スノボー

ネットで買うスタッドレスタイヤは製造年月日に注意|新鮮な方が安全

更新日:

スタッドレスタイヤを履いている車

 

ネットでスタッドレスタイヤを買うときに意識していることは何ですか?

おそらく「値段の安さ」を優先している方が多いでしょう。

 

でも、安さよりも優先して考えることがあるんです。

それは『タイヤの鮮度』です。

 

タイヤにも鮮度があることをご存知ですか?

野菜や魚と同じように新鮮な方がいいんです。

 

スタッドレスタイヤは、滑りやすい雪や氷の上を走ることを目的にしています。

大事なことは「止まりやすい」「滑りにくい」ことです。

 

新鮮なスタッドレスタイヤの方が、古いタイヤより性能が良いんです。

ネットでスタッドレスタイヤを買うときは、「値段の安さ」よりも「いつ作られたのか(製造年週)」に注意してください

 

そうすれば「知らずに去年の古いタイヤを買ってしまった」という失敗がなくなります。

スタッドレスタイヤは高いですから、買ったあとに後悔したくないですよね。

 

というわけで、

『ネットで買うスタッドレスタイヤは製造年月日に注意|新鮮な方が安全』

をご紹介します。

 

関連 スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす







新鮮なスタッドレスタイヤを買う方法

スタッドレスタイヤが並んでいる様子

新鮮なスタッドレスタイヤを買う方法は次のとおりです。

  • 最新モデルを買う
  • お店に確認する

 

最新モデルを買う

一番確実な方法は、最新モデルのスタッドレスタイヤを選ぶことです。

出たばかりのニューモデルのタイヤは、『できたてホヤホヤ』の状態ですからね。

 

去年のスタッドレスタイヤが届くなんてことはありえません。

 

メリット

  • 確実に新鮮なスタッドレスタイヤが手に入る

 

デメリット

  • ニューモデルなので値段が高い

 

買う前にお店に確認する

買う前にお店に聞いてみるのも一つの方法です。

ネットショップでも実際に聞いてみましょう。

 

ポイントは、そのときの対応をしっかりみることです。

お店によっては正直に答えてくれるところもあります。

逆にしっかり答えてくれないところもあります。

 

古い製造年週のスタッドレスタイヤもある

ショップによっては古い製造年週のスタッドレスタイヤがあります。

去年売れ残ったスタッドレスタイヤです。

 

直接お店でタイヤの現物を確認すれば、次でお伝えする『タイヤの横にある4桁の数字』が見れます。

この数字をみると、いつ作ったタイヤなのかわかるんです。

 

ですが、ネットで買う場合にはそうはいきません。

実際にタイヤが届くまでわかりません。

 

タイヤの製造年週を確認する方法

タイヤのサイドウォールにある製造年週

タイヤのサイドウォールにある製造年週のアップ

タイヤのサイドウォールにある製造年週のアップ

タイヤの製造年週を確認する方法は簡単です。

上の写真のように、タイヤの横を見ればわかります。

 

タイヤの横には上の写真のように『4桁の数字』があるんです。

その『4桁の数字』が製造年週をあらわしてます

 

上の写真の「2917」は、『2017年の29週目につくりました』という意味です。

これから具体的にみていきます。

 

前半の2桁の数字は『製造週』を意味する

上の写真にある「2917」の前半の「29」は、製造された週を意味します。

1月の最初の週を1週目としてカウントしていきます。

 

たとえば「04」だと「1月の4週目」のことです。

例の「2917」の「29」は、「29週目」なので「7月中旬」を意味します。

だいたい1か月は4週間なので、4で割ると何月なのかわかりやすいです。

 

後半の2桁の数字は『製造年』を意味する

上の写真にある「2917」の後半の「17」は、製造された年(西暦)を意味します。

「17」とあるので「2017年」のことです。

 

つい前半の数字を西暦の年と思ってしまいがちですが、後半の2桁の数字が製造された年です。

なんとなく間違えやすいので気をつけてくださいね。

 

写真の「2917」はいつ?

2017年の29週目 → 2017年の7月中旬

 

タイヤメーカーの『ゴムの劣化』に対する説明

雪が積もっている道路

タイヤメーカーの『ゴムの劣化』に対する説明を調べました。

どのメーカーも「ゴムなので劣化する」という結論です。

 

スタッドレスタイヤは「雪」や「氷」の上を走ります。

通常の道路より滑りやすい状況です。

 

より安全に気をつける意味でも、タイヤの性質を理解しておいて損はありません

 

ダンロップ

タイヤは主材料にゴムを使用しています。

ゆえに、自動車に装着して使用していない場合でも、自然と劣化してしまいます。

これはスタッドレスタイヤも同様です。劣化のスピードは保管方法によって大きく変わります。

 

引用元:ダンロップ

 

ブリジストン

タイヤはゴム製品のため、適切に保管しないと寿命が短くなることがありますので、 保管方法には注意が必要です。

 

引用元:ブリジストン

 

横浜ゴム

タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。

 

引用元:横浜ゴム

 

スタッドレスタイヤは『値段』より『鮮度』が大事

スタッドレスタイヤは『値段』より『鮮度』が大事です。

安いスタッドレスタイヤを買って、滑って事故をおこしたら意味がないですよね。

 

今はネットで探せば安いスタッドレスタイヤがみつかります。

でもすぐにポチッとしないで、「いつ作ったタイヤなのかな?」と注意してください。

 

高い買い物ですし、何より自分の命にかかわる買い物です。

今度スタッドレスタイヤを買われるときに、参考にしていただけると幸いです。

 

 

関連 スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす

 

 

『ネットで買うスタッドレスタイヤは製造年月日に注意|新鮮な方が安全』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログの【スノボー】の一覧ページへ

 

ネットで買うスタッドレスタイヤは製造年月日に注意|新鮮な方が安全

  ネットでスタッドレスタイヤを買うときに意識していることは何ですか? おそらく「値段の安さ」を優先している方が多いでしょう。   でも、安さよりも優先して考えることがあるんです。 それは『タイヤの鮮度』です。   タイヤにも鮮度があることをご存知ですか? 野菜や魚と同じように新鮮な方がいいんです。   スタッドレスタイヤは、滑りやすい雪や氷の上を走ることを目的にしています。 大事なことは「止まりやすい」「滑りにくい」ことです。   新鮮なスタッドレスタイ ...

続きを読む

スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう

  スキーやスノボーで楽しく遊んだあとに車の下回りを洗っていますか? もし何もしていなかったら、 大切な車がサビてしまったり、ひどいときには穴があいてしまうこともあります。   サビの原因は道路にまかれている『白い粉』のせいです。 白い粉は『融雪剤ゆうせつざい』といって、主な成分は『塩化カルシウム』です。   なるべく早めに車の下回りを洗ってあげると、サビの予防ができます。   というわけで、 『スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう』 ...

続きを読む

スノボーを朝イチから滑る4つのメリット|効率的に時間を使ってストレスフリー

  スノーボードは朝イチのゲレンデで滑っていますか? もし滑ったことがなかったら、すごくもったいないです。   朝イチから滑ることで、たくさんのメリットがあり、嫌なストレスからも解放されます。 効率的に集中して練習ができるので早く上手くなります。   ゲレンデの美味しい旬の時間を味わいましょう。   というわけで、 『スノボーを朝イチから滑る4つのメリット|効率的に時間を使ってストレスフリー』 をご紹介します。 目次(タップすると移動します)①ゲレンデやコースがすい ...

続きを読む

スノボーのゴーグルの曇りをとる方法|レンズの内側を拭くのはNG

  スノーボードをしているときに、ゴーグルが曇って困ったことがありませんか? 前が見えにくい状態で滑るのはよくありません。   だからといって、ゴーグルの曇りをとるためにレンズの内側をふくのは絶対にNGです。 曇りをとる簡単な方法をご紹介します。   というわけで、 『スノボーのゴーグルの曇りをとる方法|レンズの内側を拭くのはNG』 をお伝えします。 目次(タップすると移動します)ゴーグルが曇ったときはトイレのハンドドライヤーで乾かすレンズの内側はやわらかいのでゴシゴシ拭くの ...

続きを読む

新潟スキーのお土産で迷ったら柿チョコで決まり|喜ばれること間違いなし

(出典:浪花屋製菓)   スキーやスノボーでたくさん遊んだあとの楽しみといえば・・ そう『お土産選び』です。   「あの人にはこれを買って」「この人にはこっちを買って」 なんて考えていると、あっという間に時間がすぎてしまいますよね。   せっかく遠くのスキー場まで遊びにきているわけですから、ご当地ならではお土産を選びたいものです。   新潟エリアならではのお土産をご紹介します。ズバリ『柿チョコ』です。 柿の種にチョコをコーティングした不思議なお菓子です。 &nbsp ...

続きを読む

ネットで買うスタッドレスタイヤは製造年月日に注意|新鮮な方が安全

  ネットでスタッドレスタイヤを買うときに意識していることは何ですか? おそらく「値段の安さ」を優先している方が多いでしょう。   でも、安さよりも優先して考えることがあるんです。 それは『タイヤの鮮度』です。   タイヤにも鮮度があることをご存知ですか? 野菜や魚と同じように新鮮な方がいいんです。   スタッドレスタイヤは、滑りやすい雪や氷の上を走ることを目的にしています。 大事なことは「止まりやすい」「滑りにくい」ことです。   新鮮なスタッドレスタイ ...

続きを読む

10年ぶりのマニュアルの車の運転でやらかした5つの失敗と反省点

  マニュアルの車って運転が難しいですよね。 僕は10年ぶりにマニュアルの車を運転しました。   久しぶりのマニュアルにもかかわらず、いきなりターボの280馬力の車に乗ることに…。 車種はレガシィワゴンです。   もうたくさん失敗しました。 エンスト 坂道発進でフカしすぎ 交差点の右左折 GSで給油口間違い 高速でのトイレ事件   というわけで、 『10年ぶりのマニュアルの車の運転でやらかした5つの失敗と反省点』 をご紹介します。   関連  高速道路のサ ...

続きを読む

高速道路のサービスエリアの駐車場でぐっすり仮眠ができる場所

  高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で仮眠をとるときは、車をどこにとめますか? トイレの前ですか? それとも、レストランの前ですか?   実は、車をとめる場所によって、寝やすかったり、あまり寝れなかったりするんです。 この記事では、僕なりのおすすめの駐車スペースをご紹介しています。   というわけで、 『高速道路のサービスエリアの駐車場でぐっすり仮眠ができる場所』 をお伝えします。   関連  10年ぶりのマニュアルの車の運転でやらかした5 ...

続きを読む

スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう

  スキーやスノボーで楽しく遊んだあとに車の下回りを洗っていますか? もし何もしていなかったら、 大切な車がサビてしまったり、ひどいときには穴があいてしまうこともあります。   サビの原因は道路にまかれている『白い粉』のせいです。 白い粉は『融雪剤ゆうせつざい』といって、主な成分は『塩化カルシウム』です。   なるべく早めに車の下回りを洗ってあげると、サビの予防ができます。   というわけで、 『スノボー帰りはSAのコイン洗車で塩カルを落とす|愛車をサビから守ろう』 ...

続きを読む

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   『自ら発熱する繊維』ヒートテック すっかり冬の定番アイテムになりました。   ラインナップも増えて、現在は3タイプのヒートテックが販売されています。 『ヒー ...

2

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコが不足していませんか? もし「最近は足りてないかも・・」と思われたなら、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを着てください。   ...

3

(出典:ユニクロ)   シームレスとは縫い目がないことです。 縫い目がないと、どのようなメリットがあるのでしょうか?   縫い目の穴がポイント 普通に糸で縫うと小さな縫い目ができる ...

4

(出典:ユニクロ)   ヒートテックシリーズで最も暖かい『超極暖』 その実力をクロスバイクに乗って確かめてきました。   結果は失敗でした…。 超極暖は着るシーンを選びます。 &n ...

5

  「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかな ...

6

(出典:ユニクロ)   『自分好みのデニムに育てる』 そんな楽しみが味わえる セルビッジジーンズ がユニクロにありました。   綿100%ではなく、少しだけポリウレタンを入れたこと ...

7

(出典:ユニクロ)   ふわふわモコモコした毛足の長いボアフリースが、上半身を優しく包み込んでくれます。 着た瞬間から、その『暖かさ』と『心地よさ』に夢中になってしまうことでしょう。 &nb ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.