ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

スノボーの帰りにSAで仮眠をとるなら駐車場の入口付近にとめるのが正解?

f:id:longestwoodenbridge:20180118175951j:plain
(この記事は2018年3月22日に内容を一部修正しています)


高速道路の「サービスエリア(SA)」や「パーキングエリア(PA)」で仮眠をとるときは、車をどこにとめますか?

トイレの前ですか?
レストランの前ですか?


実は車をとめる場所によって、寝やすかったり、寝にくかったりします。

僕がオススメする場所は……


というわけで、

『スノボーの帰りにSAで仮眠をとるなら駐車場の入口付近にとめるのが正解?』

をご紹介します。

SAやPAで仮眠をとるなら駐車場の入口付近にとめるべし

スキーやスノボーの帰りの高速道路で仮眠をとるときは、駐車場の入口付近にとめるのが正解です。

理由は、入口付近がすいている・・・・・からです。


説明が足りていないので、これから具体的にお伝えしていきます。

駐車場のどこに車をとめますか?

f:id:longestwoodenbridge:20180118180214j:plain

「SA(PA)」の駐車場に車をとめるときは、どこにとめますか?

入口付近ですか?
トイレのすぐ前ですか?
売店やレストランの前ですか?


たぶん、答えは①ではないですよね。

おそらく、②か③の場所に車をとめていることが多くありませんか?


やっぱり「トイレ」や「売店・レストラン」に近い方がラクですよね。

たくさんの人がラクな方がいいと考えるので、結果的に「トイレ」や「売店・レストラン」に近い駐車場のスペースが混みます

混んでいる駐車スペースの近くで仮眠をとりたいですか?

f:id:longestwoodenbridge:20180118212509j:plain

混んでいる駐車スペースの近くで、仮眠をとりたいと思いますか?

僕は混んでいるところより、すいているところで仮眠をとりたいです。


なぜなら、すいているスペースの方がたくさんメリットがあるからです。

「話し声」が聞こえにくい
「車のドアの開け閉めの音」が少ない
人が少ないので「歩く音」も静か
車も少ないので「アイドリングの音」も静か

このようなメリットがあります。

寝るときは静かな方がいいですよね。

オススメの駐車スペースをイラストで解説

f:id:longestwoodenbridge:20180119094652p:plain

上のイラストは、例として「SA」のイメージです。

僕がオススメする駐車スペースは「入口側の売店側」の左上の場所です。


理由は次のとおりです。

・トイレの近くは混む
・ガソリンスタンドの近くは車の出入りが多い
・入口に1番近い場所は「大型車両用」の駐車スペースなので、すぐ隣はアイドリングの音が超うるさい


このように考えると、左上のスペースがオススメな場所として残ります。


f:id:longestwoodenbridge:20180119095402p:plain
次は「SA」より小さい「PA」の場合です。

オススメの駐車スペースは入口付近の場所です。

理由は、みんながトイレの近くにとめるので、入口付近がすいているからです。

ガッツリ仮眠をとるときの便利アイテム

SA(PA)の駐車場でガッツリ仮眠をとりたいときは、しっかり寝るのがポイントです。

車のシートを倒してフラットにして、グッスリと寝ましょう。


グッスリ睡眠の便利アイテムは次の2つです。

寝袋
簡易マット



シートを平らにしてから、「寝袋」と「簡易マット」を使えばグッスリ気持ちよく寝ることができます。

コンパクトに収納できるので場所もとりません。

キャンプでも使えるので、アウトドア派な人は持っているとたくさん活躍してくれそうです。

みんながとめない入口付近でひっそり&グッスリ

スキーやスノボーでたくさん遊んで疲れたときは、眠くなったら寝るのが安全です。

どうせ寝るなら、集中して寝たいですよね。


ひっそり&グッスリには、人が(車が)少ない『駐車場の入口付近』がオススメです。


それに、仮眠をとらなくても、あえて「トイレ」や「売店」まで多めに歩くと気分転換にもなります

1番大事なことは安全第一ですよね。



あわせて読みたい!

>>>スノボー帰りに車の下回りの塩カルを落としてる?SAのコイン洗車が便利!

www.ronburi.com

>>>スノボーを朝イチから滑る4つのメリット!3つの【すいている】が最高!

www.ronburi.com


『スノボーの帰りにSAで仮眠をとるなら駐車場の入口付近にとめるのが正解?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【スノボー関連】の一覧ページへ