クロスバイク

100均の手袋でクロスバイクに乗ったら普通に快適|100円でしっかり節約

更新日:

自転車アイテムを全部そろえようとすると結構な額の出費になります。

やっぱり少しでも節約ができたらうれしいですよね。

 

この記事では、冬に買った3つの『節約自転車アイテム』をご紹介しています。

  1. 手袋その1
  2. 手袋その2
  3. マジックテープのバンド

 

3つとも「100円ショップ」で買ったので全部で300円です。

とっても節約ができました。

 

というわけで、

『100均の手袋でクロスバイクに乗ったら普通に快適|100円でしっかり節約』

をご紹介します。

 

関連>> 初心者が最初の1台に【5万円】のクロスバイクを選ぶべき3つの理由







①滑り止めがついて伸びる手袋

クロスバイクに乗るときはグローブ(手袋)をはめた方がいいです。

とくに冬は寒さで手が凍ってしまいますからね。

クロスバイクはスピードが早い分だけ、風もビュービューと強くなります。

 

自転車用のグローブは安くて1,000円以上します。

 

僕はできるだけ節約したかったので、悩みながらも「100円ショップ」のグローブ(手袋?)に決めました

とりあえず使ってみて、ダメだったらまた考えようかなと。

なんといっても100円ですから。

 

選んだ手袋は表面がゴムっぽくて伸びるタイプです。

風を通しにくそうで、滑り止め加工もあったのが選んだポイントです。

 

使ってみた感想は全然普通に使えました。もう100円で大満足です。

①適度な伸縮性があり、ハンドルを握りながらブレーキやギアの操作がしやすい

②手のひら部分の滑り止め加工もいい感じでグリップする

 

②防寒対策用に重ねる普通の手袋

あまりの寒さに耐えきれず、重ねてはめる手袋を買いました。

ごく普通の綿の手袋です。

 

感想はとても暖かくなって良かったです。おかげでハンドルもバッチリ握れました。

ただ1つだけ注意点があります。

 

長時間クロスバイクに乗っていると汗をかきやすいことです。

手袋を2枚重ねているわけですからね。

 

まあこればっかりは仕方ないと思います。

寒くて手が冷たくなって痛くなるよりはマシです。

 

でも手袋を2つ買っても200円ですから、結果的にかなり節約できました。

『自転車専用のグローブじゃなくてもいいかな』と思ったら100円ショップも選択肢に入れてみてください。

 

③ズボンの裾を止めるバンド

クロスバイクに乗っていて困ることは、ズボンの裾が汚れやすいことです。

ペダルをこいでいるときにズボンの裾がチェーンに当たって汚れるからです。

 

そこで活躍するアイテムが「マジックテープのバンド」です。

上の写真のバンドは自転車用ではありませんが、ヒラヒラするズボンの裾をとめるにはピッタリです。

 

マジックテープなのでとめたりハズしたりも簡単で使いやすいです。

2本セットなので、もう1本は『かさばる物をしばったり』などと別の使い方ができます。

意外と便利ですよ。

 

100円ショップでメリハリ節約

最初に自転車アイテムを全部そろえるのはたいへんです。

いろいろなアイテムがたくさんありますからね。

 

1000円以上する専用グローブか、100円の手袋か。

節約できた分で「ヘルメット」や「空気入れ」といった安全に関わるものを買ってみるのも1つの選び方です。

 

節約できる部分はメリハリをつけて節約して、楽しく自転車に乗りたいですよね。

 

関連>> 初心者が最初の1台に【5万円】のクロスバイクを選ぶべき3つの理由

 

 

『100均の手袋でクロスバイクに乗ったら普通に快適|100円でしっかり節約』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログの【自転車・クロスバイク】の一覧ページへ

ESCAPE R3の簡単カスタム|2000円のサドルバッグ(TOPEAK)は収納上手

  サドルバッグの大きさに迷っていましたが、真ん中をとってMサイズにしました。 Sサイズを買って小さかったら後悔しそうですし、Lサイズを買って大きかったらやっぱり後悔しそうで…。   人気のある『TOPEAK(トピーク)』を選びました。 シンプルなデザインでスッキリ収納できる優れものです。   というわけで、 『ESCAPE R3の簡単カスタム|2000円のサドルバッグ(TOPEAK)は収納上手』 をご紹介します。   関連 サドルの交換 目次(タップすると移動しま ...

続きを読む

ESCAPE R3の簡単カスタム|TOPEAKのボトルケージがスタイリッシュ

  クロスバイクにつけるボトルケージを探していました。 悩んだ結果、Amazonの『ベストセラー1位』の商品を買いました。   TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2です。 シンプルなデザインで、使い勝手も良かったのでスグに気に入りました。   幅の調整ができて、いろいろなサイズの飲み物が入るのが特徴です。   専用ボトルを持っていない僕のような初心者にピッタリなボトルケージです。 飲み物をコンビニで買ったり、自販機で買ったりと、毎回バラバラなので調整ができる ...

続きを読む

ESCAPE R3の簡単カスタム|2000円で揃えるパンクお守りセット

毎日クロスバイクに乗っていますが、パンク修理用のアイテムを何も持っていませんでした。 最近さすがにヤバイかなと思い始めたんです。   まだパンクしたことはありませんが、自転車に乗っていればいつかはパンクしますよね。 そのときにあせらないためにパンク修理キットを探しました。   全然詳しいことがわからないので、Amazonで調べて『ベストセラー1位』や『ランキング1位』の商品から選びました。 3つのアイテムを購入して合計2,000円とちょっとでした。 もしものときのお守りセットです。 & ...

続きを読む

ESCAPE R3の簡単カスタム|2000円のサドルはお尻の痛みに優しい

  最近クロスバイクに乗っているときに、「少しお尻が痛いな」と思うようになりました。 このまま乗り続けて、もし痔になったらショックです。 ということでサドルの交換を検討しました。   僕の愛車は『GIANT』の『ESCAPE R3』というクロスバイクです。 初めてのクロスバイクなので、メンテナンスやカスタマイズはまったくわかりません。   Amazonで探しながら、ネットで情報を調べながら、無事にサドル交換ができました。 はじめてのパーツ交換でしたが、とっても簡単にできて大満 ...

続きを読む

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりました。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『ヒー ...

2

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコが不足していませんか? もし「最近は足りてないかも・・」と思われたなら、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを着てください。   ...

3

(出典:ユニクロ)   シームレスとは縫い目がないことです。 縫い目がないと、どのようなメリットがあるのでしょうか?   縫い目の穴がポイント 普通に糸で縫うと小さな縫い目ができる ...

4

(出典:ユニクロ)   ヒートテックシリーズで最も暖かい『超極暖』 その実力をクロスバイクに乗って確かめてきました。   結果は失敗でした…。 超極暖は着るシーンを選びます。 &n ...

5

  「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかな ...

6

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

7

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコした毛足の長いボアフリースが、上半身を優しく包み込んでくれます。 着た瞬間から、その『暖かさ』と『心地よさ』に夢中になってしまうことでしょう。 &nb ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.