ESCAPE R3の簡単カスタム|TOPEAKのボトルケージがスタイリッシュ - ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味がメインテーマ。シンプルなレビューでお手軽に特徴チェック。

ろんぶり

クロスバイク

ESCAPE R3の簡単カスタム|TOPEAKのボトルケージがスタイリッシュ

投稿日:2018年7月13日 更新日:

クロスバイクにつけるボトルケージを探していました。

悩んだ結果、Amazonの『ベストセラー1位』の商品を買いました。

 

TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2です。

シンプルなデザインで、使い勝手も良かったのでスグに気に入りました。

 

幅の調整ができて、いろいろなサイズの飲み物が入るのが特徴です。

 

専用ボトルを持っていない僕のような初心者にピッタリなボトルケージです。

飲み物をコンビニで買ったり、自販機で買ったりと、毎回バラバラなので調整ができると助かります。

 

というわけで、

『ESCAPE R3の簡単カスタム|TOPEAKのボトルケージがスタイリッシュ』

をご紹介します。

 

>>>『GIANT ESCAPE R3』の簡単カスタマイズ








TOPEAKのボトルケージを使ってみた感想

TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2を使ってみた感想は次のとおりです。

  • サイズ調整ができて色々なボトルが入る
  • 見た目もカッコいい
  • 走行中も静かで安定している

 

幅が調整できるのでいろいろなサイズのボトルが入ります。

サイクリングボトルから普通のペットボトルまで大丈夫です。

 

専用ボトルを持っていない僕のような初心者の方にちょうどいいボトルケージだと思います。

理由は、コンビニで買ったり、自販機で買ったり、と毎回違うドリンクでも対応できるからです。

 

シンプルなデザインで見た目もオシャレです。

派手な感じが一切ありません。

 

走っているときも安定していてガタつきもなかったです。

 

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥1,019 (2018/10/18 08:13:40時点 Amazon調べ-詳細)

取り付けの流れと使用例

上の写真の赤い丸印2か所にネジがあります。

ネジはクロスバイクについているんです。

 

僕は最初、商品を開封したときにネジがついていなくてあせりました…。

クロスバイクにネジがついているから不要だったんですね。

 

道具は六角レンチがあれば大丈夫です。

一度ネジをはずしてから、ボトルケージをはめて、その上からネジをしめれば完成します。

 

上の写真が完成形です。

シンプルでカッコいいですよね。

 

試しに500mlのペットボトルを入れてみました。

ピタッと固定してくれてるので、走ってもまったく問題ありません。

 

次はサーモスのマグボトルを入れてみました。

こちらもスッキリと入ってバッチリです。

こまかい調整ができるので、ほかのボトルにも対応できます。

 

メリット

TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2のメリットは次のとおりです。

  • サイズ調整可能で使いやすい
  • シンプルなデザイン
  • 走行中もガタつかず安定

 

下についているボタンで幅を調整できるので便利です

飲み物が毎回かわる僕にはピッタリでした。

 

見た目もカッコいいです。

個人的にシルバーのアルミ部分が好きです。

 

派手なボトルケージがちょっと苦手だったので良い商品をみつけることができました。

 

走行中もガタガタすることなく静かに安定しています

水分補給を走行中にしないので、走りながらの使い勝手は正直わかりません。

 

僕のように「趣味でクロスバイクに乗っている」という方にはコスパがいいボトルケージです。

 

デメリット

TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2のデメリットは次のとおりです。

  • 最大で600mlくらいまで
  • サーモスのマグボトルの塗装がハゲた

 

ボトルケージ自体はそれほど大きくありません。

中に入るボトルは600mlくらいが限界だと思いました。

 

普段は500mlのペットボトルを入れていますが、500mlなら問題なく入ります。

大きめのボトルを使う予定がある方は注意した方がいいです。

 


サーモスのマグボトルの塗装がハゲました…。

上の写真の赤いマーカーの上の状態になりました。

 

原因はボトル-ケージ側のホールド部分の金属と擦れたからだと思います。

新品やお気に入りのマグボトルは使わない方がいいでしょう。

 

仕様

TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2の仕様は次のとおりです。

  • 価格:1,300円前後
  • サイズ:15.8×8.6×7.6cm
  • 素材:プラスチックとアルミ合金
  • 重さ:72グラム

 

1,000円以下の安いボトルケージもたくさんありますが、「少し耐久性が弱そうかも」と思う物がありますよね。

専用のボトルが決まっていなければ、幅の調整ができる『TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2』が便利です。

 

スタイリッシュなボトルケージ

Amazonのベストセラー1位の商品はさすがのコスパでした。

振り返ってみると、とりあえず迷ったときはベストセラーの商品を買っています。

今のところ、ハズれたなという記憶もありません。

 

最初にサドルを交換して、今回ボトルケージをつけました。

次はどのパーツをつけようかなと、わくわくしながら考えています。

 

TOPEAK(トピーク)のモジュラーケージ2は、スタイリッシュなボトルケージです。

 

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥1,019 (2018/10/18 08:13:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

>>>『GIANT ESCAPE R3』の簡単カスタマイズ

ESCAPE R3の簡単カスタム|2000円のサドルバッグ(TOPEAK)は収納上手

サドルバッグの大きさに迷っていましたが、真ん中をとってMサイズにしました。 Sサイズを買って小さかったら後悔しそうですし、Lサイズを買って大きかったらやっぱり後悔しそうで…。   人気のある ...

続きを見る

 

 

『ESCAPE R3の簡単カスタム|TOPEAKのボトルケージがスタイリッシュ』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【自転車・クロスバイク】の一覧ページへ

 


人気記事

1

(出典:ユニクロ)   ダサい雨ガッパとはもうお別れです。 スタイリッシュで高性能な『雨ガッパ』・・ではなく『パーカー』をご紹介します。   ムダをなくしたシンプルなデザインです。 ...

2

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりましたよね。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『 ...

3

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

4

ダイエットをして1キロやせるとすごくうれしいですよね。 1キロ落とすのは意外とたいへんです。   ところで、がんばって落とした1キロの脂肪の大きさがどのくらいあるかご存知ですか? 結構大きい ...

5

(出典:ユニクロ)   ユニクロの『感動パンツ』をまとめました。 感動パンツはたくさん種類がありますよね。   ウールのような風合いの『ウルトラライト・ウールライク』 スポーツやカ ...

6

靴を履いているときに横幅がキツかったりしませんか? シューズ選びって難しいですよね。 なかなかサイズがピッタリと合いません…。   先日、ヒマラヤスポーツで最新の足型測定をしてもらいました。 ...

7

「裁判を見てみたいけどよくわからない」 でも大丈夫です。難しそうなイメージがする裁判ですが意外と身近なんです。   実は裁判は誰でも無料で見学できることをご存知ですか。 例外として公開されて ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.