本・読書案内

高野和明【幽霊人命救助隊】人生に疲れていた僕の気持ちを軽くしてくれた

更新日:

僕にとってとても心に残っている本をご紹介します。

それは高野和明さんの『幽霊人命救助隊』です。

すごいタイトルですよね。

 

この本に出会ったのは僕が人生に少し疲れていたときでした。

 

キテレツなタイトルにひかれたのか、

それとも養老孟司さんの書いた帯にひかれたのか、

今となってはハッキリと覚えていません。

 

でもなぜか不思議と興味をひかれて、この本を手に取っていました

 

というわけで、

『高野和明【幽霊人命救助隊】人生に疲れていた僕の気持ちを軽くしてくれた』

をご紹介します。

 

高野さんの別作品 高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?








目次(タップすると移動します)

あらすじ

あらすじを簡単にご紹介します。

 

主人公たち4人が、突然神様から「100人の命を救うように」と命令されるところから物語が始まります。

心にさまざまな問題を抱える人々を助けるために奔走していきます。

 

いろいろな道具を駆使しながら、試行錯誤を繰り返して、人命救助に挑戦をしていくわけです。

最後は無事に100人の命を救うことができるのか

ドキドキハラハラする展開の中で、心に響く感動のエピソードもあったりします。

 

感想

いきなり神様が出てくる展開で驚かされました。

「えっ、そういうことなの」と驚きながらも一応は納得しましたけど。

でもこの先の展開はこれで大丈夫なのか、という不安は正直ありました。

 

主人公たちが活動を進めて行く過程で、登場する道具がとても個性的で面白いんです。

僕はドラえもんみたいだなあと少しだけ思ったりしました。

 

それから、主人公たち特有の個性を生かしながらどんどん人々を助けていきます。

「憑依」(これ以上は秘密です)とかは「おっ、そうくるわけね」と一人でニヤっとしたりしていました。

 

借金問題・家庭問題・うつ病・いじめや孤独などの問題に、主人公たちがケースバイケースで対応していきます。

このような問題についても、自分自身で考えてみるいい機会になりました。

 

後半からラストまではもう一気読みです。

最後は、ほっこりにんまりで終わりです。

家族のつながりについて、しんみりと考えさせられました。

 

僕の心に響いたフレーズ

僕の心に響いたフレーズをご紹介します。

 

「なあ」静まり返った空気の中に、八木の声が響いた。

「今まで頑張ってきて、一つ気がついたことがあるんだが」

「何です?」と市川。

 

この世に絶望している連中の心の中さ。生きていた頃の俺自身を含めてな。死のうとしてる奴らが怖れるのは未来だ。この先、いいことなんか何もないと思い込んでる。

 

だがな、誰も預言者じゃねぇ。

ノストラダムスの大予言だって見事に外れたんだ。

 

つまり、俺が言いたいのは、と八木は視線を泳がし、言葉を探した。

「未来が定まっていない以上、すべての絶望は勘違いである」

 

引用元:『幽霊人命救助隊』P568

 

未来が定まっていない以上、すべての絶望は勘違いである

このフレーズは当時の自分にとって、とても心に響きました。

 

すぐに気持ちを切り替えて、思考や行動をかえることは難しいことです。

でも心の中にこの言葉を置いておくと、少しでも前向きになれると僕は思いました。

 

笑顔と勇気

最初は本のタイトルが個性的だったので、正直期待はしていませんでした。

しかし、その反動というかギャップに見事に裏切られました。

 

読み終わったあとに自然とクスッと笑っていた自分がいました。

笑顔と勇気

 

この言葉を本から分けてもらいました。

まだまだやり直せるのかな、と前向きになるきっかけを与えてくれた本です。

 

 

高野さんの別作品 高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

「13階段」って何のことか分かりますか? 「13階段」という言葉は、日本では「死刑執行」の隠語として使われています。   残酷な内容なんですが『絞首刑の台の階段が13階段』ということからきて ...

続きを見る

 

 

『高野和明【幽霊人命救助隊】人生に疲れていた僕の気持ちを軽くしてくれた』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログの【本・読書案内】の一覧ページへ

 

津川友介【究極の食事】信頼できる健康情報はエビデンスが強い

「炭水化物さえ減らせばステーキでも焼肉でも好きな物を食べていい」 実はコレ間違っていたんです。   この記事でご紹介する 「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」 には勉強になることがたくさん書かれていました。   著者の津川友介さんは、エビデンス(科学的根拠)のレベルが重要だと述べています。   本の中では、食べ物と健康について、『科学的根拠があるもの』と『ないもの』をハッキリと言っているのでわかりやすいです。 この本を読んで、自分の食事について真剣に考えるようにな ...

続きを読む

石原壮一郎【大人の超ネットマナー講座】心に余裕のある大人はカッコいい

ネットマナーは意外と難しいです。 実際に僕は軽く失敗をしたことがあります。   その失敗というのは『ツイッターのアカウントを消した』ことです。 アカウントを消した理由は次の失敗が原因です。 なれなれしい口調 無計画なフォロー 自分で勝手に傷ついた   それからはネットマナーについて自分なりに勉強しました。 そこで1冊の本と出会ったんです。   その本が石原壮一郎さんの『大人の超ネットマナー講座』です。 ストレートな表現でとてもテンポが良いので、あっという間に読めました。 &n ...

続きを読む

遠藤美季【脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0】ネットとリアルのバランスが大切

ネットやスマホに依存していませんか? 一日に何時間使っていますか?   ネットがない生活をおくることはなかなか難しいです。 それだけネットが身近なものになっています。   でも、今回ご紹介する「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」という本を読んで少し考えがかわりました。 今はネットやスマホから適度に距離をおいてみようと思っています。   というわけで、 『遠藤美季【脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0】ネットとリアルのバランスが大切』 をご紹介します。   大人のネッ ...

続きを読む

高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

「13階段」って何のことか分かりますか? 「13階段」という言葉は、日本では「死刑執行」の隠語として使われています。   残酷な内容なんですが『絞首刑の台の階段が13階段』ということからきています(ほかにも諸説あります)   ですが実際の階段は13段と決まっていません。 段数はさまざまです。   この記事では「13階段」がタイトルになっている小説をご紹介します。 そのままですが、高野和明さんの『13階段』です。 手に汗を握るスリリングな展開で、思わずラストまで一気に読んでしま ...

続きを読む

真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リアルな雰囲気が秀逸

「経済小説って何か難しそうな感じでちょっと苦手かも…」と思っていませんか? でもそんなことはありません。 読み始めてみると意外とスラスラ読めたりするんです。   社会経済のことが勉強になったり、 それをきっかけに興味をもって自分で調べ始めたりと、 「ミステリー」や「恋愛小説」とは、また違った面白さと奥深さがあります。   初めて読む経済小説にピッタリな作品をご紹介します。 真山仁さんの『ハゲタカ』です。   というわけで、 『真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リア ...

続きを読む

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりました。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『ヒー ...

2

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコが不足していませんか? もし「最近は足りてないかも・・」と思われたなら、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを着てください。   ...

3

(出典:ユニクロ)   シームレスとは縫い目がないことです。 縫い目がないと、どのようなメリットがあるのでしょうか?   縫い目の穴がポイント 普通に糸で縫うと小さな縫い目ができる ...

4

(出典:ユニクロ)   ヒートテックシリーズで最も暖かい『超極暖』 その実力をクロスバイクに乗って確かめてきました。   結果は失敗でした…。 超極暖は着るシーンを選びます。 &n ...

5

  「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかな ...

6

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

7

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコした毛足の長いボアフリースが、上半身を優しく包み込んでくれます。 着た瞬間から、その『暖かさ』と『心地よさ』に夢中になってしまうことでしょう。 &nb ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.