたおかげで、腰もギュッと引き締まってきましたね


クロスバイクの乗っているときの姿勢は、背中がまっすぐでキレイに伸びているんですよ


自転車のサドルの位置が高くて、ハンドルも棒みたいなタイプなので、基本的に少し前傾姿勢(前に「おじぎ」する感じ)になります


そうすると自然と背中もまっすぐに伸びて、キレイなフォームになるわけなんですね。


f:id:longestwoodenbridge:20180130151716j:plain


ここで活躍するのが“腰”です。


腰は“上半身”と“下半身”をつなげる体の大事な部分で、“バランス”を取るために地味に働いてます。


先ほどのハンドルを握るポーズをしてもらえると分かりやすいと思います。


前傾姿勢になってペダルをこいでいると、腰の部分(特に腰の「横」の筋肉や「背中側」の筋肉)の筋肉を結構使っているんですよね


普段の生活の中で、前傾姿勢になって体を支えるようなことってありますか?


なかなかありませんよね(笑)


自転車に乗って走っているだけで、自然と腰の部分を鍛えることになるので、ギュッと引き締まってくるわけなんです


自転車に2か月乗り続けたら体の思いがけない部分に筋トレ効果があった!

f:id:longestwoodenbridge:20180129155832j:plain

自転車(クロスバイク)に「2か月」乗り続けてみたら、想像以上に意外な「トレーニング効果」があって自分でもびっくりです


体全身が一回りシャープになった感じですね。


自転車に乗っているだけなので、がんばって筋トレをしているという感じや負担もありません。


ダンベルをあと10回あげないと」「腹筋をもう20回やらないと」というノルマもないので楽しくてラクですよ。


自転車に乗って、自然の景色を見ながら走っているのは気分転換にもなりますからね。


自転車に乗っていると、結果的に“体全体”のトレーニング効果があるのでお手軽ですよ。


僕はジョギングがすごく苦手で続いたことがなかったんですが、自転車は「2か月」楽しく続きました


1週間や2週間だとトレーニング効果は感じられないですけど、乗り続けていればハッキリと効果がでてきますよ


一緒に自転車トレーニング&ダイエットを楽しみませんか?


ストレス発散もできて楽しいですよ。


クロスバイクに乗った「1か月目」の感想は、「クロスバイクに1か月乗った結果は?痩せた上にメンタルも強くなった?」でご紹介しています。

www.ronburi.com



合わせて読みたい!

>>>サイクリングロードを走る5つのメリット!ハミングしながら気分爽快?

www.ronburi.com

>>>スノボーとクロスバイクのスピード感!風を切って感じた両者の違いとは?

www.ronburi.com


『クロスバイクに2か月乗ったら体の思いがけない部分がキュッとした!?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました


>>>当ブログの【自転車関連】の記事の一覧ページへ