本・読書案内

真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リアルな雰囲気が秀逸

更新日:

「経済小説って何か難しそうな感じでちょっと苦手かも…」と思っていませんか?

でもそんなことはありません。

読み始めてみると意外とスラスラ読めたりするんです。

 

社会経済のことが勉強になったり、
それをきっかけに興味をもって自分で調べ始めたりと、

「ミステリー」や「恋愛小説」とは、また違った面白さと奥深さがあります

 

初めて読む経済小説にピッタリな作品をご紹介します。

真山仁さんの『ハゲタカ』です。

 

というわけで、

『真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リアルな雰囲気が秀逸』

をご紹介します。

 

忘れた記憶と冤罪 高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?








『ハゲタカ』について

ハゲタカというとハイエナと同じように、砂漠で動物の死肉を食べているハゲタカを思い浮かべるかもしれません。

 

この小説でいうハゲタカとは、

日本のバブル景気がはじけたあとに外国資本が一気に日本の企業を買収し、

まさに日本を食いつくしていく姿をあらわしています。

 

『ハゲタカ』は小説のほかにもNHKでドラマになっていたり、映画になっています。

ドラマだと「大森南朋さん」や「柴田恭兵さん」がでています。

ドラマも結構面白かったです。

 

小説も人気があるので続編が出ています。

シリーズ2の「バイアウト」(小説版はハゲタカ2)

シリーズ3の「レッドゾーン」と出ています。

 

あらすじ

『ハゲタカ』の内容を簡単にお伝えします。

アメリカの投資ファンド会社・社長の鷲津政彦(わしづ)が日本の企業を買い叩いていく話です。

 

いろいろな嫌がらせや妨害行為をされます。

しかし、それらについては鷲津が常に一歩先を行くかたちで手玉に取っていきます。

 

また銀行員である芝野健夫がもう一人の重要な登場人物として鷲津と関わってきます。

後半は栃木県のホテルの買収問題に舞台を移して、鷲津と芝野に加えて別の外資が加わり激しい駆け引きを繰り広げていきます。

 

鷲津と芝野の間についても、実はつながっていた見えなかった過去が判明します。

そして最後に明らかになる鷲津が日本を買い叩く理由とは。

ラストが気になりますね。

 

感想

『ハゲタカ』を読んだ感想を一言であらわすと「リアル」です。

リアルで面白くて、もうあっという間に読み終わりました。

 

作者の真山さんは新聞記者をされていたんです。

『ハゲタカ』の内容の一部は、実際の銀行の統廃合の問題などをモデルにしています。

新聞記者の経験があるからこそ、リアルな描写が書かれているわけです。

 

登場人物も個性的で良い味を出しています。

鷲津のチームにいるツンデレなパートナーや、オタクだけど切れ者の弟的な部下(二人とも外国人)とのやりとりも面白いです。

 

それから、銀行員の芝野がまたシルバーグレーなカッコいいおじさんで活躍するんです。

銀行員(バンカー)と聞くと、有名な「半沢直樹」を思い浮かべる方が多いことでしょう。

本作の芝野はかなりイメージが違います。

 

銀行に関してはドロドロした話がでてきます。

ホントは銀行ってこんなところなの?」と驚いたのと同時に、「やっぱり銀行で働く人は大変なんだろうなあ」としみじみ思いました。

 

小説の内容が金融機関に関係していますから、難しい言葉とかが出てきます。

でもとても丁寧に書かれているので分かりやすかったです。

 

むしろなかなか味わえない『企業買収』や『銀行の独特の世界』が味わえて興味深かったです。

 

『ハゲタカ』を読みながら

  • 「そんなふうにしてるんだ」
  • 「えーそういうことなの」
  • 「横文字かっこいい」

と一人で盛り上がって読んでいました。

 

経済小説を読んでリアルな雰囲気を味わう

経済小説を読むと自分自身の勉強にもなります。

自分の日常生活では経験できないことを知るきっかけにもなります。

 

普段読むジャンルと違う作品を読んでみるのも新鮮で面白いです。

新しい発見があるとワクワクしますよね。

まだ経済小説を読んだことがなかったら、ぜひ『ハゲタカ』を読んでみてください。

 


 

忘れた記憶と冤罪 高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

「13階段」って何のことか分かりますか? 「13階段」という言葉は、日本では「死刑執行」の隠語として使われています。   残酷な内容なんですが『絞首刑の台の階段が13階段』ということからきて ...

続きを見る

 

 

『真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リアルな雰囲気が秀逸』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログの【本・読書案内】の一覧ページへ

 

津川友介【究極の食事】信頼できる健康情報はエビデンスが強い

「炭水化物さえ減らせばステーキでも焼肉でも好きな物を食べていい」 実はコレ間違っていたんです。   この記事でご紹介する 「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」 には勉強になることがたくさん書かれていました。   著者の津川友介さんは、エビデンス(科学的根拠)のレベルが重要だと述べています。   本の中では、食べ物と健康について、『科学的根拠があるもの』と『ないもの』をハッキリと言っているのでわかりやすいです。 この本を読んで、自分の食事について真剣に考えるようにな ...

続きを読む

石原壮一郎【大人の超ネットマナー講座】心に余裕のある大人はカッコいい

ネットマナーは意外と難しいです。 実際に僕は軽く失敗をしたことがあります。   その失敗というのは『ツイッターのアカウントを消した』ことです。 アカウントを消した理由は次の失敗が原因です。 なれなれしい口調 無計画なフォロー 自分で勝手に傷ついた   それからはネットマナーについて自分なりに勉強しました。 そこで1冊の本と出会ったんです。   その本が石原壮一郎さんの『大人の超ネットマナー講座』です。 ストレートな表現でとてもテンポが良いので、あっという間に読めました。 &n ...

続きを読む

遠藤美季【脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0】ネットとリアルのバランスが大切

ネットやスマホに依存していませんか? 一日に何時間使っていますか?   ネットがない生活をおくることはなかなか難しいです。 それだけネットが身近なものになっています。   でも、今回ご紹介する「脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0」という本を読んで少し考えがかわりました。 今はネットやスマホから適度に距離をおいてみようと思っています。   というわけで、 『遠藤美季【脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0】ネットとリアルのバランスが大切』 をご紹介します。   大人のネッ ...

続きを読む

高野和明【13階段】死刑執行までのタイムリミットに間に合うのか!?

「13階段」って何のことか分かりますか? 「13階段」という言葉は、日本では「死刑執行」の隠語として使われています。   残酷な内容なんですが『絞首刑の台の階段が13階段』ということからきています(ほかにも諸説あります)   ですが実際の階段は13段と決まっていません。 段数はさまざまです。   この記事では「13階段」がタイトルになっている小説をご紹介します。 そのままですが、高野和明さんの『13階段』です。 手に汗を握るスリリングな展開で、思わずラストまで一気に読んでしま ...

続きを読む

真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リアルな雰囲気が秀逸

「経済小説って何か難しそうな感じでちょっと苦手かも…」と思っていませんか? でもそんなことはありません。 読み始めてみると意外とスラスラ読めたりするんです。   社会経済のことが勉強になったり、 それをきっかけに興味をもって自分で調べ始めたりと、 「ミステリー」や「恋愛小説」とは、また違った面白さと奥深さがあります。   初めて読む経済小説にピッタリな作品をご紹介します。 真山仁さんの『ハゲタカ』です。   というわけで、 『真山仁【ハゲタカ】初めての経済小説にピッタリ|リア ...

続きを読む

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりました。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『ヒー ...

2

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコが不足していませんか? もし「最近は足りてないかも・・」と思われたなら、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを着てください。   ...

3

(出典:ユニクロ)   シームレスとは縫い目がないことです。 縫い目がないと、どのようなメリットがあるのでしょうか?   縫い目の穴がポイント 普通に糸で縫うと小さな縫い目ができる ...

4

(出典:ユニクロ)   ヒートテックシリーズで最も暖かい『超極暖』 その実力をクロスバイクに乗って確かめてきました。   結果は失敗でした…。 超極暖は着るシーンを選びます。 &n ...

5

  「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかな ...

6

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

7

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコした毛足の長いボアフリースが、上半身を優しく包み込んでくれます。 着た瞬間から、その『暖かさ』と『心地よさ』に夢中になってしまうことでしょう。 &nb ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.