スノボー スポーツ・趣味

スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう

投稿日:2017年12月25日 更新日:

スキーやスノボーで楽しく遊んだあとに車の下回りを洗っていますか?

もし何もしていなかったら、
大切な車がサビてしまったり、ひどいときには穴があいてしまうこともあります。

 

サビの原因は道路にまかれている『白い粉』のせいです。

白い粉は融雪剤ゆうせつざい』といって、主な成分は『塩化カルシウム』です。

 

なるべく早めに車の下回りを洗ってあげると、サビの予防ができます。

 

というわけで、

『スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう』

をご紹介します。



スポンサーリンク


SAの休憩ついでの洗車が楽チン

スキーやスノボーで遊んだ帰り道には、高速道路のサービスエリア(SA)で休憩することが多いですよね。

SAでは美味しいご当地グルメが食べれるので休憩にはピッタリです。

 

休憩と一緒に車を洗うことができたら便利だと思いませんか。

実はSAによっては『コイン洗車機』があるんです。

 

帰りの高速道路で洗車をすれば自宅に帰ったらすぐ寝れます

遊び疲れてクタクタになっていますから、少しでも早く寝ることができたら翌日がラクですよね。

 

僕は関越自動車道を使うことが多いんですが、2か所コイン洗車機があるSAを利用しています。

全国の高速道路で、洗車機があるSAを検索できるサイト「ドラぷら」のリンクを張っておくので、よかったら使ってみてください。

 

>>>ドラぷら:洗車施設があるサービスエリア検索(外部リンク)

 

関越道(上り)のコイン洗車機があるSA

関越道(上り)でコイン洗車機があるSAは「赤城高原SA」と「高坂SA」です。

コイン洗車機は、ジェットガンで高圧洗浄ができるので車が簡単にキレイになります。

 

高圧洗浄の流れは次のとおりです。

まず、ライフル銃みたいな物(ここから水が出る)を持って車をねらってしっかり構えます。

 

そうすると、そこからものすごい強い水圧で「ブッッシャーー!!!」と水が出て、汚れがみるみると落ちていくんです。

僕は初めて使ったときに、強力すぎて高圧水が出た瞬間の反動で銃口がおもいきりブレました(笑)

 

『ちょっと強く握りすぎかも』くらいの感覚でジェットガンを握って腰を落としておくと安定します。

意外と楽しいのでストレス発散にもなります

 

注意ポイント

高坂SAは東京に近いのでコイン洗車機が混んでいることがある

 

注意ポイント

赤城高原SAは空いていますが、洗った後にまた雪が降ることもある

 

融雪剤の成分と使用目的

融雪剤とは

Q:そもそも融雪剤って何ですか?

A:雪や氷などを溶かすものです。

 

成分

Q:融雪剤の成分は何ですか?

A:塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化マグネシウムなどです。

 

雪が溶ける理由

Q:融雪剤をまくと、どうして雪が溶けるの?

A:塩化カルシウムなどの成分が溶けて「凝固点降下ぎょうこてんこうか」により「融点ゆうてん」が下がるからです。

 

凝固点降下と融点

Q:「凝固点降下」とか「融点」とか難しいこと言って、ごまかすつもりなの?

A:いえいえ。「凝固点降下」と「融点」を分かりやすく説明します。

 

水は零度で凍りますが、塩を溶かすと零度では凍らなくなります。

ちなみに食塩濃度25%の食塩水だとマイナス22度にならないと凍りません。

これが「凝固点降下」です。

 

「融点」は固体が溶けて液体になる温度のことです。

つまり、雪に塩をまくと、氷点下でも「凝固点降下」によって「融点」が下がって、雪が溶けるということです。

 

融雪剤で車がサビる原因

Q:融雪剤で車がサビるのはどうして?

A:融雪剤は最初にお答えしたように「塩化物えんかぶつ」です。

簡単に言うと「塩」がサビの原因です。

なぜ塩でサビが起こるのか詳しいメカニズムをお伝えした方がいいですか?

 

ーーーーー
Q:ぐっ…、そっ、そのくらい分かるわよ。海の近くの家だと、ベランダの物干し竿もすぐにサビるのと同じことでしょ。

A:(同じことだけど、サビのメカニズムは酸素や水分が………まぁいっか)
はい、そのとおりです。

 

ーーーーー
Q:なんとなく分かったような気がするわ。ありがとう。

A:いえ、どういたしまして。

 

スポンサーリンク

SAで人も車もリフレッシュ

スキーやスノボーで楽しく遊んでリフレッシュするのは楽しいです。

ゲレンデに行って帰ってきた車はどうしても汚れてしまいます。

 

早めに車の下回りの洗車をしてあげると、車もよろこぶはずです。

コイン洗車機なら500円くらいで簡単に洗えます。

ジェットガンも楽しいです。

 

SAなら休憩と一緒に洗車ができて便利ですよ。

SAで人も車もリフレッシュしましょう。

 

 

『スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【スノボー】の一覧ページへ

スポンサーリンク

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   ユニクロとジャンプのコラボTシャツに新商品が続々と追加されます。 ワンピースの感動のシーンやドラゴンボール、幽遊白書、ナルトなどの名シーンが新たに登場しました。 &n ...

2

「少し肌寒いから、上に1枚だけ服を着たいんだけど…」 「でも、厚手の服を着ると、逆に暑くなりそうだし…」   このような感じで、洋服選びに困るシーンがありませんか? 『寒くて困る、暑くても困 ...

3

(出典:ユニクロ)   「え、ユニクロのTシャツにあのゴンさんが!?」 「うそ、ヤムチャしやがってまであるの・・」   そうなんです。あるんです。 ユニクロと週間少年ジャンプのスペ ...

4

「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかなか選べないです ...

5

(出典:ユニクロ)   「Tシャツと短パンを別々に買うのって面倒くさいよね?」 「それに別々で買うと思ったより高くなるし…」   確かにシャツとパンツを別々に買うのは面倒ですし、思 ...

6

「Tシャツもいいけど、やっぱり襟があるポロシャツってカッコいいよね」 「でもポロシャツだと汗をかいたときにベッタリしない?」   襟のあるポロシャツは僕も大好きです。 でもカッコいいポロシャ ...

7

(出典:ユニクロ) エアリズムのポロシャツは、『ポケットがあるタイプ』と『ないタイプ』があります。 さらにそこから『ポケットがあるタイプ』が2種類にわかれます。   全部で3タイプのエアリズ ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.