ヒートテック ユニクロ・商品レビュー

普通のヒートテックと超極暖を比べた結果は?生地の厚さが全然違う!

投稿日:

f:id:longestwoodenbridge:20180418135511j:plain
(この記事は2018年3月1日に内容を一部修正しています)

ユニクロのヒートテックは暖かくて便利。

でも、種類が多くてイマイチ分かりにくいです。

ヒートテックのラインナップは大きく分けて次の3種類があります。

普通のヒートテック
極暖ヒートテック(エクストラウォーム)
超極暖ヒートテック(ウルトラウォーム)

分からなかったら自分で試してみれば分かりますよね。

といことで、自分で着比べてみました(笑)

「普通のヒートテック」が1番生地が薄くて、「超極暖ヒートテック」が1番生地が厚いです。

この2つを比べてみれば違いが分かるはず。

というわけで、

『普通のヒートテックと超極暖を比べた結果は?生地の厚さが全然違う!』

をご紹介します。

※記事中では「超極暖ヒートテック」→「超極暖」といいます。

「普通のヒートテック」と「超極暖」の生地の厚さの違い

f:id:longestwoodenbridge:20180418140022j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418140034j:plain

「普通のヒートテック」と「超極暖」の生地の厚さはかなり違います。

上の写真の左側が「普通のヒートテック」で、右側の写真が「超極暖」

左側の「普通のヒートテック」がシワシワですけど、袋を開けたばかりの新品です。

「超極暖」は「普通のヒートテック」の約「2.25倍」暖かいというキャッチコピーで売られています。

「超極暖」の方が“約2倍強”暖かいということは、それだけ生地の厚さも違っている?
 

次から、①すそ、②首回り、③手首の部分ごとに生地の厚さを確認していきます。

それでは順番にみていきましょう。

すその部分から生地の厚さ確認

f:id:longestwoodenbridge:20180418140201j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418140213j:plain

「普通のヒートテック」と「超極暖」の生地の厚さを、シャツの「すその部分」から確認してみましょう。

上の写真の左側が「普通のヒートテック」で、右側の写真が「超極暖」

「どうですか、結構違いますよね?」って言われても分かりにくいですよね。

左側の「普通のヒートテック」の“プーさん”が一生懸命がんばって支えています(笑)

写真を撮るときにちょっと苦労しました。

プーさんが支えても、すぐに生地がクタッとなってしまうんです。

それだけ生地が薄いです。

右側の写真の「超極暖」は生地が厚いので、プーさんが支えなくても自分でしっかり立っています

次は首回りの部分から確認してみましょう。

首回りの部分から生地の厚さを確認

f:id:longestwoodenbridge:20180418140342j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418140354j:plain

「普通のヒートテック」と「超極暖」の生地の厚さを、シャツの「首回りの部分」から確認してみましょう。

上の写真の左側が「普通のヒートテック」で、右側の写真が「超極暖」

こちらのプーさんもがんばっています(笑)

「普通のヒートテック」は、やっぱりプーさんが支えないとダメですね。

「超極暖」の方は一人でしっかりシュッとしています(笑)

最後に手首の部分から確認してみましょう。

手首の部分から生地の厚さを確認

f:id:longestwoodenbridge:20180418140518j:plainf:id:longestwoodenbridge:20180418140529j:plain

「普通のヒートテック」と「超極暖」の生地の厚さを、シャツの「手首の部分」から確認してみましょう。

上の写真の左側が「普通のヒートテック」で、右側の写真が「超極暖」

やっぱりこちらのプーさんもがんばっています(笑)

写真では生地の厚さの違いがうまく伝わりにくいかと思います。

実際にさわってみるとかなり違うんです。

「普通のヒートテック」はさわってみるとペラペラした感じ

「超極暖」の方をさわってみると、指先でつまんでも生地の厚さをしっかりと感じます

ニットにも種類がありますが、『普通のニット』くらいのイメージです。

「超極暖」は「普通のヒートテック」の“2倍か3倍”は厚い感じですかね。

僕の指先に機械のセンサーがついているわけではないので、あくまで感覚です(笑)

「超極暖」は裏起毛加工がされているので、さわると“短めの毛足”の裏起毛が気持ちいいです。

この肌ざわりの感じは「普通のヒートテック」にはありません。

それと、重さも違います。

「普通のヒートテック」は持ってみてもフワッとした感じで軽いです。

「超極暖」の方を持ってみると、それなりにしっかりと重さを感じます。

「普通のヒートテック」と「超極暖」は生地の厚さがかなり違います。

生地が厚くなれば当然重くなりますから、「超極暖」は「普通のヒートテック」より重たいです。

ところで、ヒートテックが“暖かく感じる仕組み”をご存知ですか?

ヒートテックは「吸湿発熱素材きゅうしつはつねつそざい」でできています。この素材がカギです。

詳しい「仕組み」と超極暖のレビューについては、「ユニクロ【超極暖】の暖かさを自転車に乗って検証|吸湿発熱素材がカギ?」でご紹介しています。

www.ronburi.com

「普通のヒートテック」は生地が薄いのでYシャツのインナーにも

「普通のヒートテック」は生地が薄いので「Yシャツ」や「セーター」のインナーとして着れます。

幅広く使えて便利です。

もちろん、「超極暖」も「Yシャツ」や「セーター」のインナーとして着ることはできます。

ただ、かなり“モコモコした感じ”というか、パンパンになって窮屈な感じになってしまいます。

「普通のヒートテック」はインナーとしてスッキリ着たいときにオススメです。

職場についたら暖房が効きすぎて、逆に暑かったりすることがありませんか?

そのときに「超極暖」だとちょっと厳しいかなと思います。

会社の外だと「超極暖」がちょうど良いかもしれません。

「超極暖」はずっと外にいるときに、防寒用として着るのがオススメです。

室内に入ることがある場合には「普通のヒートテック」を着た方が、暑くなってからの調整がしやすいです。

上に着るダウンやコートで最終的な防寒対策をしておけば、室内の暖房が効きすぎていても、ダウンやコートを脱げば調整できます。

「超極暖」を着ているときは、暑くなったからといって簡単に「超極暖」を脱ぐわけにはいかないですからね。

スポンサーリンク

「普通のヒートテック」のメリット

普通のヒートテックのメリットは次のとおりです。

軽くて薄くて暖かい

生地がやわらかくて、ストレッチも効いていて動きやすい

九分袖なので上に着たYシャツの袖からヒートテックがハミ出ない

生地の厚さがちょうどいい

Yシャツやセーターのインナーとしてぴったり

このようなメリットがあります。

「普通のヒートテック」は、軽くて薄くて暖かくて動きやすいです。

「Yシャツ」や「セーター」のインナーとして幅広く使えます。

軽くて動きやすいので、部屋着の「防寒用インナー」として着ていてもリラックスできます。

「普通のヒートテック」のデメリット

普通のヒートテックのデメリットは次のとおりです。

カラバリを増やして欲しい

袖の部分が広がりやすいかも

このようなデメリットがあります。

カラーバリエーションは、メンズの「クルーネック(9分袖)」だと「4色」しかありません。

しかも、落ち着いた色ばかり。

ホワイト、ダークグレー、ブラック、ネイビーの4色です。

「そでの部分」のゴムはゆったりした感じなので、ある程度使っていると自然と伸びやすい感じがします。

「超極暖」は外メイン。「普通のヒートテック」は室内兼用!

「普通のヒートテック」も「超極暖」もそれぞれの良さがあるので、上手く使い分けをするのが理想です。

普段使いとしては「普通のヒートテック」で十分足ります。

室内に出たり入ったりすることが多いときも「普通のヒートテック」がオススメです。

外にいる時間が長いときには「超極暖」を着れば間違いなく暖かいです。

間違いなく言えることは、ユニクロの『ヒートテックシリーズ』は暖かい!

「セール」をうまく使えばさらにお買い得。

僕は基本的にほぼセールでしか買っていません(笑)

寒さ対策の基本は「重ね着」です。

寒いときに着込んで、モコモコとするのも嫌いじゃないです(笑)

モコモコしすぎてちょっと動きいくい感じとか、寒さに負けずにがんばってる気がして好きだったりします(笑)

なるべくスマートに「重ね着」をして、寒い季節を乗り切りたいですよね。

あわせて読みたい!

>>>ユニクロ【超極暖】の暖かさを自転車に乗って検証|吸湿発熱素材がカギ?

www.ronburi.com

>>>ヒートテック(普通)のタイツは自転車や普段用の防寒対策にバッチリ!

www.ronburi.com

『普通のヒートテックと超極暖を比べた結果は?生地の厚さが全然違う!』を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>>当ブログの【ユニクロ商品レビュー】の一覧ページへ

スポンサーリンク

人気記事

1

(出典:ユニクロ)   ユニクロとジャンプのコラボTシャツに新商品が続々と追加されます。 ワンピースの感動のシーンやドラゴンボール、幽遊白書、ナルトなどの名シーンが新たに登場しました。 &n ...

2

「少し肌寒いから、上に1枚だけ服を着たいんだけど…」 「でも、厚手の服を着ると、逆に暑くなりそうだし…」   このような感じで、洋服選びに困るシーンがありませんか? 『寒くて困る、暑くても困 ...

3

(出典:ユニクロ)   「え、ユニクロのTシャツにあのゴンさんが!?」 「うそ、ヤムチャしやがってまであるの・・」   そうなんです。あるんです。 ユニクロと週間少年ジャンプのスペ ...

4

「Tシャツもいいけど、やっぱり襟があるポロシャツってカッコいいよね」 「でもポロシャツだと汗をかいたときにベッタリしない?」   襟のあるポロシャツは僕も大好きです。 でもカッコいいポロシャ ...

5

(出典:ユニクロ)   「Tシャツと短パンを別々に買うのって面倒くさいよね?」 「それに別々で買うと思ったより高くなるし…」   確かにシャツとパンツを別々に買うのは面倒ですし、思 ...

6

暑いときは下着の中がジメジメして嫌な気持ちになりますよね。 うちわでパタパタして風を送りたくなるのは僕だけではない、と思います…。   軽くてムレにくいパンツがあったら助かりますよね。 おま ...

7

靴を履いているときに横幅がキツかったりしませんか? シューズ選びって難しいですよね。 なかなかサイズがピッタリと合いません…。   先日、ヒマラヤスポーツで最新の足型測定をしてもらいました。 ...

Copyright© ろんぶり , 2018 All Rights Reserved.