ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

テニスのメンタル|性格が優しい人は試合に勝てない!?

f:id:longestwoodenbridge:20180201095532j:plain
練習では上手なんだけど、試合になるとガラッと変わってしまう人っていませんか?


はい、ここにいます。僕のことですか?(笑)


僕は試合になると、極端にテニスのプレーの「レベル」が落ちてしまいます……


練習だとそれなりに上手なんですけどね(自分で言うな笑)


さて、「練習」では普通にできるのに、「試合」になるとできなくなってしまうのには、何か「理由」があるのでしょうか?


いろいろな原因があると思いますが、その1つに「性格」が影響しています。


優しい性格」だと試合に勝てない?


というわけで、今回は

『テニスのメンタル|性格が優しい人は試合に勝てない!?』

をご紹介します。

なぜ優しい性格だとテニスの試合に勝てないのか?

f:id:longestwoodenbridge:20180201100248j:plain

「優しい性格の人」はテニスの試合で勝てないのでしょうか?


答えは必ずしもそうではないですけど、試合を決める「ここぞ」という場面でちょっと気持ちが弱くなることがありますよね。


それが結果として、

勝ちきれない 負けてしまう

ということにつながります。 


では、一般的に「優しい性格の人」とはどのような性格なんでしょうか?


優しい人のテニスの試合の特徴は?相手にも優しい?

f:id:longestwoodenbridge:20180201141819j:plain

「優しい性格の人」のテニスの試合における特徴は次のとおりです。


対戦相手をドンドン追い込むことが苦手

対戦相手の嫌がることをバンバンすることが苦手

微妙なジャッジ(判定)でも争わない

泥臭いプレーが苦手

ゲーム中にいろいろと考えすぎてしまう

緊張しやすい傾向がある


このような特徴がありますね。


あくまで、これらの特徴は僕が考えた特徴になります。


すべてが自分にあてはまるので、書いていて“恥ずかしくなる”というか“嫌になりますね”(笑)


「優しい性格の人」が必ずしも「緊張」しやすいというわけではありませんよ。


割合的に“緊張しやすい人が多い”のかなと、今までのテニス人生を振り返ってみて思いました。


この「緊張」が「勝負の世界」では重要な「」になるんです。


緊張して体が固くなるとプレーにどんな悪影響があるのか?

f:id:longestwoodenbridge:20180201124213j:plain

誰でも「緊張」しますよね?


スポーツに限らなくても、日常の生活の中でもさまざまな「緊張」があります。


“仕事の中”でも緊張はありますし、“学校の中”でも緊張がありますよね。


テニスの試合は「勝ち負け」が結果なので、結果を意識しすぎると緊張してしまいます。


緊張すると“体が固く”なって動きにくくなるんです


そうなると、テニスのプレーにどんな影響があるんでしょうか?


テニスではボールに与える「回転量」が勝敗を分ける!?

f:id:longestwoodenbridge:20180201100308j:plain

テニスはラケットでボールを打つスポーツです。


シンプルですよね。


でもシンプルだからこそ奥が深いです。


テニスは、単純にボールを打てば(打ち返せば)いいわけではないんですよ。


相手のコートに“入れない”とダメなんです。


相手のコートに“入れる”ために必要になるのが、ボールの「回転量」なんですよね。


分かりやすく言うと、ボールに「スピン回転」をかけて、ボールの軌道を落ちやすく変えます。


スピンの回転量が多くなればなるほど、変化も大きくなりますね


野球みたいに、バッターボックスから観客席に向けて打つような感じだとダメですね。


ホームランになってしまって、テニスでは相手にポイントが入ってしまいますよ。


緊張して体が固くなると、ボールの回転量が少なくなってしまうんです。


それはなぜでしょうか?


ボールの回転量はスイングの速さが鍵!

f:id:longestwoodenbridge:20180201100329j:plain

テニスでボールに「回転」をかけるには、ラケットを「速くスイング」する必要があります。


ラケットのスイングの速度以外にも色々とありますが、今回はイメージしやすいようにシンプルに説明しますね。


簡単に言うと、ラケットの「スイングは速い方がいい」です。


緊張すると体が固くなって、動きにくくなりますよね。


テニスで緊張して体が固くなって動きにくくなると、次のようになってしまうんです。


緊張して体が固くなる

ラケットをスムーズに振れなくなる

スイングの速度が落ちる

ボールの回転量が少なくなる

ボールが相手のコートに入らずアウトになる

相手にポイントが入る

負けそうになってアセる

また①へもどる(より緊張の度合いが強くなる悪循環)


このようなことになります。


さらに、中途半端に弱気になってボールを「置きに行く」(おきにいく)と、相手にいいように打ち返されてポイントを取られてしまいます。


※「置きに行く」とは、自分で打つボールがアウトになるのを恐れて、ゆっくりしたボールを打ち返す意味のことです。


なんか負のスパイラルですよね・・


解決策は慣れと開き直り!?

f:id:longestwoodenbridge:20180201100700j:plain

一言で「メンタル」と言いますが、なかなか簡単なようで難しいですよね。


すぐに治るようなものでもありませんし、個性の1つですからね。


「解決策」なんて偉そうに書いていますが、僕は今も悩み続けていますよ。


あ、でも楽しみながら悩んでいます(笑)


あまり深刻に考えすぎると、テニスがつまらなくなりますからね。


解決策は、緊張やプレッシャーに「慣れる」のが1番だと思います。


言うのは簡単ですが、めちゃめちゃ難しいことですよね。


緊張やプレッシャーに飲み込まれないで、上手に「気楽に付き合っていける関係」になれたら、試合も楽しくなるに違いありません。


たまには、思いっきり「開き直って」、ポジティブ全開で試合をしてみると、案外新しい自分の「プレースタイル」が見つかるかもしれませんよ


優しい性格も良い持ち味!負けてもまた次の試合が待っている

f:id:longestwoodenbridge:20180201095842j:plain

「性格が優しい人」はテニスの試合では、簡単に勝てないのかもしれません。


緊張すると、いつもの自分のテニスができなくなってしまいます。


でも、相手も緊張しますし、誰でもするものですよね。


無理に「緊張しない」と考えすぎないで、良い意味で「適当に緊張と仲良くなれる」のが理想なのかなと思います。


試合の最中に「勝ち負け」のことばかりを考えても、テニスは面白くないですよね。


自分が“ツラくなる”だけです。


自分の「良いプレー」を楽しみ、対戦相手の「良いプレー」にも刺激をもらって、ゲームの「ドキドキ」を楽しみたいですよね


結局、結果は“あとからついてくる”ものですから。


負けても次の試合が待っています。


反省すべきところは反省して、次に向けてまた練習しましょう。


何でも『楽しむこと』がシンプルで大事なことですよね。



合わせて読みたい!

>>>スポーツの団体戦の醍醐味は?応援したり応援されたりするのはプライスレス!

www.ronburi.com

>>>子供のテニスのやる気がない|モチベーションを簡単に上げる方法は?

www.ronburi.com



『テニスのメンタル|性格が優しい人は試合に勝てない!?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました


>>>当ブログの【テニス関連】記事の一覧ページへ


コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500ml×24本

コカ・コーラ アクエリアス エアーボトル 500ml×24本