ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

なぜ3月のゲレンデは平日でも混んでるの?答えは身近でシンプルだった!?

f:id:longestwoodenbridge:20180124123742j:plain
(この記事は2018年3月7日に内容を一部修正しています)


スキー場へ遊びに行くのは何月が多いですか?


えっ?クリスマスに真っ白なゲレンデで告白をするんですか?

雪がたくさんあるといいですね。「ホワイトクリスマス」の予定が「ブラッククリスマス」にならないように応援してますね。


そちらの方は、年末年始に「家族サービス」を兼ねてスキーと温泉を楽しむんですか?

温泉は最高ですよね。でも混んでいますし、ホテルも高いですよね…


以前のことですが、僕は3月の平日に有給をとってワクワクしながらスキー場に行きました。

そうしたら、平日にもかかわらずゲレンデが混んでいたんです。

混んでいた理由は身近でシンプルなことでした。


というわけで、

『なぜ3月のゲレンデは平日でも混んでるの?答えは身近でシンプルだった!?』

をご紹介します。

3月のゲレンデは平日でも混んでいる

スキー場が混んでいる時期は何月なんでしょうか?


やっぱり「1月」や「2月」の土日が混んでいることが多いと思います。

雪が多く降る時期なので、雪質が良くてサラサラとしているので滑っていても気持ちいいです。


3月ならゲレンデもすいているかな?おまけに平日だから貸し切り状態かも?

なんて思っていたんですよ、僕は。

ホント甘ちゃんでした(笑)


ゲレンデに到着して朝イチから楽しく滑り始めていたら、少しずつ若い人たちが増えきたんです。

最初はすいていたので、シメシメと思って「びゅーん」と楽しく滑っていました。


混み始めてきたので、「何でだろうな?」と思いながら遅めのランチを食べに食堂へ向かったときに、その答えが分かりました。

答えは駐車場に。


そこには大きなマイクロバスが何台も止まっていました。

そうなんです。答えはバスツアーです。


学生の方々は春休みだったんですね。

それで平日なのにゲレンデが混んでいました。


すみません、「身近でシンプル」の答えは「春休みだから」です。

たいしたオチもひねりもありませんでしたが、「春スキー」のことを次でお伝えするので、良かったらこのままお付き合いください。

3月は穴場のゲレンデに行くのもアリ?

3月のゲレンデ選びは、「バスツアーが行かない穴場のゲレンデ」に行ってみるのもオススメです。

ゲレンデの規模が小さいかもしれませんが、マイペースに滑るのも楽しいものです。


たまには、自分が滑ることばかりを考えないで、友達にアドバイスをしながら一緒に滑ってみるのも楽しいです。

あるいは、家族サービスに力を入れて、子供とソリで遊んだり雪合戦をするも楽しいと思います。


いつも行くゲレンデと違うゲレンデで遊んでみると、新しい発見がみつかることもあります。


あ、そうです。スキー場は3月で終わりではありません。4月も滑れるんです。

雪は逃げないので春スキーもオススメ

f:id:longestwoodenbridge:20180124143856j:plain

スキーやスノボーなどのウィンタースポーツは基本的に「冬限定」です。

でも、標高の高い山の雪は気長にスキーヤーやスノーボーダーを待っていてくれます(笑)


3月だからもう滑るのも最後かな?」なんてことはありません。

大丈夫です。春まで滑れる『春スキー』なんてものが。

GWくらいまで滑れるゲレンデがありますよ。


「春スキー」が楽しめるゲレンデで、実際に僕が滑ったことがある2つのゲレンデをご紹介します。

丸沼高原スキー場(群馬)
かぐらスキー場(新潟)

……エリアが限定されていて申し訳ありません。

ほかにも「春スキー」が楽しめるゲレンデはもちろんたくさんあります。

丸沼高原スキー場(群馬)はトップ2,000mの雪質が魅力

まずは群馬の「丸沼高原スキー場」をご紹介します。

標高が2,000mと高いので雪質が良いです。

4月になるとさすがに雪質が落ちますが、GWまで楽しく滑れます。


春スキーならではの「開放感のある雰囲気」が味わえるのも醍醐味です。

あ、日焼け止めをお忘れなく。

忘れてしまうと 白黒のパンダ顔 になってしまうかも(笑)


「丸沼高原スキー場」は、ゴンドラで一気に山頂まで上がると、最長で4kmのロングランが可能です。

僕は途中で足がパンパンになるので休憩しますけど(笑)


>>>丸沼高原スキー場公式サイト


「丸沼高原スキー場」について、1つだけ気になる点があります。

それは、最寄りの関越高速の沼田インターから下道で40kmほど距離があることです。


沼田インターからゲレンデまでの時間は渋滞の具合にもよりますが、60分から90分ほどかかります。

それに比べて、次でご紹介する「かぐらスキー場」は、関越高速の湯沢インターから8kmなのでとても近いです。

かぐらスキー場(新潟)はトップ1,800mのビッグゲレンデ

新潟の「かぐらスキー場」は個人的に1番のおすすめゲレンデです。

新潟と聞くと遠いイメージがありますが、東京からでも日帰りでしっかり1日遊べます。


関越高速の湯沢インターから8kmとアクセスがいいので便利です。

雪で視界が悪い中、峠道を走るのは疲れますよね?

スキー場が高速道路から近いとラクですよ。


標高のトップが1,800mと高いので雪質が良いです。

「かぐらスキー場」も春スキーがガッツリ楽しめます。


「3つのエリア」で構成されている ビッグゲレンデ なので滑りごたえもバッチリ。

初めて遊びに行ったときは、ゲレンデが広すぎて1日で全部のコースがまわれませんでした(笑)


あと、「苗場スキー場」とも ドラゴンドラ という ゴンドラ でつながっています。


「かぐらスキー場」は春スキーに限らず、12月から楽しめるゲレンデです。

良かったら遊びに行ってみてください。


>>>かぐらスキー場公式サイト


そのほかの詳しいオススメ理由は「【かぐらスキー場】東京から日帰りで滑るならココしかない!高速からの距離が重要!?」でご紹介しています。

www.ronburi.com

3月のゲレンデは混んでいるつもりで「心に余裕」をもって滑りましょう

f:id:longestwoodenbridge:20180124144350j:plain

3月は春休みの時期なので、ゲレンデが混んでいることが多いです。


せっかく遊びに行くわけですから「混んでいたら嫌だなぁ」と思うかもしれません。

でも、最初から「混んでいたら仕方ないな」と思っていれば自然と心の余裕もできると思います。


試しに「新しいスキー場」に遊びに行ってみたら、意外と気に入るかもしれません。

お気に入りのゲレンデが増えると、次のゲレンデ選びも楽しくなりますよね。


それから「バスツアー」は便利でお得だと思います。

僕は車でスキー場に行っているので、自分で運転をしなくていいのは羨ましいです。


運転がなければ、気持ちよく滑ったあとの美味しいビールが待ってますからね(笑)

ドライバーの方は絶対に飲んだらダメですよ。


ゲレンデが混んでいたり、すいていたり、渋滞があったり、なかったりと色々とあります。

大切なことは楽しい時間がすごせること。

スキーもスノボーも基本的に「冬限定」のスポーツですから、限られた遊べる期間をみんなで楽しみたいですね。



あわせて読みたい!

>>>スノボーを朝イチから滑る4つのメリット!3つの【すいている】が最高!

www.ronburi.com

>>>スノボーもテニスも早く上手くなるには自分を動画で撮るのが1番の近道!

www.ronburi.com


『なぜ3月のゲレンデは平日でも混んでるの?答えは身近でシンプルだった!?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


>>>当ブログの【スノボー関連】の記事一覧ページへ