ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

ユニクロ【ドライEXハーフパンツ(2018)】サラサラ×メッシュ=1人4役!?

f:id:longestwoodenbridge:20180416173624j:plain
(この記事は2018年3月1日に内容を一部修正しています)


夏の暑いときは、どんな「ズボン(パンツ)」を履きたいですか?

長ズボン(長パン)ですか?

短パンですか?


やっぱり短パンの方がスッキリして良いですよね。


それでは続けてお尋ねします。

「家の中で履く短パン」と「外出するときに履く短パン」は別々の・・・短パンですか?


家の中の普段着にも履けて
外出するときにも履けて
おまけに趣味の運動をするときにも履ける

こんなに使い勝手がいい「ハーフパンツ」があったら便利だと思いませんか?


実際にあるんです。


その便利なハーフパンツが、ユニクロの『ドライEXハーフパンツ』です。

「ドライEXハーフパンツ」は1人で4役もこなす“スーパー役者”なんです(笑)

はたして「4役」とは具体的にどんな「役」でしょう?


というわけで、

『ユニクロ【ドライEXハーフパンツ(2018)】サラサラ×メッシュ=1人4役!?』

をご紹介します。

「ドライEXハーフパンツ」は1人4役!脇役から主役まで!?

f:id:longestwoodenbridge:20180416173757j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416173813j:plain

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」は幅広いシーンで活躍する短パンです。

1着持っていればだいたいオッケー。


主役級の活躍をするときもあれば、脇役のような地味な活躍をすることもあります(笑)


『1人4役』の活躍する4パターンは次のとおりです。

スポーツ
部屋着
パジャマ
外出着

それでは具体的にみていきましょう。

①スポーツ全般何でもオッケー!

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」が1番活躍するシーンはスポーツのときです。

ドライ素材はサラッとしていて速乾性に優れているので、汗をかく運動にはピッタリ。


・ジョギング
・自転車
・テニス
・ゴルフ
・バスケ
・登山やハイキング
・散歩やウォーキング
・室内のスポーツジム

基本的に何でも大丈夫です。



f:id:longestwoodenbridge:20180210210306p:plain
サイドの縦ラインのメッシュ加工


ウエスト部分やパンツのサイドには「メッシュ加工」(上や下の写真)があるので、汗の湿気も外に出やすいです。


ウエストのゴム部分のメッシュ加工

f:id:longestwoodenbridge:20180416173957j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416174012j:plain


運動をして汗をかくときは、ジメジメよりもサラッとした快適な気分で汗を流したいですよね。


②部屋着で履いても軽くて快適!

「ドライEXハーフパンツ」は軽くて履き心地が良いので、運動のときだけでなく、普段の部屋着としても快適に使えるんです。


例えば、部屋の掃除や片付けをするときも動きやすいです。

ソファーや机で本を読んでいるときも、薄くて軽いので生地が擦れるストレスがないですね。


③パジャマとして履いても寝汗がスッキリ爽快!

部屋着として履いていて、そのままパジャマがわりに寝てしまっても問題ありません。


むしろ、「ドライEXハーフパンツ」はドライ素材なので、寝汗をかいてもジットリせずサラッとしているので、ぐっすりとサクッと寝れます


一日中、ずっと活躍してますね(笑)


スポーツで汗をかいたときは早く着替えた方が良いので、2枚あると便利です。

まずは1着買ってみて使い勝手を試してみてください。


その上で気に入ったら2着目を違うカラーで選ぶのも良いですよね。

1着「1,990円」なので、2着買っても「4,000円」です。


④外出するときに履いてもシンプルな短パン!

「ドライEXハーフパンツ」はシンプルなデザインです。

夏にはこれ1枚を履いていれば、外出するときでも全然大丈夫


部屋着にはいいけど「外に出るときにはちょっと恥ずかしいかも」っていう短パンがありますよね?

僕は中学のときに履いていたハーフパンツを、今でも部屋着で履いてます(笑)


「ドライEXハーフパンツ」の特徴

f:id:longestwoodenbridge:20180416174248p:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416174300p:plain

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」の特徴を公式サイトから引用してお伝えします。

・今季のアップデートポイントはココ!ストレッチ性をアップさせ、さらに動きやすく。


・ウエストはメッシュゴムにして通気性アップと軽量化を実現。


・超速乾素材であるドライEXで、サラッとした肌触りをキープ。


・汗をかいた後のにおいを抑える抗菌防臭機能をプラス。


・強すぎない杢カラーなど、カジュアルスタイルに使いやすいカラーをラインアップ。


・アクティブにもスポーツにも日常にも、あらゆるシーンで使えるLifeWear



引用元:ユニクロ公式サイト


このような特徴があります。

それでは順番にみていきましょう。

ストレッチ性アップ!

「ドライEXハーフパンツ」は軽い生地でストレッチが適度に効いているので動きやすいです。

試しに自転車に乗って激しくペダルをこいでみましたが、太もも も動かしやすくて足全体もストレスなく動きやすかったです。


部屋の中で「腕立て伏せ」「腹筋」「スクワット」などのトレーニングを一通りやってみましたが、スゴく動きやすかったですね。

ウエスト部分のメッシュゴム加工で通気性アップ!

「ドライEXハーフパンツ」のウエスト部分には「メッシュゴム加工」がされています。

ウエスト部分にメッシュ加工があるので、短パンの中の湿気が「メッシュの穴」から外に出てスッキリします


「ウエストのゴムの部分」と「お腹」がくっついて、汗でジットリしているときってありませんか?


少し気になったので「ハーフパンツの中の湿気がどうやって外に出るのか?」を考えてみました。


下の方向」へ湿気が出ていくときは、太ももとハーフパンツのスキマから湿気が外に出ていきます。


上の方向」へ湿気が出ていくときは、通常はウエスト部分が「ゴム」や「ひも」で締まっています。

なので、湿気が「上の方向」には(ウエスト部分を通って)出にくいです。


だったら、ウエスト部分のゴムのところを『メッシュ加工にすれば通気性がアップ』するんじゃない?

と勝手に思いました(笑)これは個人的な意見です。


下の写真のように「ドライEXハーフパンツ」のウエスト部分の「オモテ面」と「裏面」がメッシュ加工になっているので、湿気がうまく抜けやすくなっています。


f:id:longestwoodenbridge:20180416173957j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416174012j:plain


メッシュのパターンもそれぞれ違っていて、

内側の裏面は細かいメッシュ
外側のオモテ面は粗いメッシュ

と工夫されています。

超速乾素材のドライEXがサラッと!抗菌防臭効果も?

f:id:longestwoodenbridge:20180210171839j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180210171854j:plain
(出典:ユニクロ公式サイト

「ドライEXハーフパンツ」の素材は100%ポリエステルです。

ドライEXと抗菌防臭については上の写真のイメージ。


「ドライEX素材」なのでサラッとした肌ざわりで、汗をかいてもジメジメしにくいです。

カラバリは3色の「杢カラー」?

「ドライEXハーフパンツ」のカラーバリエーションは、グレー、ブラック、ブルーの3色

シンプルなデザインなので履きやすくて使い勝手がいいです。


杢カラー」→「もくカラー」と読むんですけど、僕は最近まで読めませんでした。


ユニクロの同じドライタイプの「ポロシャツ」を購入して、いろいろと調べたときに初めて読めました(笑)

杢カラー(もくカラー)」の意味は、木目のように濃い色と薄い色が混ざり合った色の生地のことです。


遠目には1色に見えますが、よく見ると濃淡(のうたん:濃い色と淡い色)の2色が混ざり合っているように見えます。


詳しい内容は、「ユニクロ【ドライEX】ポロシャツ(2018)はメッシュで汗も生地もサラサラ!」でご紹介しています。

www.ronburi.com

「ドライEXハーフパンツ」の仕様

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」の細かい仕様は次の通りです。

価格:1,990円

素材:100%ポリエステル

カラーグレー、ブラック、ブルー(全3色)


素材は「ポリエステル100%」なので、汗をかいても乾きやすくてサラッと着れて便利ですね。


「綿100%」と「ポリエステル素材」の特徴(メリットやデメリット)を知っていると、洋服選びにも役立って、毎日を快適にすごせます。


詳しい内容は「綿100%とポリエステル混合は何が違うの!?素材の良さを活かした着方とは?」でご紹介しています。

www.ronburi.com


カラーバリエーションについては、今回購入したのは「ブルー」ですが、実際の見た感じは「ネイビー?」のように見えます。

僕はネイビーだと思って買いました(笑)


それと、最初は「グレー」にしようかなと思いましたが、「汗をかくと濡れて黒くなって目立つかな?」と思ったのでブルーにしました。


ブルー(個人的にはネイビーだと思う)とブラックのような「濃い色」だと、汗をかいても多少は目立ちにくいです。

「ドライEXハーフパンツ」のメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180416174748j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416174800j:plain

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」のメリットは次のとおりです。

動きやすくて通気性が良い

軽くて履き心地が良い

どんなスポーツにもピッタリ

内側のフタ付き?の小さいポケットが小銭や鍵入れに便利

ウエスト部分は「ゴム」と「ひも」の2つで便利

洗濯をしてもすぐに乾く

エアリズムのタイツと合わせて使うと、見た目も良くて機能性も良い

お手頃な値段

このようなメリットがあります。


生地がサラサラで薄いので、激しく動いても問題ありません。

ジョギング、サイクリング、テニス、ゴルフなどの外での運動にもピッタリ。


室内のスポーツジムにも、汗をかいてもベッタリせず乾きやすいのでオススメです。

スポーツ全般にオススメできます。


それと、「内側」(お腹の前)にある「小さなポケット」がとても便利。

サイズ的に、「小銭」や「鍵」などの小物を入れるのにピッタリです。


下の写真のように、「フタがしまる感じ」なので、激しく動いても、中に入れた物が外に出てしまうこともなく安心できます。


ポケットの拡大写真:フタがしまる感じ

f:id:longestwoodenbridge:20180416174959j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416175013j:plain


鍵2本、500円と100円硬貨を収納

f:id:longestwoodenbridge:20180416175150j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416175203j:plain


外側の左右にある「普通のポケット」に入れた場合だと、

自転車でペダルをこいでいるとき
ジムで横になってバーベルを上げるとき
激しくジャンプしたとき(?)

ポケットからポロッと物が落ちてしまう危険性があります


ウエストは「ゴム」と「ひも」の2種類なので、少し余裕があるときは「ひも」で調整できるのも便利です。

「ドライEXハーフパンツ」のデメリット

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」のデメリットは次のとおりです。

カラバリが少ない(3色のみ)

生地がかなり薄いので下着がスケやすい?

このようなデメリットがあります。


カラーバリエーションについては、グレー、ブラック、ブルーの3色だけなんです。

もう少し色の種類があると選ぶときも楽しいです。


あとは、生地が薄いので下着がスケやすい感じがします。

特に下着の色が派手なタイプだったり、動いて汗をかいたあとは注意が必要です。


詳しくは次でお伝えします。

生地が薄いので下着選びに要注意!?

f:id:longestwoodenbridge:20180416175536j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416175549j:plain
【左側の写真が前側、右側の写真が後ろ側(お尻)】

「ドライEXハーフパンツ」の生地はすごく薄くて軽いです。

履き心地は良いですし、激しく動いても軽いのでストレスがありません。


ここで大切な注意点が1つ


それは「下着の色」です。

別にヘンな意味じゃないです(笑)


「ドライEXハーフパンツ」は生地が薄くて、横にはメッシュの縦ラインが入っています。

結果として、意外と下着がスケやすい


参考に上の写真を見てください。

後ろ側がスケてうっすらと見えてます。ユニクロの赤いロゴも確認できます。


ラインナップにある「グレー」のように薄い色のハーフパンツだと、下着の色が目立ちやすいと思います。

特に派手な色の下着だと目立ってしまいます(笑)


ハーフパンツと「同系色の下着」だと目立ちにくいので、良かったら参考にしてください。

「エアリズムのタイツ」との相性が抜群!

f:id:longestwoodenbridge:20180416175714j:plain

「ドライEXハーフパンツ」はそれだけでも使いやすい便利な短パンです。

ですが、

エアリズムのタイツ」と一緒に履くともっと便利になるんです。


タイツを履くと足をピッタリと包んでくれるので、激しく動いても、

すその部分がヒラヒラしない
ズボンみたいに生地が擦れる感触もない

ので便利です。


例えば、自転車に乗るときにタイツを一緒に履いていると「足首にはズボンのようにすそがない」のでペダルをこいでも汚れにくいです。


また、ペダルを激しくこいでも「ズボンのように生地がこすれる感触もない」ので全力で思いっきりこげます(笑)


「登山」や「ハイキング」のときにもタイツだと歩きやすいですよね。


僕はクロスバイクに乗るのが趣味ですが、実際に「エアリズムのタイツ」を一緒に履いて自転車に乗ってみましたが、適度なサポートがあって良かったですね。


エアリズムのタイツ」の詳しい内容は、「ユニクロ【エアリズム】タイツ|1990円のコスパ最強な万能タイツ!」でご紹介しています。

www.ronburi.com

万能短パンの「ドライEXハーフパンツ」をガンガン使い倒そう!

ユニクロの「ドライEXハーフパンツ」は、幅広いシーンで履ける万能なハーフパンツ

値段も「1,990円」とお買い得なので、1着持っていると便利です。

もう一日中ずっと履いていられる短パンです(笑)


個人的に残念なのは、カラーバリエーションが3色しかない点です。

グレー、ブラック、ブルーの3色なので、全部落ち着いた系統の色。


もう少し明るい色があると、夏にピッタリなんですけどね。


「ドライEXハーフパンツ」は、

軽くて
サラッとして
涼しくて
乾きやすくて
防臭機能もあって
動きやすい

便利なハーフパンツです。


f:id:longestwoodenbridge:20180211041411j:plain


スポーツ
部屋着
パジャマ
外出着

と幅広く履けます(1人4役)


お買い得な「1,990円」なので、1着持っていても損はない「ハーフパンツ」ですよ。



あわせて読みたい!

>>>ユニクロの『エアリズム』&『ドライEX』シリーズまとめ

www.ronburi.com

>>>ユニクロ×ジャンプのコラボTシャツが激アツ【UT】オススメまとめ!

www.ronburi.com


『ユニクロ【ドライEXハーフパンツ(2018)】サラサラ×メッシュ=1人4役!?』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【ユニクロ商品レビュー】の一覧ページへ