日用品レビュー

アスベルの真空断熱マグカップ|冷めにくくて可愛いデザイン

更新日:

 

寒いときはコーヒーが冷めやすいです。

僕はコーヒーが好きなんですが、いつも気がつくとヌルくなって困っていました。

 

そこで新しく真空断熱マグカップを探すことに。

真空断熱マグカップといえば「サーモス」が有名ですが、今回は「アスベル」の真空断熱マグカップを選びました。

 

使ってみてスグに気に入りました。

ポイントは次の2つです。

 

  • 2時間あつあつ
  • 見た目が可愛らしい

 

というわけで、

『アスベルの真空断熱マグカップ|冷めにくくて可愛いデザイン』

をご紹介します。

 

関連 【無香料・無着色】すっきり飲みやすいハーブティー







アスベルの真空断熱マグカップを使ってみた感想

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)MG-S330Nのパッケージ

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」を使ってみた感想は次のとおりです。

  • 熱々を長時間キープ
  • 安定した形で使いやすい
  • 見た目が可愛い

 

普通のマグカップだと冷めやすかったコーヒーが2時間たっても熱々で飲めました。

1時間後でもフタをあけたら湯気がモウモウしてます。

 

スッキリしたデザインでシンプルな形です。

容量も「330ml」とたっぷり入ります

 

少し ずんぐりむっくり した形で机に置くと安定します。

ギュッとした見た目も個人的に可愛く思っています。

 

アスベル真空断熱マグカップ(シャンパンゴールド)

アスベル真空断熱マグカップ(パールホワイト)

 

MG-S330Nの保温性能

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」はホットコーヒーが2時間後でも十分に温かく飲めます

3時間後はさすがに少しぬるかったですけど…。

 

パッケージにある「保温性能」のグラフをみてみましょう。

 

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)MG-S330Nのパッケージの温度変化のグラフ

このグラフによるとマグカップのフタを閉めて使うと、「95℃」の飲み物の温度が次のようにかわります。

  1. 1時間後:95℃ → 70℃
  2. 2時間後:95℃ → 60℃
  3. 3時間後:95℃ → 50℃

 

このように温度がかわると書かれています。

気になったので実際にどうなのか検証してみました。

 

実際に保温性能を検証してみた

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」の保温性能を実際に検証してみました。

ここからは僕の個人的な感覚でお伝えします。

 

まず、電気ポットのお湯(98℃)でコーヒーを作ります。

検証スタートです。

 

15:30:検証スタート。当然コーヒーは熱々

16:09:熱々で湯気もモウモウ(30分後)

16:36:熱々だけど②よりは少し温度が下がった感じ(1時間後)

16:58:熱めで湯気も出ている

17:37少し熱めの感じ(2時間後)

18:37:しっかりぬるい(3時間後)

 

このような検証結果になりました。

2時間後でもしっかり温かく飲むことができました

 

1時間後だったら熱いです。

フタをずらすと湯気がもわーっと出てきます。

 

3時間後はさすがにぬるかったです。

検証するためにコーヒーを少しずつ飲んだので、量が減った影響もありそうですね。

 

メリット

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)パールホワイト(MG-S330N)

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)シャンパンゴールド(MG-S330N)

(ホワイトとシャンパンゴールドの2色)

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」のメリットは次のとおりです。

2時間しっかり温かい
たっぷり330ml入る
飲み口が金属じゃない
置いても安定している
シンプルでオシャレなデザイン

このようなメリットがあります。

 

デザインは好みがあるかもしれませんが、個人的にはとても気に入っています。

色は「ホワイト」も「シャンパンゴールド」もキレイな仕上がりです。

それぞれの色を1個ずつ買いましたが、帰ってからシャンパンゴールドの取り合いになりました(笑)

 

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)パールホワイト(MG-S330N)の飲み口を閉じた状態

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)パールホワイト(MG-S330N)の飲み口を開いた状態

(フタの「スライド部分」を閉めた状態と開けた状態)

 

飲み口の部分の素材が「ポリプロピレン」なので金属の飲み口が苦手な方にオススメです。

逆に金属の飲み口がいいという方には合いません。

 

細長いデザインではないので、机やテーブルの上に置いても安定します。

重心が低く横のサイズも大きいので、多少押したくらいではビクともしません。

 

デメリット

アスベル真空断熱マグカップ(330mL)パールホワイト(MG-S330N)のフタをはずした状態

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」のデメリットは次のとおりです。

フタのスライド部分が最初はカタい
洗ったあとの置き場所に困る

このようなデメリットがあります。

 

フタのスライド部分が最初はカタくて上手く開け閉めができませんでした

でも、しばらく使っているうちに自然とスムーズに動くようになりました

初めて使うときに「あれっ?」と思うかもしれませんが、しばらく使ってみてください。

 

洗ったあとの置き場所については、どうしても場所をとってしまいます。

大きさの問題はどうしようもありませんが、気持ちの問題で何とかなります。

 

僕は使い続けていたら ずんぐりむっくり した形に愛着がわいてきたんです。

『何となく可愛いかも?』

一度このように愛着がわくと、置き場所に困ったときもジャマだとは思わなくなりました(笑)

 

シンプルデザインでたっぷり入って2時間アツアツ

アスベルの「真空断熱マグカップ(MG-S330N)」はとっても気に入りました。

趣味の読書のときもコーヒーが冷めずにゆっくりと飲めます。

おかげで今は大好きな本の世界により集中できています。

 

大きくて「330ml」も入るので使い勝手もいいです。

一度満タンまで入れれば、冷めにくいので長時間マイペースに飲めます

 

何度も飲み物を入れ直しに行くのも面倒くさいですよね。

地味ですがゆったりくつろげるポイントです。

 

アスベル真空断熱マグカップ(シャンパンゴールド)

アスベル真空断熱マグカップ(パールホワイト)

 

関連 【無香料・無着色】すっきり飲みやすいハーブティー

 

 

『アスベルの真空断熱マグカップ|冷めにくくて可愛いデザイン』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログの【日用品レビュー】記事の一覧ページへ

 

折れやすいのはどっち?やわらか歯間ブラシとガム・ソフトピックを比較

歯間ブラシはメーカーによって、かなり値段や使い勝手が違います。   この記事では次の2つの歯間ブラシを比較してみました。 小林製薬の『やわらか歯間ブラシ』 サンスターの『ガム・ソフトピック』   結果もだいぶ違いました。 お手頃だけど折れやすい ちょっと高いけど折れにくい   というわけで、 『折れやすいのはどっち?やわらか歯間ブラシとガム・ソフトピックを比較』 をご紹介します。   >> ホットアイマスク【あずきのチカラ】目・首・肩にも使えてコスパ良すぎ 目次(タ ...

続きを読む

アスベルの真空断熱マグカップ|冷めにくくて可愛いデザイン

  寒いときはコーヒーが冷めやすいです。 僕はコーヒーが好きなんですが、いつも気がつくとヌルくなって困っていました。   そこで新しく真空断熱マグカップを探すことに。 真空断熱マグカップといえば「サーモス」が有名ですが、今回は「アスベル」の真空断熱マグカップを選びました。   使ってみてスグに気に入りました。 ポイントは次の2つです。   2時間あつあつ 見た目が可愛らしい   というわけで、 『アスベルの真空断熱マグカップ|冷めにくくて可愛いデザイン』 ...

続きを読む

ホットアイマスク【あずきのチカラ】目・首・肩にも使えてコスパ良すぎ

疲れ目に効きそうなアイテムを探していました。 すぐに思いついたものが「ホットアイマスク」です。 使い捨てだともったいないので、くり返し使えることが条件でした。   悩んだ結果『あずきのチカラ』というアイマスクを購入しました。 購入を決めた最大の理由は、レンジで温めるだけで250回もくり返して使えることです。 エコで安上がりですよね。   というわけで、 『ホットアイマスク【あずきのチカラ】目・首・肩にも使えてコスパ良すぎ』 をご紹介します。   >> カモミールにミントをブレ ...

続きを読む

無印良品のデスク内整理トレー|組み合わせ自由でムダな隙間がなくなる

机の引き出しの中がグチャグチャになって困っていませんか? 筆記用具がバラバラに ポイントカードがあちこちに 説明書が何冊も 実際に僕の引き出しの中はこのような状態でした…。   このままではマズイと思って引き出しの中を整理するアイテムを探しました。 そこで見つけたのが、今回ご紹介する『無印良品のデスク内整理トレー』です。   購入を決めた理由は次のとおりです。 トレーの組み合わせが自由 スペースを無駄なく使える 追加で買える『仕切板』で微調整ができる   というわけで、 「無 ...

続きを読む

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりました。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『ヒー ...

2

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコが不足していませんか? もし「最近は足りてないかも・・」と思われたなら、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを着てください。   ...

3

(出典:ユニクロ)   シームレスとは縫い目がないことです。 縫い目がないと、どのようなメリットがあるのでしょうか?   縫い目の穴がポイント 普通に糸で縫うと小さな縫い目ができる ...

4

(出典:ユニクロ)   ヒートテックシリーズで最も暖かい『超極暖』 その実力をクロスバイクに乗って確かめてきました。   結果は失敗でした…。 超極暖は着るシーンを選びます。 &n ...

5

  「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかな ...

6

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

7

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコした毛足の長いボアフリースが、上半身を優しく包み込んでくれます。 着た瞬間から、その『暖かさ』と『心地よさ』に夢中になってしまうことでしょう。 &nb ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.