ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味がメインテーマ

ろんぶり

身近な法律関係

裁判に勝ってもお金がもらえない|逃げて金がない奴が最強じゃね

投稿日:2018年5月22日 更新日:

「被告は、原告に対し、◯◯万円を支払え」

裁判に勝つと判決にこのような文が書かれています。

 

「◯◯万円を支払え」とありますから、相手から払ってもらえそうです。

しかも裁判所が出している判決ですから期待も大きいですよね。

 

ですが、お金がもらえないことがよくあるんです。

相手が無視したまま払わないケースです。

 

「じゃあ分かったよ。相手の家を売っぱらってやるよ」

おそらく難しいと思います。

きっと銀行の抵当権がついている可能性が高いからです。

???

 

というわけで、

『裁判に勝ってもお金がもらえない|逃げて金がない奴が最強じゃね』

をご紹介します。






逃げて金がない奴は強い

逃げてお金がない人は強いです。

裁判に勝っても、相手が自分から進んで払ってくれないとお金がもらえません。

 

払ってもらえない場合には、『差押えさしおさえ』『強制執行きょうせいしっこう』という手続きを取ることになります。

 

たとえば次のものが考えられます。

・給料
・預貯金
・不動産
・動産

 

でも、このようなお金(財産)がない人からは回収することが難しいです。

つまり逃げていてお金がない人は強いです。

 

「強い」という意味は回収が難しいという意味で使っています

 

判決が『絵に描いた餅』になることもある

裁判所が出した判決だからといって、何でもできるわけではありません。

お金がもらえないときは、残念ながらもらえないことがあります。

 

まさに判決が『絵に描いた餅』で終わってしまうなんてことも。

 

しかも、相手の財産を探すことも自分でやらないといけないんです。

裁判所は手伝ってもくれません。

冷たいようですが本当に冷たいです。

 

給料を差し押さえる

相手の給料を差し押さえるケースについて考えてみます。

給料の差押えができれば回収できる可能性が高くなります。

 

まずは相手の会社を探すところからスタートします。

その上で裁判所に給料差押えの申立てをすることになります。

 

相手の給料の一部から少しずつ回収ができるようになります。

ここで困ることは、相手が会社をやめてしまうことです。

 

自分からやめるのか、会社から面倒だからやめるように言われるのかはわかりません。

会社をやめてしまうと、また最初からやり直しになってしまいます。

 

預貯金を差し押さえる

相手の預金や貯金を差し押さえるケースについて考えてみます。

銀行の口座を差し押さえることになります。

 

この場合には自分で相手の「銀行」と「支店」まで調べる必要があります。

口座番号を調べる必要はありません。さすがに口座番号を調べるのは難しいですよね。

 

相手の銀行と支店を調べた上で、裁判所に預貯金の差押えの申立てをすることになります。

ここで気をつけることは、実際に口座がなかったら“空振り”になってしまいます。

あと口座残高がなかったときも回収ができません。

 

相手の銀行がわからなかった場合でも方法はあります。

それはダメもとで相手の近所の銀行や郵便局を対象にして預貯金の差押えをすることです。

 

つまり、『相手が近所の金融機関を利用している』と予想して、空振り覚悟で申し立てをします。

当たればラッキーかな、くらいの気持ちです。

 

自宅の近所の銀行や郵便局に口座をもっていることが多いですよね。

僕はあえて全然違うところで口座を作りましたけど…。

 

不動産(家や土地)を差し押さえる

相手の不動産(家や土地)を差し押さえるケースについて考えてみます。

「競売」という手続きです。

 

一般的には「きょうばい」と読みますが、裁判所や弁護士さんは「けいばい」と言っています。

この場合はおそらく難しいと思います。

 

なぜなら家や土地には、すでに銀行の抵当権(根抵当権)が設定されている可能性が高いからです。

銀行で住宅ローンを借りると、家や土地に抵当権がつくんです。

 

不動産(家や土地)に抵当権がついている場合には、抵当権の方が優先するので手続きを進めることができません。

 

動産(テレビやパソコンなど)を差し押さえる

相手の動産(テレビやパソコンなど)を差し押さえるケースについて考えてみます。

漫画やドラマなどで、こういったシーンを見かけることがありますよね。

 

この手続きはある程度最後まで進む可能が高いと思います。

ですが回収できる金額は正直少ないです。

 

二束三文で高い値段がつくことはあまりありません。

お金の回収目的よりも、相手に対する嫌がらせ的な意味で行う人もいます。

 

判決の後のことを考えておく

裁判に勝った場合のお金の回収についてまとめてみました。

判決が出たからといって、すべてが解決するわけではないんですよね。

 

相手がすんなりと払ってくれればいいんですけど、なかなかスムーズにいくことも少ないと思います。

判決が出たあとのことも考えておくといいかもしれません。

逃げてばかりで払ってくれない人からは、どうにかして少しでも回収したいですよね。

 

 

『裁判に勝ってもお金がもらえない|逃げて金がない奴が最強じゃね』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【身近な法律関係】の一覧ページへ

 


人気記事

1

(出典:ユニクロ)   ユニクロとジャンプのコラボTシャツに新商品が続々と追加されます。 ワンピースの感動のシーンやドラゴンボール、幽遊白書、ナルトなどの名シーンが新たに登場しました。 &n ...

2

「少し肌寒いから、上に1枚だけ服を着たいんだけど…」 「でも、厚手の服を着ると、逆に暑くなりそうだし…」   このような感じで、洋服選びに困るシーンがありませんか? 『寒くて困る、暑くても困 ...

3

「運動するときに履くタイツが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない」 「どうしてあんなに値段の差があるんだろ?」   そうですよね。タイツはたくさんの種類があるので、なかなか選べないです ...

4

マニュアルの車って運転が難しいですよね。 僕は10年ぶりにマニュアルの車を運転しました。   久しぶりのマニュアルにもかかわらず、いきなりターボの280馬力の車に乗ることに…。 車種はレガシ ...

5

暑いときは涼しくすごせる短パンがいいですよね。 ①家の中の普段着にも履けて ②外出するときにも履けて ③趣味の運動をするときにも履ける   こんなに使い勝手がいい短パンがあったら便利だと思い ...

6

自転車(クロスバイク)がこんなに楽しいなんて知りませんでした。 おまけに体にも良いことばかりですからね。   クロスバイクを買ったのは数年前でしたが、ほとんど乗らずに放置したままでした。 い ...

7

「裁判を見てみたいけどよくわからない」 でも大丈夫です。難しそうなイメージがする裁判ですが意外と身近なんです。   実は裁判は誰でも無料で見学できることをご存知ですか。 例外として公開されて ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.