ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

ユニクロ【エアリズム】タイツ|1990円のコスパ最強な万能タイツ!

f:id:longestwoodenbridge:20180416100500j:plain
(この記事は2018年3月25日に内容を一部修正しています)


運動するときに履く「タイツ」が欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない。

なんでタイツってあんなに「値段の差」があるんだろ?

タイツなんて「薄い生地」でできているだけじゃん。


はい、少し落ち着いてください。


確かに運動のときに履く「コンプレッションタイツ」は、種類が多すぎて僕も全部のメーカーは分かりません(笑)

それに、高いタイツは「数万円」もします。


最初に高いタイツを買ってみて、自分に合わなかったらショックですよね。


そこで「初めてのタイツ」にピッタリなタイツがあるんです。

気になるお値段は「1,990円


この値段なら、もし実際に履いてみて「ちょっと自分には合わなかったな」なんて思っても、それほど落ち込まないですよね。

まあ履いてみて落ち込むようなショボいタイツではないので、そんなことにはなりませんけど(笑)


あ、色が「黒」しかないので、そこは我慢してください。


今年はタイツを履いて、楽しく運動して、気持ちのいい汗を流しましょう


というわけで、

『ユニクロ【エアリズム】タイツ|1990円のコスパ最強な万能タイツ!』

をご紹介します。

ドライEXハーフパンツとセットで購入!

f:id:longestwoodenbridge:20180213211358j:plain

今回ご紹介する「エアリズム」パフォーマンスサポートタイツを購入したきっかけは、ユニクロの「ドライEX」ハーフパンツです。


店内をぶらぶらと見学しているときに「ハーフパンツ」を見かけて、そのとき一緒に「エアリズムのタイツ」も見つけました。

ちょうど運動用の「短パン」が欲しかったので「ハーフパンツ」はお買い上げ。


隣にあった「エアリズムのタイツ」も自転車用にピッタリだなと思って即買いしてしまいました。


ドライEXハーフパンツ」の詳しい内容は「ユニクロ【ドライEXハーフパンツ(2018)】サラサラ×メッシュ=1人4役!?」でご紹介しています。

www.ronburi.com


クロスバイク(自転車)に乗っているときに困るのが「ズボンのすそ」

自転車はペダルをこぐときに、ズボンの“すそ”がヒラヒラして汚れやすいんです。


タイツを履いていると“すそ”のヒラヒラがないので、汚れる心配がなくなります。


試しに「ハーフパンツ」とエアリズムの「サポートタイツ」を一緒に履いて自転車に乗ってみました。

軽くて動きやすくて楽しかったです


ドライEXの「ハーフパンツ」は軽くてサラサラ。

エアリズムの「サポートタイツ」も適度な締め付け具合でフィット感も良かったです。


自転車以外のスポーツにもオススメです。

ジョギングやランニング
テニス
ゴルフ
ハイキングや登山

ほかにもありますが、スポーツ全般オッケーです。


足腰を動かす仕事のときにも、履いているとサラッとした肌ざわりなので、汗をかいてもズボンへのベタつきを防いでくれます

ユニクロ「エアリズム」サポートタイツの特徴

f:id:longestwoodenbridge:20180213205501j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180213205520j:plain
(出典:ユニクロ公式サイト

ユニクロのエアリズム「ハイパフォーマンスサポートタイツ」の特徴を公式サイトから引用してお伝えします。

エアリズムならではの、なめらかな素材感で肌触りが良い。


はいた瞬間、ひんやり気持ちいい接触冷感機能。


汗をかいても乾きやすいドライ機能。


タイツ用のキックバックが強めの素材を使っているので、動きに対する戻りがあって疲労軽減になる新素材を開発。


一般のスポーツタイプのように締め付けることなく、自然にフィットするタイツ。


長時間着用しても違和感がなく、快適なはき心地。


縫い目が平らなフラットシーマ縫製で、肌当たりはなめらか。


ランニングから仕事まで、日常のあらゆるシーンの疲れにくさをサポートする究極のタイツ。



引用元:ユニクロ公式サイト


このような特徴があるタイツです。


不思議とひんやり感じる肌ざわりは「エアリズム」ならでは。

締め付け感もきつすぎない感じで、適度なフィット感で動きやすいのもポイント。


汗をかいてもサラッとしているので、運動のときのサポートタイツとして良い感じですね。


【SKINSと並べてみました】
f:id:longestwoodenbridge:20180416141453j:plain

試しに4、5年前に買った「SKINS」のタイツと軽く比べてみました。


「SKINS」の方が締め付け感がしっかりある感じです。

太ももの横の部分や、膝から下の部分の“立体的な作り”は「SKINS」の方が細かく複雑に仕上げてあります。


コスパを考えると、ユニクロの「1,990円」という価格がすごいなあと個人的に思います。


エアリズムが汗をかいてもサラッとしている仕組みは「毛細管現象」にヒントがあります

詳しい内容は「エアリズムの『仕組み』『特徴』『えっ、そうだったの?』まとめ」でご紹介しています。

www.ronburi.com

ユニクロ「エアリズム」サポートタイツの仕様

f:id:longestwoodenbridge:20180213205850j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180213205904j:plain
(出典:ユニクロ公式サイト

ユニクロのエアリズム「ハイパフォーマンスサポートタイツ」の仕様は次のとおりです。

価格:1,990円

カラー:ブラック(1色)

素材
(本体):67%ポリエステル、21%キュプラ、12%ポリウレタン

(ウエスト部分):53%ナイロン、32%ポリエステル、15%ポリウレタン

このような仕様になっています。


残念なのが色が「ブラック」しかないこと。何色かあると選ぶ方も楽しいですよね。


「1,990円」という価格は、お買い得というか超お買い得?


有名メーカーの値段が高いコンプレッションタイツは「1万円」を超えますからね…


そう考えると「約2,000円」という値段は破格です。

使い勝手も性能も良いので、お値段以上の「タイツ」です。

「エアリズム」サポートタイツのメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180416141759j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416141816j:plain

ユニクロのエアリズム「ハイパフォーマンスサポートタイツ」のメリットは次のとおりです。

適度なサポート感

軽くて履き心地が良い

ひんやりサラッとした肌ざわり

汗がベタつかない

仕事から運動まで幅広く使える

お買い得な価格

このようなメリットがあります。


1番のポイントは「1,990円」というお買い得な価格からは想像できない機能性と使い勝手の良さです。

趣味の運動のときも
仕事のときも

履いていれば足腰の疲れが軽減されます。


家の中で「普段着」として着るのもアリです。

「短パン1枚」でブラブラしているより、タイツを履いていたらシュッと見えませんか?(笑)

それに座ったり動いたりするのもラクです。

「エアリズム」サポートタイツのデメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180416142057j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416142115j:plain

ユニクロのエアリズム「ハイパフォーマンスサポートタイツ」のデメリットは次のとおりです。

色がブラックしかない

締め付け感(着圧)が弱く感じるかも?

このようなデメリットがあります。


カラーバリエーションは残念ながら黒しかありません。

カラフルな色が選べるとオシャレな感じで履けるので、そこは新色に期待ですね。


「コンプレッションウェア」としての「締め付け感(着圧)」については、個人的には「SKINS」の方がしっかりしている(キツめ)ように感じました。


ユニクロの「サポートタイツ」も適度なフィット感で普通に良いので問題はありません。


有名メーカーのタイツを1万円以上で買うか?

ユニクロのエアリズムタイツを1,990円で買うか?

どちらを選びますか?


もちろん、ほかにもお買い得なタイツはたくさんあります。


「1,990円」という値段を考えたら、ユニクロの「エアリズムのサポートタイツ」が強敵です。

お買い得な値段が強烈すぎます。

エアリズム「パフォーマンスサポートインナー」シリーズにトップスが追加!

f:id:longestwoodenbridge:20180213163842j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180213163903j:plain
(出典:ユニクロ公式サイト

ユニクロのエアリズムの「パフォーマンスサポートインナー」に種類が増えました。


「タイツ」だけではなく「トップス」もラインナップに追加。

長袖タイプ」と「半袖タイプ」の2種類です。

あと「タイツ」にも短い「ハーフタイツ」が加わりました。


「上下セット」で着用できるようになったので、選ぶ楽しみが増えました。

ただし、この新しい「トップス2種類」と「ハーフタイツ」には注意点があります。


それは『+E』という記載が商品名のうしろにあること。

この『+E』は、「超大型店」と「オンラインストア」限定という意味です。


詳しい内容は「ユニクロの商品名にある『+』『+E』『+EC』の意味は?」でご紹介しています。

www.ronburi.com


「トップス2種類」と「ハーフタイツ」については、今後購入して記事にする予定です。


ーーーーー
追記:2018年3月11日
エアリズムの「サポートTシャツ(長袖)」について記事にまとめました。


正直、「着圧感」は有名メーカーのものより少し弱く感じました。

でも、全体的に“やわらかい着圧感”で、「エアリズム」のサラッとした肌ざわりも良かったです。


詳しい内容は「ユニクロ【エアリズム】サポートTシャツ(長袖)|ピッタリフィットなら運動はもっと楽しくなる」でご紹介しています。

www.ronburi.com
(追記はここまで)
ーーーーー


【パフォーマンスサポートシリーズとドライEXシリーズの価格一覧表】

商品名 価格
ロングタイツ 1,990円
ハーフタイツ 1,500円
長袖サポートTシャツ 1,990円
半袖サポートTシャツ 1,500円
ドライハーフパンツ 1,990円
ドライポロシャツ 1,990円
ドライTシャツ 1,500円


あらためて表にして見てみると安いです(笑)

好きな組み合わせで選べるのが楽しいですね。


ドライEXの「ポロシャツ」や「Tシャツ」の半袖の下に、長袖の「サポートTシャツ」を合わせるのもアリです。

普通の「ロングTシャツ」だと腕を動かしたときに生地が擦れますが、「サポートTシャツ」はタイツみたいな形状なのでピッタリフィットで擦れません。


長袖タイプだと「日焼け防止」にもなるので、日焼け対策としてもオススメ

仕事から趣味まで幅広くサポートしてくれるコスパ最強タイツ!

f:id:longestwoodenbridge:20180213210554j:plain

ユニクロのエアリズム「パフォーマンスサポートタイツ」は、冗談抜きでコスパ最強です。


1,990円」でこれだけの性能だったら、正直ほかのメーカーのタイツを選ぶのが難しく感じます。


お買い得なのに「機能性」も優れていますからね。

初めてのタイツにピッタリです。


運動のときだけでなく、仕事のときも下に履いていると疲労軽減につながります。


タイツを履くのに慣れてくると、足を適度に包んでギュッとしてくれる感じがヤミつきになりますよ(笑)


ユニクロの「ドライEX」シリーズのシャツやパンツと相性が良いので、良かったら試してみてください。


日常のいろいろなシーンで「エアリズムのサポートタイツ」にサポートしてもらいましょう。


運動をするときには「エアリズムシリーズ」は涼しくて動きやすいので、運動不足の解消にもなりますね。

気持ちよく汗をかいたあとの、キンキンに冷えたビールが楽しみです(笑)



あわせて読みたい!

>>>ユニクロの『エアリズム』&『ドライEX』シリーズまとめ

www.ronburi.com

>>>ユニクロ×ジャンプのコラボTシャツが激アツ【UT】オススメまとめ!

www.ronburi.com


『ユニクロ【エアリズム】タイツ|1990円のコスパ最強な万能タイツ!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【ユニクロ商品レビュー】の一覧ページへ