ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

夏のテニス|熱中症対策に白い帽子だと汗ジミが目立たなくて洗濯がラク!

f:id:longestwoodenbridge:20180121132318j:plain
(この記事は2018年2月4日に内容を一部修正しています。)


夏でも元気一杯にテニスをされているのは良いことですね。


えっ?何かお困りですか??


私は紫外線でシミができちゃうのが…」「僕もあまり黒くなりたくないんだよね…


う〜ん、そればっかりは「日焼け止めクリーム」を塗りましょう。


ところで、あなたは夏の暑さの中テニスをしているときに「帽子」をかぶっていますか?


最近は年々、最高気温が高くなっていて、熱中症で体調をくずされる方も増えていますよね。


実際に僕は、夏でも帽子をかぶらずにテニスをしていて、軽い熱中症になって倒れたことがあります(笑)


おかげさまで軽い症状だったので、水分補給をして日陰で休憩して治りましたね。


それからは、夏のテニスはちゃんと帽子をかぶってプレーしてますよ。


というわけで、今回は

『夏のテニス|熱中症対策に白い帽子だと汗ジミが目立たなくて洗濯がラク!』

をご紹介します。

頭って実は無防備だよね?シャツもパンツも履いてないからハダカなの!?

f:id:longestwoodenbridge:20180121154410j:plain

頭の「てっぺん」って無防備だと思いませんか?


「上半身」はTシャツを着ていますし、長袖のインナーもあります。


「下半身」は短パンや長パンを履いてますし、タイツみたいなインナーもありますよね。


こうやって考えてみると、頭って服を着てないのでハダカですよね(笑)


しかも、頭は体の1番上にある部位ですから、太陽からの日差しがダイレクトにジリジリと当たります


髪の毛へのダメージもあったりしますよね。


ということは、「頭のケア」って重要だったりしませんか?


帽子をかぶって汗をかくと「ツバ」の裏側に汗ジミや白いラインが!?

f:id:longestwoodenbridge:20180121154545j:plain

帽子をかぶりながらテニスをして汗をかくと、帽子のツバの裏側に「汗ジミ」や「白いライン」ができることがあります。


夏のテニスは大量に"汗"をかきますからね。


僕が困ったことは、帽子のツバの裏側の「白いライン」でした。


この「白いライン」の正体は「汗の塩分」なんですね。


もちろん、ちゃんと洗濯してましたよ(笑)


あ、でも黒い帽子だったので、汗の白いラインがすごく目立ちましたね


最初に気づいたときは"びっくり"しましたよ。


それから、いろいろと考えて調べたら「」が原因だと分かったので一安心でしたけどね。


それ以来、黒い帽子はやめました


今はもう「白」オンリーですよ(笑)


熱中症対策で帽子をかぶってテニスをする5つのメリット!

夏の暑い中、熱中症対策として帽子をかぶってテニスをする5つのメリットは次のとおりです。


太陽の日差しの暑さを軽減する。


汗が目に入るのを少し防いでくれる。


帽子のツバの部分が日差しよけになる。


髪の毛をスッキリまとめてテニスがスッキリできる。


雨が降っても雨が髪の毛を伝って目に入ってくるのを少し防いでくれる。


①夏のテニスは帽子をかぶって熱中症を予防!

f:id:longestwoodenbridge:20180121153532j:plain

夏のテニスの熱中症対策として、帽子をかぶることのメリットの1つ目は、


太陽の日差しから頭を守ってくれる

 → 熱中症の予防になる


僕は帽子をかぶらないで、真夏にテニスをしていて軽い熱中症になりました。


それから必ず帽子をかぶるようになりましたが、帽子があるかないかで全然違いますよ


帽子の生地も"メッシュ"で通気性も良いですし、"ドライ素材"なので汗も乾きやすいです。


②帽子をかぶっていれば汗をかいても目に入りにくい!

f:id:longestwoodenbridge:20180121153614j:plain

夏のテニスの熱中症対策として、帽子をかぶることのメリットの2つ目は、


頭に汗をかいても目に入りにくい

 → 帽子が汗を吸収してくれている


テニスのプレー中に困るのが、この汗が目に入ることなんですよね。


汗が目に入ると、どうしても気になってしまって、一瞬だけ「まばたき」をしてしまいます


そうすると、反応が"コンマ何秒"か遅れるんですよね。


額の汗を手で「ぬぐう」しぐさをすることで、やっぱりプレーに関係ない「余計な動作」をしてしまいます。


つまり「無駄」が増えるんですよね。


帽子をかぶっていれば、帽子が汗を吸収してくれて、汗が目に入ることが減るので、この無駄な動作が少し減るんです。


えっ?そんな細かいことを気にしてたのって思いました??


いやぁ〜、こんな僕にもチョット真剣にテニスをやっていたときがあったんですよね(笑)


③帽子のツバを上手く使えば太陽のまぶしさの軽減に役立つ!

f:id:longestwoodenbridge:20180121153645j:plain

夏のテニスの熱中症対策として、帽子をかぶることのメリットの3つ目は、


帽子のツバで太陽の日差しをさえぎる

 → ツバの部分で太陽のまぶしさが減ります


帽子を前向きにかぶっていると、ツバの部分が「目の上」(おでこの前)にありますよね。


帽子のツバが"良い感じ"でまぶしい日差しから守ってくれるんです。


あ、でも僕は個人的にこの帽子のツバが前にあるのが苦手でした……


帽子のツバが視界に入っているの気になってしまって集中できないんですよね。


なので、ツバを後ろ向きにして帽子をかぶってましたよ(笑)


(プリンス)prince 調整機能付き調光偏光サングラス PSU233 165 ブラック F

(プリンス)prince 調整機能付き調光偏光サングラス PSU233 165 ブラック F

お買い得な「調光偏光サングラス」です。

レンズの色が日差しの強さで「変わる」んですよ

初めて使ったときはビックリしました。


④サラサラの髪の毛をスッキリまとめてテニスに集中!

f:id:longestwoodenbridge:20180121155206j:plain

夏のテニスの熱中症対策として、帽子をかぶることのメリットの4つ目は、


サラサラの髪の毛が風に揺れて目に入るのを防ぐ

 → 帽子をかぶって髪の毛を「まとめる」ことで、プレー中に髪の毛が目に入ることが減る


髪の毛が短い方は特に困ることはないと思います。


でも、髪の毛が長い方がテニスをされていると、"風の影響"や"ご自身の動き"によって髪の毛が流れて揺れて目に入ったりします


特に困るのが「前髪」ですよね。


もちろん、頭の後ろで髪の毛をしばれる長さなら、後ろでシバれば問題ありませんが、そこまで髪の毛が長くないとちょっと困りますよね。


そんなときに活躍するのが「帽子」なんですよ。


⑤帽子をかぶっていれば多少の雨でも大丈夫!

f:id:longestwoodenbridge:20180121154610j:plain

夏のテニスの熱中症対策として、帽子をかぶることのメリットの5つ目は、


雨が降っても雨が髪の毛を伝って目に入りにくくなる

 → 帽子が雨で濡れた「髪の毛」から「水分を吸収」してくれるので目に入りにくくなる


テニスをしていると、ときどき急に雨が降ってくることがあります。


特に最近はスコールのような激しい雨が、いきなり降ってきたりしますよね。


そんな突然の雨のときでも、帽子をかぶっていると便利なんですよ。


帽子をかぶっていないと、髪の毛が雨に濡れますよね。


そうすると、雨が濡れた髪の毛を伝って、顔のおでこを通って目に入ってきます。


これが地味にイラッとするんですよ。


雨の量にもよりますが、ザーザー降っていると「汗」なんかより"バシャバシャ"顔が濡れてきます。


帽子をかぶっていると「ツバ」の部分も良い働きをしてくれて、空から降ってくる雨からあなたを守ってくれますよ(笑)


夏のテニスの熱中症対策の便利なオススメグッズはこれ!

f:id:longestwoodenbridge:20180121153731j:plain

夏の炎天下でのテニスで大切なことはズバリ「予防」です。


帽子は当然ですが、水分補給も大事ですし、アミノ酸なども忘れずに補給したいですね。


真夏は汗が「滝」のように流れます。昔から「塩分補給」も重要だって言いますよね。


アミノ酸のサプリメント」は単品で購入すると高いですが、本数が多い「ケース買い」をすると少しお買い得になります。


1人では使い切るのが難しいので、何人かでシェアして買うのが賢い買い方ですよね。


アミノバイタル プロ 30本入箱

アミノバイタル プロ 30本入箱


30本入」になりますが、「3本入」の物を毎回買うよりは、1本あたり数十円安くなると思いますよ。


夏のテニスの熱中症は帽子で予防!白色なら汗ジミが目立たなくて洗濯がラクチン!

f:id:longestwoodenbridge:20180121155231j:plain

夏のテニスの必需品は「帽子」です。


炎天下のテニスは意外と体への「ダメージが大きい」ですから、事前に「準備」ができて「予防」できることはしておいて損はありません。


水分補給についても、前日の寝る前に多めに水を飲んでおくと熱中症の予防になりますね。


くれぐれもビールなどのお酒の水分じゃないですよ(笑)


炎天下の中、「二日酔い」でテニスをしていて具合が悪くなった人を「何人も」知っています(笑)


夏のテニスには「熱中症対策」に役立つ「帽子」をお忘れなく。


帽子の色は"汗ジミ"などが目立たない「白」が個人的にオススメですよ。


「黒」より暑く感じないので、やっぱり「白」がいいですね。


何より「白」は"さわやか"でカッコよく見えます


あっ、そうですそうです。


くれぐれも帽子を洗うときは帽子だけ洗ってくださいね(笑)


間違っても上の写真のように体ごと洗濯機に突っ込まないように注意してください(笑)



合わせて読みたい!

>>>テニスのリストバンドは汗をふくだけ?否!左右がカラフルでオシャレ??

www.ronburi.com

>>>ユニクロ【ドライEX】ポロシャツ(2018)はメッシュで汗も生地もサラサラ!

www.ronburi.com



『夏のテニス|熱中症対策に白い帽子だと汗ジミが目立たなくて洗濯がラク!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました


>>>当ブログの【テニス関連記事】の一覧ページへ


コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500ml×24本

コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500ml×24本

ダンロップ フォート FORT 2球入り 1箱 30缶/60球

ダンロップ フォート FORT 2球入り 1箱 30缶/60球