ろんぶり

ユニクロ商品レビュー、スポーツ・趣味 などを書いたブログ

ユニクロ【ウォッシャブルセーター】は薄くてシンプルでカラフル!

f:id:longestwoodenbridge:20180409113335j:plain
(この記事は2018年2月27日に内容を一部修正しています)


セーターって普通に洗濯機で洗えるんですね。

僕はずっとクリーニングに出さないといけないと思っていました(笑)


毎回クリーニングに出すのも費用がかかるので、家の洗濯機で洗えると便利です。


明るい色のセーターで、何か良いものがないかなあと探していたんです。

そうしたら良い感じのセーターを見つけました。


「ウォッシャブル」で洗えるときたら、もう買うしかありません(笑)


薄手で着心地が良い
シンプルで色もキレイ
洗濯機で洗える

セーターをご紹介します。


というわけで、

『ユニクロ【ウォッシャブルセーター】は薄くてシンプルでカラフル!』

をお送りします。


あ、それから「セーターとニットの違い」について、自分ではイマイチ分かっていなかったので調べてみました。

後ほどまとめてお伝えします。

ユニクロの「ウォッシャブルクルーネックセーター」の特徴

f:id:longestwoodenbridge:20180111100409j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180111100424j:plain
(出典:ユニクロ公式サイト


ユニクロの「ウォッシャブルクルーネックセーター」の特徴は次のとおりです。


まずは公式サイトから引用してお伝えします。

お客様の声を元に見直しました!表地をスーピマコットンにすることで毛抜けを大幅に改善。


毛玉ができにくく、美しい風合いを実現。


リブの強さを部位別に調整するなど、細部までこだわった設計。


ボディラインになじむような、袖付けのラインの形や構造。


裏地はナイロン編みなので、型くずれしにくい。


洗濯機でも洗えて、お手入れ簡単なニット。


上質コットンを使用した、すっきりシルエットのセーターなので、1枚で着ても簡単にカジュアルなスタイリングが楽しめる。


スポーティでカジュアルな着こなしができるクルーネック。



引用元:ユニクロ公式サイト


ユニクロの「ウォッシャブルセーター」には、このような特徴があります。


f:id:longestwoodenbridge:20180416150007j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416150020j:plain


今回購入した「グリーン」はすごくきれいで気に入っています。


地味な色の洋服ばかりを買っていたので、キレイな色の洋服を買うと気持ちも明るくなります。


「ウォッシャブルセーター」の仕様は次のとおりです。

価格:1,990円

素材:85%綿、15%ナイロン

カラーオフホワイト、グレー、ブラック、オレンジ、グリーン、ブルー、ネイビー(計7色)

カラーバリエーションについては、「クルーネック」と「Vネック」で違っています

※「Vネックは計9色」の設定で、明るい色のピンク、レッド、イエローがあります。

スーピマコットンってどんなコットン?

f:id:longestwoodenbridge:20171231135701j:plain

「スーピマコットン」という言葉も初めて知りました。


「スーピマコットン」は高級コットンの1つで、「アメリカ南西部で品種改良して栽培された、繊維の長いコットン」のことを「ピマ・コットン」と呼びます。

コットンは繊維が長いほど高級とされているんです。


「スーピマコットン」の「スーピマ」は『高級ピーマ(Superior Pima)』の略語

光沢が良くて、ソフトでしなやかな風合いをもっているのが特徴です。


ちなみに、「スーピマ」はアメリカのスーピマ協会の商標なんです。
 

ウォッシャブルセーターのメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180416150535j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416150551j:plain

ユニクロの「ウォッシャブルセーター」のメリットは次のとおりです。

薄手で暖かい

シンプルなデザイン

カラバリ豊富で色がキレイ

生地が薄いのでスーツやジャケットのインナーにもオッケー

襟付きシャツの上に重ね着してもスッキリ

秋から春先までロングシーズン使える

洗濯機で洗える

ヒートテックと一緒に着れば十分暖かい

このようなメリットがあります。


シンプルでカラフルなセーターなので幅広く活躍してくれます。


「Vネックセーター」のカラーバリエーションと合わせれば、選択肢が増えるので好みの色が見つかると思います。


薄手なセーターなので着回しがきくのもポイント。

家の洗濯機で洗えるのでクリーニング代の節約にもなります。


「ヒートテック」を着て、その上に「ウォッシャブルセーター」を重ね着していますが、すごく軽くて暖かくて動きやすいです。


ちなみに、ヒートテックが暖かく感じるのは「吸湿発熱素材きゅうしつはつねつそざい」がポイントです。


その詳しい「仕組み」と「超極暖のレビュー」は、「ユニクロ【超極暖】の暖かさを自転車に乗って検証|吸湿発熱素材がカギ?」でご紹介しています。

www.ronburi.com

ウォッシャブルセーターのデメリット

f:id:longestwoodenbridge:20180416150818j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180416150829j:plain

ユニクロの「ウォッシャブルセーター」のデメリットは次のとおりです。

サイズ感が少しきついかも?

洗濯後の生地の縮み具合はこれから

とくに気になるデメリットは感じなかったので、単なる意見になってしまいました。


サイズ感については、僕は普段ユニクロの洋服は基本的に「Mサイズ」を購入しています。

ウォッシャブルセーターも同じ「Mサイズ」を購入。


ヒートテックに重ね着をしてみたら、「微妙な窮屈感」が少しだけありました。


ゆったり着たい人は、普段のサイズより上げた方がいいかもしれません。


ちょっとだけ窮屈に感じましたが、“シャープに着れてシュッとしてる”ので気に入ってます(笑)


洗濯については、今のところ縮んだり色落ちしたりはしていません。

まだ「手洗い」しかしていませんけど。


これから使っていくうちに洗濯機で洗うようになって、何か気づいたことがあったらこの記事に追記するつもりです。


今回買った「グリーン」は個人的なお気に入りになりました。


最近買っていた服の色は、

グレー、グレー、ブラック、グレー、ネイビー、グレー

でしたからね(笑)


すみません、久しぶりの明るい色でテンションが上がってます(笑)

【豆知識】「ニット」と「セーター」の違いは?

f:id:longestwoodenbridge:20180111123547j:plain

今まで「ニット」と「セーター」を何となく使っていました。


「ニット」が薄手のタイプで、「セーター」が厚手のタイプなのかなと思っていましたが、正確には違ったんです。


簡単に違いを言うと、ニットは編み物全般のことを指して、セーターはそのニットの中の1つの種類(製品)になります。

ちょっと分かりにくいですね。


ニットについて

「ニット」とは、糸をループ状にして編み上げた「生地」や「素材」のことです。

衣服ではなくて「生地の1つ」

このニット生地で、セーター、マフラー、手袋などが作られて、「ニット製品の1つ」になります。


セーターについて

「セーター」は、分かりやすいイメージだとニットの生地で作られた「プルオーバー」(頭からスッポリかぶるもの)の『総称』です。

編んで作られた物が「ニット」になるので、「ニット」の中の「トップス」が「セーター」になります。


※「カーディガン」は、前にボタンがあって「前開き」するタイプの『総称』です。

ユニクロの「ウォッシャブルクルーネックセーター」はカラフルで心も体も暖かい!

ユニクロの「ウォッシャブルクルーネックセーター」のカラフルなグリーンを購入して良かったです。

グリーンは僕には派手かなと悩みましたが、明るい色の服があると気持ちもウキウキしてテンションが上がります。


薄手のセーターですが、薄くても暖かいのでジャケットの下にも着れて「着回しの幅も広い」のもポイント。


ヒートテックと一緒にロングシーズン活躍してくれそうな雰囲気があります。


「Vネックセーター」のピンクにも一瞬だけ興味がわきましたが、さすがに似合わないのでやめておきました(笑)

明るい色が好みの方は「Vネック」の方を検討してみてください。


セーターも家の洗濯機で洗えることを知ったので、洗濯についても勉強してみようと思います。


新しいことへの興味は、いつ、何がきっかけ、になるか分からないものですね。

またネットと図書館でいろいろと調べてみます。


春や秋なら「Tシャツとセーター」で散歩に行っても寒くないので楽しみです。



あわせて読みたい!

>>>ユニクロ×ジャンプのコラボTシャツが激アツ【UT】オススメまとめ!

www.ronburi.com

>>>ユニクロの『エアリズム』&『ドライEX』シリーズまとめ

www.ronburi.com


『ユニクロ【ウォッシャブルセーター】は薄くてシンプルでカラフル!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【ユニクロ商品レビュー】の一覧ページへ