本・読書案内

石田衣良【5年3組リョウタ組】先生と生徒の熱い心のつながりに思わず感動

更新日:

小学生のときの担任の先生を覚えていますか?

いろいろな先生がいると思いますが、熱血で真っ直ぐな理想の先生をご紹介します。

 

その先生は本の中にいました。

石田衣良さんの『5年3組リョウタ組』の良太先生です。

 

というわけで、

『石田衣良【5年3組リョウタ組】先生と生徒の熱い心のつながりに思わず感動』

をご紹介します。

 

幽霊が人助け? 高野和明【幽霊人命救助隊】人生に疲れていた僕の気持ちを軽くしてくれた








あらすじ

『5年3組リョウタ組』のあらすじを簡単にお伝えします。

主人公の中道良太先生はストレートな熱血先生です。

 

良太先生に対して、同学年のクラスを受け持つ渋谷龍一先生は超クールな先生です。

二人のテンポのいいやりとりで物語が進んで行きます。

 

  • いじめ問題
  • 同僚の先生に対するパワハラ問題
  • 生徒の家族にまつわる少年犯罪問題

などについて、良太先生がまっすぐに向き合い、解決を目指してひたすら突き進んでいく物語です。

 

感想

『5年3組リョウタ組』を読み終わったあとは、心地よい爽快感につつまれました。

 

主人公の良太先生は、茶髪でいつもジャージにシルバーのネックレス。

それに対して同僚の渋谷先生は、スーツにメガネでスポーツカーに乗っているクールな完璧男。

 

ヤンキー対ミスターパーフェクト。

どっちが主役だよって思いましたけど。

 

物語が進むにつれ二人の友情もどんどん深まっていきます。

こんな友人がいたらいいなあとうらやましくもなりました。

 

良太先生は泥臭いんですが、子供のことを第一に考えていてカッコいいんです。

全然守りになんか入りません。

むしろ攻めっぱなしのアクセル全開という感じです。

 

あとは良太先生とマドンナ的な存在の山岸先生との恋愛話があるんです。

最後はどうなるのかとドキドキワクワクします。

 

山岸先生が素敵なんですよね(ちなみに良太先生より年上)

最終的な恋愛の結果は意見が分かれると思います。

 

良太先生が最後まで子供たちと一緒に真剣に考えて、悩んで成長していく姿は、読みながらとても共感が持てました。

 

懐かしい小学生時代を思い出した

僕の小学校時代は、すごく厳しい先生がいた記憶があります。

なんか恐かった思い出が多いですね。

 

確か小学校時代は毎日ドッジボールをしていました。

楽しかった給食で思い出すことは、ソフト麺とミルメークです。

 

ソフト麺はパスタ(より太くて)とうどん(より細い)の中間みたいな麺で、ミートソースで食べましたね。

ミルメークは牛乳(当時はビン牛乳)に混ぜる粉で混ぜるとコーヒー牛乳になる魔法の粉です。

 

ミルメークはビン牛乳を少しだけ飲んでおくのがコツです。

飲まずにミルメークの粉を入れると、ビンから牛乳があふれてしまいますからね。

 

理想の熱血先生は小説の中にいた

『5年3組リョウタ組』を読み終わったあとの気持ちは、感動と爽快感でいっぱいです。

理想の熱血先生は小説の中にいましたね。

 

石田衣良さんの隠れた名作を良かったら読んでみてください。

懐かしい小学生時代を思い出すかもしれませんよ。

 

 

幽霊が人助け? 高野和明【幽霊人命救助隊】人生に疲れていた僕の気持ちを軽くしてくれた

高野和明【幽霊人命救助隊】人生に疲れていた僕の気持ちを軽くしてくれた

僕にとってとても心に残っている本をご紹介します。 それは高野和明さんの『幽霊人命救助隊』です。 すごいタイトルですよね。   この本に出会ったのは僕が人生に少し疲れていたときでした。 &nb ...

続きを見る

 

 

『石田衣良【5年3組リョウタ組】先生と生徒の熱い心のつながりに思わず感動』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログの【本・読書案内】の一覧ページへ

 

津川友介【究極の食事】信頼できる健康情報はエビデンスが強い

「炭水化物さえ減らせばステーキでも焼肉でも好きな物を食べていい」 実はコレ間違っていたんです。   この記事でご紹介する 「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」 には勉強になることがたくさん書かれていました。   著者の津川友介さんは、エビデンス(科学的根拠)のレベルが重要だと述べています。   本の中では、食べ物と健康について、『科学的根拠があるもの』と『ないもの』をハッキリと言っているのでわかりやすいです。 この本を読んで、自分の食事について真剣に考えるようにな ...

続きを読む

石原壮一郎【大人の超ネットマナー講座】心に余裕のある大人はカッコいい

ネットマナーは意外と難しいです。 実際に僕は軽く失敗をしたことがあります。   その失敗というのは『ツイッターのアカウントを消した』ことです。 アカウントを消した理由は次の失敗が原因です。 なれなれしい口調 無計画なフォロー 自分で勝手に傷ついた   それからはネットマナーについて自分なりに勉強しました。 そこで1冊の本と出会ったんです。   その本が石原壮一郎さんの『大人の超ネットマナー講座』です。 ストレートな表現でとてもテンポが良いので、あっという間に読めました。 &n ...

続きを読む

遠藤美季【脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0】ネットとリアルのバランスが大切

ネットやスマホに依存していませんか? 一日に何時間使っていますか?   ネットがない生活をおくることはなかなか難しいです。 それだけネットが身近なものになっています。   でも、今回ご紹介する「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」という本を読んで少し考えがかわりました。 今はネットやスマホから適度に距離をおいてみようと思っています。   というわけで、 『遠藤美季【脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0】ネットとリアルのバランスが大切』 をご紹介します。   大人のネッ ...

続きを読む

高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

「13階段」って何のことか分かりますか? 「13階段」という言葉は、日本では「死刑執行」の隠語として使われています。   残酷な内容なんですが『絞首刑の台の階段が13階段』ということからきています(ほかにも諸説あります)   ですが実際の階段は13段と決まっていません。 段数はさまざまです。   この記事では「13階段」がタイトルになっている小説をご紹介します。 そのままですが、高野和明さんの『13階段』です。 手に汗を握るスリリングな展開で、思わずラストまで一気に読んでしま ...

続きを読む

真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リアルな雰囲気が秀逸

「経済小説って何か難しそうな感じでちょっと苦手かも…」と思っていませんか? でもそんなことはありません。 読み始めてみると意外とスラスラ読めたりするんです。   社会経済のことが勉強になったり、 それをきっかけに興味をもって自分で調べ始めたりと、 「ミステリー」や「恋愛小説」とは、また違った面白さと奥深さがあります。   初めて読む経済小説にピッタリな作品をご紹介します。 真山仁さんの『ハゲタカ』です。   というわけで、 『真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リア ...

続きを読む

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりました。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『ヒー ...

2

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコが不足していませんか? もし「最近は足りてないかも・・」と思われたなら、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを着てください。   ...

3

(出典:ユニクロ)   シームレスとは縫い目がないことです。 縫い目がないと、どのようなメリットがあるのでしょうか?   縫い目の穴がポイント 普通に糸で縫うと小さな縫い目ができる ...

4

(出典:ユニクロ)   ヒートテックシリーズで最も暖かい『超極暖』 その実力をクロスバイクに乗って確かめてきました。   結果は失敗でした…。 超極暖は着るシーンを選びます。 &n ...

5

  「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかな ...

6

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

7

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコした毛足の長いボアフリースが、上半身を優しく包み込んでくれます。 着た瞬間から、その『暖かさ』と『心地よさ』に夢中になってしまうことでしょう。 &nb ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.